TOPICS
2018年7月27日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

当社社員が11年連続で「Microsoft MVP」を受賞

ソリューション開発センター 福岡寿和がマイクロソフト米国本社より「Microsoft Most Valuable Professional(以下、Microsoft MVP)」を受賞しましたので、お知らせいたします。

   

「Microsoft MVP」は、マイクロソフト米国本社が候補者の1年間の活動に対して審査し授与するもので、受賞者は心躍る新しい技術に触れることに強い関心を持ち、自身の技術専門知識を熱心にコミュニティと共有している技術エキスパートとして位置付けられます。この度福岡は、Microsoft技術の啓蒙等の活動により「Microsoft MVP」を受賞するはこびとなりました。当該社員の「Microsoft MVP」受賞は今年で11年連続となります。

なお、当社は社内の知見を活かし、Microsoft Azureを活用したダイバーシティ・コミュニケーションツール「LiveTalk」を提供しております。

ページの先頭へ