GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 2016年 >
  4. 第18回 自動認識総合展 >
  5. 第18回 自動認識総合展 レポート

第18回 自動認識総合展 レポート

第18回 自動認識総合展 レポート

2016年9月14日(水曜日)~16日(金曜日)の3日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)東4ホールにおいて「第18回 自動認識総合展」が開催されました。
本総合展は、RFID、バイオメトリクス(生体認証)、バーコード、二次元シンボルなどの最先端自動認識技術を、生産、流通、物流、セキュリティ、医療・介護、災害支援などの分野において、現場の課題解決に期待される最適なソリューションを網羅する展示会です。

富士通グループブース富士通グループブース

富士通グループは、自動認識技術に関する「UHF帯RFID」「手のひら静脈認証」など最新の製品、ソリューションをご紹介しました。ブースでは、タブレット、POSとの連動により、スマートなレジカウンターを実現するタグ・リーダライタをはじめとするRFID関連製品、高い認証率と利便性を実現した安心・安全の生体認証(バイオメトリクス)「手のひら静脈認証」などを展示しました。
期間中は多くのお客様にご来場をいただき、誠にありがとうございました。

RFIDの導入を容易にする「RFIDプラットフォーム」と「RFIDタグ・リーダライタ」で一括読み取り

「RFIDプラットフォーム」は、RFID導入を検討しているお客様の「RFIDのシステムを早く・安く導入したい」という声に応えるために、RFIDシステムの標準機能をパッケージ化し、クラウドサービスと併せて提供する製品です。個別システムの開発量を抑えるといった作業時間や導入費用を削減することができ、オフィスや物流、アパレル、レンタル業、自治体など、様々な分野のRFIDシステムで活用が可能です。
展示コーナーでは、入出荷や棚卸しの際に、RFIDタグの付いた商品を一括で読み取るデモや、ユニフォーム管理をRFIDで行うシーンをご覧いただきました。また、タブレットPOSとRFIDリーダライタを連携し、商品を置くだけでまとめてスキャンすることができる、手軽で便利な店舗・図書館などにおけるレジの一括読み取りをご体感いただきました。

RFIDプラットフォームとRFIDタグ・リーダライタを利用した商品の一括スキャンRFIDプラットフォームとRFIDタグ・リーダライタを利用した商品の一括スキャン

「センサーソリューション」による様々な活用シーン(参考出展)

「モノ」だけの管理から、「ヒト」「場所」を含むトータルでの管理を実現するセンサーソリューションを参考出展しました。大規模施設やサプライチェーン(製造・物流・店舗)における、RFIDやビーコンを使った様々な活用シーンをご紹介しました。
ビーコンを使用して効果的なスタッフ配置を可能とすることで、業務効率化に加え、万が一のトラブルへの迅速な対応など、お客様サービス向上を支援する「スタッフ位置管理ソリューション」を参考出展しました。また、施設内各所に取り付けたビーコンにより、温度・湿度・照度・気圧などの環境データをクラウドで一括管理し、蓄積データをBEMS(ビルエネルギー管理システム)と連動することで、エネルギー消費の最適化、コスト削減と環境維持に貢献する「施設管理ソリューション」、取扱いに注意を要する物品の輸送状況を見える化することで、輸送品質の確保やサービス向上を実現する「輸送品質管理ソリューション」などもご紹介しました。

RFIDやビーコンによるセンサーソリューションのご紹介RFIDやビーコンによるセンサーソリューションのご紹介

フィッティングシーンでのRFID活用例「ミラーサイネージ」(参考出展)

RFIDタグが取り付けられた商品を持って鏡の前に立つと、商品の詳細・在庫などの情報や、お勧めのコーディネートを表示するミラー型のRFIDサイネージ(参考出展)のデモを行いました。商品をミラーで合わせる自然なタイミングで商品の購入検討をサポートし、さらに、お客様の手に取った商品データを取得して消費者行動分析へ役立て、顧客接点の強化・業務効率化に貢献することができます。

RFIDタグが付いた商品をかざすと関連情報が表示されるミラー型のRFIDサイネージを参考出展RFIDタグが付いた商品をかざすと関連情報が表示されるミラー型のRFIDサイネージを参考出展

航空業界向けRFIDソリューション

航空業界における製造、整備時の部品管理に当社のRFID「金属対応ラベルタグ(RFID Integrated Label)」を活用したソリューションをご紹介しました。
タグ自体に整備履歴情報が蓄積可能なため、整備現場のネットワークがない環境下でも情報を可視化し、効率的でグローバルな整備業務を可能にします。
また、RFIDタグから収集された情報と、部品の在庫や運送情報などの既に蓄積されている情報とを統合・分析し、在庫の最適配備や、部品の正確なトレーサビリティ、サプライチェーン全体の最適化を実現します。

航空業界向けの金属対応ラベルタグを活用したソリューションのご紹介航空業界向けの金属対応ラベルタグを活用したソリューションのご紹介

手のひら静脈認証 PalmSecure」の新製品

「手のひら静脈認証」は、高い認証率と利便性を実現した高速認証技術により、手のひらをかざすだけで確実な生体認証を実現します。ブースでは、先日の9月12日にプレスリリースを行った「機器組込み向け新製品」を中心に認証センサーの利用シーンや、カードレス決済システムなど、最新の製品・サービスをご紹介しました。
PalmSecure-F Pro」は、高速撮影による操作性や、外光に対する環境耐性が向上し、さらに厚さが13mmと従来の半分以下に薄型化した最新製品です。これまで装置サイズや外光環境の制約により対応できなかった組込み機器への適用を可能にします。
また、従来、PCで行なわれていた撮影・登録・認証などの処理をボード上のファームウェアが行う、ICカードサイズの「手のひら静脈認証ボード」を展示しました。デモ展示として、複合機の認証を手のひら静脈認証で行い、印刷物を出力する印刷管理システムもご紹介しました。「手のひら静脈認証ボード」により、従来適用が難しかった組込み系OSを搭載した機器への適用が可能になります。
これまではPCログオンや入退室装置での使用が中心でしたが、複合機や金庫・ロッカーなどでの使用が拡大することで、企業内の認証方式を手のひら静脈認証に統一することができます。また、現金やクレジットカードに代わる手ぶらでの決済手段や、住宅やクルマの鍵の代替など、新しい市場への拡大を目指していきます。

新製品PalmSecure-F Proのご体験新製品PalmSecure-F Proのご体験

手のひら静脈認証ボードを活用した複合機との接続デモ手のひら静脈認証ボードを活用した複合機との接続デモ


ご来場いただいた多くのお客様の熱意にお応えするために、当社はこれからも最新の技術をもってご提案を続けてまいります。

当社では、本展示会でご紹介した製品以外にも、様々な製品やソリューション、サービスなどを紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

第18回 自動認識総合展へ

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。