GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ETERNUS トピックス

2012年2月29日

ディスクアレイの買い替えをご検討の方に
ETERNUS最新機種のご案内!!~ETERNUS4000 モデル100編~

最新機種との比較ポイントをご覧ください。

ETERNUS4000 モデル100からETERNUS DX80 S2へ

比較ポイント1:拡張性

約12倍のデータを格納可能

オンラインディスクの最大記憶容量が9TBから108TBに増加

12倍

製品名 ETERNUS4000 モデル100 ETERNUS DX80 S2
最大ディスクドライブ数 30 120
対応
ディスク
ドライブ
オンライン 3.5インチ
73GB/ 146GB/ 300GB(10krpm)
3.5インチ
36GB/ 73GB/ 146GB(15krpm)
2.5インチ
300GB/ 450GB/ 600GB/ 900GB(10krpm)
3.5インチ
300GB/ 450GB/ 600GB(15krpm)
ニアライン 3.5インチ
500GB(7.2krpm)
3.5インチ
1TB/ 2TB/ 3TB(7.2krpm)
最大記憶容量
(オンラインディスク)
9TB 108TB
対応ホストインタフェース FC(4Gbit/s) FC(8Gbit/s), iSCSI(10Gbit/s, 1Gbit/s), SAS(6Gbit/s)

比較ポイント2:処理能力

最大7.1倍の性能向上

最大7.1倍

データベースやオンライン・トランザクションの性能指標となるランダムアクセス性能において、最大7.1倍の高速化を達成。また、バッチ処理やリッチメディアのデータ転送を高速化するスループット性能は最大6.2倍を実現

(注)当社測定値。お客様のシステム構成、業務により最大性能は異なります

比較ポイント3:データ保護

データ暗号化対応

暗号化

ディスクドライブに書き込む際にデータを暗号化できるため、持ち出された際の不正なデータ解析、情報漏洩を防止するため暗号化機能として、ファームウェアによる暗号化(LUN単位)を標準でサポート(データ暗号化機能

比較ポイント4:省電力・省スペース

省電力化

31%削減

最新機種では電力を大幅に削減できます。
年間電気料金 21,713円分の年間消費電力削減

製品名 ETERNUS4000 モデル100 ETERNUS DX80 S2 従来比
消費電力 580W 400W -180(-31%)
年間消費電力 5,080W 3,504W -1,576(-31%)
年間CO2排出量 2,093kg 1,444kg -649(-31%)

省スペース化

省スペース

部品点数の大幅削減と最先端テクノロジーを採用した設計により省スペース、軽量化を実現しています。

比較ポイント5:投資の最適化

初期投資の抑制

シンプロ

物理ディスク容量以上の容量をサーバに見せるシン・プロビジョニング機能により、導入時のディスク容量を抑え、必要に応じて追加していくことが可能(シン・プロビジョニング機能

使用容量に応じて自動割り当てにする

自動階層制御

アクセス頻度に応じて、データを再配置する自動階層制御機能により運用負担を低減できます。(ストレージ自動階層制御

アクセス頻度に応じて、業務中に自動で再配置

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-5LTXMS