GTM-MML4VXJ
Skip to main content

リアルタイム映像伝送装置 IP-9610
仕様

IP-9610 カタログ (328 KB, 2 pages)

仕様

IP-9610 ハードウェア仕様
項目 仕様
映像 SDI入力ボード/エンコーダー 1 かける3G (注1) /HD/SD-SDI入力(SMPTE 424M/292M/259M)
1 かける3G (注1) /HD/SD-SDI出力(ループスルー)
※2枚使用でDual-Link SDI(SMPTE 372M)に対応
SDI出力ボード/デコーダー 2 かける3G/HD/SD-SDI 出力(SMPTE 424M/292M/259M)
※2枚使用でDual-Link SDI(SMPTE 372M)に対応
符号化方式 ITU-T H.264/MPEG-4 AVC(ISO/IEC 14496-10)
High422@L4.2, HP@L4, High422@L3, HP@L3, CSC422
解像度、周波数、ビットレート

1080p かける1920/1440/960(50/59.94/60Hz) (注1)
1 - 80Mb/s(IP), 100Mb/s(ASI)

1080i かける1920/1440/960 (50/59.94/60Hz)
1 - 80Mb/s(IP), 100Mb/s(ASI)

720p かける1280/960/640 (50/59.94/60Hz)
1 - 80Mb/s(IP), 100Mb/s(ASI)

480i かける720 (59.94Hz), 576i かける720 (50Hz)
500k - 80Mb/s(IP), 100Mb/s(ASI)

480i かける352 (59.94Hz), 576i かける352 (50Hz)
150k - 50Mb/s

音声 SDI入力ボード/エンコーダー 1 かけるSDIエンベデッド入力(SMPTE 299M/272M)
1 かけるSDIエンベデッド出力(ループスルー)
SDI出力ボード/デコーダー 2 かけるSDIエンベデッド出力 (SMPTE 299M/272M)
符号化方式 MPEG-1 Layer2 (16ch),
MPEG-2 AAC-LC(5.1ch/16ch) (注2) ,
MPEG-4 AAC-LC (5.1ch/16ch) (注2) ,
MPEG-4 HE-AAC v1(5.1ch/16ch) (注2) ,
Pass thru (SMPTE-302M, AC3)
インターコム 1 かける入出力:G.711
多重化 シングルユニット 1 かけるMPEG-2 TS/MPEG-2 TTS
マルチユニット 2 かけるMPEG-2 TS/MPEG-2 TTS (SPTS/MPTS) (注3)
SI(Service Information) NIT(Carrier IDを含む), SDT
アンシラリーデータ Private PES (SMPTE RDD 11-2007), DID/SDID filtering, ATSC Annex F(クローズドキャプション)
AUXデータ 2 かけるRS-232C/RS-422 パススルー
コンソール 1 かける10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
LAN インターフェース 2 かける10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
プロトコル IPv4/IPv6, http, SNMP, SNTP, RTP, UDP
エラー訂正 SMPTE 2022-1(ProMPEG-COP#3), Fujitsu FEC & ARQ
DVB-ASI インターフェース 2 かけるDVB-ASI 出力
1 かけるDVB-ASI 入力 (注4)
暗号化 BISS mode 1/ mode E (注5)
リファレンス 1 かけるリファレンス入力(3値/BB/デコーダ同期) (注4)
1 かけるリファレンス出力(デコーダ同期) (注4)
前面操作部 VFD,? Key (up, down, left, right, enter, cancel, 4 かけるfunction-key)
外形寸法(W かけるD かけるH) 425 かける500 かける43 mm
質量 7.0kg
電源 100-240Vac
消費電力 100~170W(構成による)
温度条件 0~50℃

(注1)「3Gオプション」が必要

(注2)エンコーダーでは「AACエンコードオプション」が必要

(注3)「エンコーダーライセンス」または「 デコーダーライセンス」が2本必要

(注4)デコーダーで動作

(注5)エンコーダーでは「BISSスクランブラオプション」が必要

PDF のリンク先をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe Reader (無償) が必要です。Adobe Reader をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)