GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 特集記事>
  8. 従来のシステムボードを1つのプロセッサに集約!

従来のシステムボードを1つのプロセッサに集約!

2013年7月4日

System on Chipで大幅にシェイプアップ!

SPARC64 XプロセッサはSystem on Chipにより、従来のシステム規模の機能をプロセッサ上に集約しました。

旧世代のSPARC Enterprise と比較すると、その差は歴然です。
SPARC Enterprise M9000のCPU/メモリボードや、I/Oボードに搭載されていたシステムコントローラ、メモリアクセスコントローラ、IOコントローラ、合計10個のLSIを、SPARC M10では、SPARC64 Xのプロセッサ上にすべて集約しています。

System on Chipによる各メモリボードの集約
SPARC Enterprise M8000/M9000 インターコネクト図 SPARC Enterprise M8000/M9000 I/Oサブシステム アーキテクチャー SPARC M10-4 インターコネクト図

System on Chipによるメリット

System on Chipを採用したことで、主に3つのメリットを得ることができます。

  • 高速性
    • 周辺LSIをチップ内に集約、LSI間の距離を物理的に短くすることで、応答時間を短縮
    • メモリアクセスの応答時間:SPARC64 VII+比 最大1/5
  • 信頼性
    • 部品点数の削減により、システムの信頼性が向上
  • 省電力・省スペース
    • 部品点数の削減により消費電力も削減
    • 集積による小型化