GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. マニュアル >
  5. マルチTA機能使用時の留意点

マルチTA機能使用時の留意点

マルチTA機能について

マルチTA機能はLAN上の端末から、Si-Rを擬似的なTAとして利用し、外部ネットワークと通信するための機能です。本機能により、「NATで利用できないアプリケーションの使用」、「IPX等のIP以外のプロトコル通信」などが実現可能です。

マルチTA機能使用時の留意点

Si-R30 / 30B / 130 / 130Bにおいて、Windows VISTAを使用してマルチTA機能を利用することは出来ません。
マルチTA機能を利用する場合は、Windows XPを使用願います。

マルチTA機能使用不可の理由

これはWindows VISTAのVPN接続仕様がWindows XP以前と異なっているためです。Windows XP以前では、「IPアドレス+電話番号」の情報がPCからSi-Rに対して送信されており、この情報からSi-Rでは、マルチTA機能を動作させることが可能でした。
しかし、Windows VISTAでは「IPアドレス+電話番号」をSi-Rに対して送信することが出来ないため、Si-RのマルチTA機能が動作不可になります。