GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 2016年 >
  4. FIT2016(金融国際情報技術展) >
  5. FIT2016(金融国際情報技術展) レポート

FIT2016(金融国際情報技術展) レポート

FIT2016(金融国際情報技術展) レポート

2016年9月8日(木曜日)・9日(金曜日)の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)において「FIT2016(Financial Information Technology 2016:金融国際情報技術展)」が開催されました。 本展示会は金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の“金融機関のためのITフェア”で、今年のテーマは「変革期の決断。~価値観の多様化を新技術で乗り越えろ~」。新たな潮流であるFinTech(フィンテック)や、デジタルデバイス・金融サービスの多様化など、取り組むべき課題は金融機関ごとに様々です。価値観の多様化を乗り越え、決断を支援するソリューション、サービスを様々な形でご提案するのが本展示会です。

FIT2016 富士通ブースの様子FIT2016 富士通ブースの様子

富士通ブースでは、「スマートにつながる」をメインテーマに、新たに体系化した金融ソリューション「Finplex(フィンプレックス)」のコンセプトのもと、従来の金融サービスの枠に囚われないアイデアを形にした様々なソリューションをご紹介しました。
期間中は多くの金融機関および金融機関関係者の皆様にご来場をいただき、誠にありがとうございました。

富士通フロンテック関連製品

視線検出技術×ATM(参考出展)

AI技術の「感性メディア技術」によって、利用者の気持ちや行動に寄り添うATM「FACT-V X200」を参考出展しました。
感性メディア技術は、人のように五感を駆使し、人の感情・気付き・気配りまでも処理するものです。リアルタイムでお客様の反応を捉える「視線検出技術」を組み合わせ、視線の動きから困っている状態を捉え、一人ひとりに適したお声がけができるようになります。また、不審な目の動きを捉え、怪しい人物を検知することで、防犯対策にも貢献します。

AIの視線検出技術と組み合わせたATMを参考出展AIの視線検出技術と組み合わせたATMを参考出展

活用が広がる手のひら静脈認証技術(参考出展)

近年、情報漏洩やなりすましによる被害の拡大防止のため、手のひら静脈認証の普及が進んでいます。手のひら静脈認証は、高精度で偽造が難しい特長や高い認証性能により、ATMでの本人確認、パソコンでのアクセス管理、入退室管理など、全世界で7,000万人以上に使用されています。
今回の展示では、JCB様と共同で行ったカードレス決済の実証実験をご紹介しました。カードもスマートデバイスも携帯せずに、手ぶらでの決済をご体感いただきました。手のひらだけでお支払いができるため、あらゆるシーンで利便性に優れた決済が可能となります。

JCB様との手のひら静脈認証を使ったカードレス決済実証実験JCB様との手のひら静脈認証を使ったカードレス決済実証実験

富士通・富士通グループ出展製品

「Finplex」関連として、次の2つをご紹介しました。
「Chatbotを搭載した銀行サービスポータル」は、お客様の都合に応じて、ビデオ相談、チャットボット相談、担当者指名来店予約が選べ、家計簿データと連動した銀行サービス提案機能などの様々な機能を提供しています。
「地域経済活性化を促進する地域決済基盤」は、金融機関と地方自治体の共創型金融サービスです。消費者は、モバイルアプリから地域デジタル商品券を申し込む・使う・贈る・チャージする・銀行口座振替するなどが可能。自治体や加盟店は会計・換金・利用状況の把握ができ、金融機関向けには口座開設・入金などの機能を提供するものです。

また、ロボットを活用した新たな接遇スタイルとして、金融機関に来店されたお客様の受付や相談ブースでの接客を担う、メディエイタロボット「Robopin」を参考出展しました。スマートフォンやタブレットと連携した、電子帳票化や情報配信などもご紹介しました。

地域経済活性化を促進する地域決済基盤の画面例地域経済活性化を促進する地域決済基盤の画面例

愛嬌のあるRobopinの接客愛嬌のあるRobopinの接客

生命保険業界向けには、お客様の趣味や特徴、地域情報などを、生保レディなどのスマートフォンやタブレットに提供するサービスをご紹介しました。これらの情報から適切な話題やアプローチ方法を組み立てることで、お客様との距離を近づけ、効率的な営業活動をサポートします。

自治体と金融機関の連携事例としては、IoTデバイスを活用した地域見守りサポートを参考出展しました。小型デバイスを身につけたお子様や高齢者が、多くの営業職員と日々すれ違うことで、位置情報を提供したり、地域コミュニティーによる助け合いが可能となります。

生命保険業界向けの顧客接点強化サービス生命保険業界向けの顧客接点強化サービス

アクセサリー型のIoTデバイスとスマートフォンへの情報提供アクセサリー型のIoTデバイスとスマートフォンへの情報提供

セキュリティ関連では、クラウドに格納する機密情報を暗号化し、漏洩を防止する「NESTGate 秘匿化 V1」をご紹介。クラウド上には暗号化後のデータしか格納されないNESTGateは、通信経路上で秘匿化するため、既存システムの改修が不要な製品です。

ロイヤリティラボ株式会社からは、地元企業が発行するポイントを金融商品(各種ロー、投信等)の取引セティブとして活用する、地元密着型顧客サービスをご紹介しました。金融機関や地元企業にとっては、新規顧客の獲得・囲い込みを実現できます。

さらに、富士通のクラウドサービス事例として「iBank」についてご紹介しました。「iBank」は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループの子会社で、新しいマネーサービス「iBank」を提供しています。金融機能(決済・貯蓄等)に加え、ライフスタイル/ライフイベントに隣接する非金融サービスの領域もカバーするサービスブランドです。

ロイヤリティラボ株式会社の他社ポイントカード決済サービスロイヤリティラボ株式会社の他社ポイントカード決済サービス

「目的預金」として楽しくお金が貯められるお金管理アプリ「Wallet+」「目的預金」として楽しくお金が貯められるお金管理アプリ「Wallet+」


当社はご来場いただいた多くのお客様の熱意にお応えするために、これからも最新の技術をもってご提案を続けてまいります。

当社では、本展示会でご紹介した製品以外にも、様々な製品やソリューションなどを紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

製品/ソリューション

  • 手のひら静脈認証(生体認証)
    ラインナップ

FIT2016(金融国際情報技術展)へ

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。