古江彩佳選手、米ツアー初優勝おめでとうございます!

2022年7月28日から31日にかけて、スコットランドにあるダンドナルドリンクスで開催された「トラストゴルフ・スコットランド女子オープン」にて、富士通所属プロの古江彩佳選手が優勝しました。

最終日、首位に4打差の11アンダー9位から大会新記録の通算21アンダーまで伸ばし、圧巻の「62」をマーク、見事な逆転優勝を飾りました。米ツアー初優勝をルーキーイヤーで達成するという快挙を成し遂げました。

いくつもの壁を乗り越えて、米ツアー初優勝という夢をつかんだ古江彩佳選手のように、富士通も事業ブランド「Fujitsu Uvance」のもと、社会課題の解決を阻む障壁をテクノロジーでひとつひとつ乗り越え、サステナブルな世界の実現に向けて挑み続けます。

古江選手のコメント

このたび、念願だったUSLPGAツアー初優勝をルーキーイヤーで実現することができました。
周りの多くの皆様の支えがなくては、決して優勝することはできなかったと思います。本当に嬉しい気持ちで一杯です。特に、今回はキャディーを務めてくださったマイクさんの故郷、スコットランドでの初優勝でしたので、最高の恩返しができたと思っています。今後は、早く2勝目のご報告ができるよう練習を重ねていきます。引き続き応援をいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

古江彩佳選手と富士通について

2020年3月にスポンサー契約、2021年3月からは所属契約を締結。富士通レディースでは2019年10月にツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たし、直後にプロに転向。2020年2位タイ、2021年には再び優勝。2020~21年シーズンは6勝を挙げて日本国内での獲得賞金2位。2021年12月に米ツアー最終予選会で7位となり、2022年からは主戦場を米国に移し挑戦を続けています。

Recommend

ページの先頭へ