GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ハンドヘルドターミナル >
  4. MultiPad V2 >
  5. 製品仕様>
  6. FUJITSU Handheld Terminal MultiPad V2(マルチパッド・ブイツー) 製品仕様 FHT431SVA1/SVA2 一次元スキャナタイプ

FUJITSU Handheld Terminal MultiPad V2(マルチパッド・ブイツー) 製品仕様

本製品は販売を終了いたしました。

FHT431SVA1/SVA2 一次元スキャナタイプ

※FHT431SV1/SV2からの切り替え品です。
FHT451シリーズ(最新機種)へ切り替えになっております。

項目 FHT431SVA1
(標準バッテリータイプ)
FHT431SVA2
(高容量バッテリータイプ)
OS Microsoft® Windows® Embedded CE6.0 R3
CPU Texas Instruments® OMAP3503 600MHz
制御部 RAM 256MB(うちユーザ領域 : 約192MB)
FlashROM 1GB(うちユーザ゙領域 : 約768MB)
表示部 方式 透過型TFTカラー
表示サイズ 3.7型 (VGA、横480 x 縦640ドット表示)
ソフトウェアによりQVGA表示可能
操作部 感圧式タッチパネル、ENTキー、BKSキー、CLRキー、電源キー、テンキー(10キー)、000キー、SFTキー、カーソルキー(上下左右)、ファンクションキー(×5)、スキャナトリガーキー×3(1つはF3と兼用)、リセットスイッチ
スキャナ 読取方式 半導体赤色一次元レーザスキャナ(650nm)
読取り
コード
JAN/EAN/UPC(GTIN対応 (注1))、NW7、
Interleaved 2of5、CODE39、CODE93、CODE128、EAN128、GS1 DataBarオムニショナル(RSS-14)、GS1 DataBarリミテッド(RSS Limited)、GS1 DataBarエクスパンデッド(RSS Expanded)
深度 (注2) 約50mm~400mm
照射角度 10度
セキュリティ ハードウェアセキュリティ
(オプションのセキュリティ専用キーが必要)
サウンド モノラルスピーカー×1
バイブレータ バーコードスキャン時及びアプリケーションで動作
インタフェース カード
スロット
CFカードスロット(TYPEII)×1、microSDカードスロット(SDIO非対応)×1
無線LAN IEEE802.11a/b/g準拠 (注3)(内蔵) WPA2対応
Bluetooth™ Ver2.0+EDR Class2
当社携帯プリンタ用
光インタ
フェース
IrDA V1.2準拠 (注4)
自販機通信 自動販売機接続ユニット (注4)
拡張コネクタ RS-232C(独自形状) (注5)
USB USB 2.0×1(USBアダプタ経由でパソコンと接続するためのインタフェース)
電源 主電池 リチウムイオンバッテリーパック
1,800mAh
リチウムイオンバッテリーパック
3,600mAh
バックアップ 電気二重層コンデンサによりバックアップ
(主電池交換時約3分間) メンテナンスフリー (注6)
運用時間
(注7)
当社測定法 約12時間 (注8) 当社測定法 約24時間 (注8)
充電時間
(注9)
約2.5時間 約3.5時間
節電機能 自動電源オフ機能/自動バックライトオフ機能
照度センサーによる画面輝度調光
環境条件 動作温湿度 -5~50℃/20~85%RH(結露なきこと)
保存温湿度 -20~60℃/5~95%RH(結露なきこと)
落下 耐落1.5m (注10)
防滴・防塵 IP55準拠 (注11)
静電気 直接放電15kV
外形寸法 (WxDxH)
(注12)
69(80)×159×23(35)mm 69(80)×159×34.5(35)mm
質量(バッテリー含む) 約270g 約315g
付属品 主電池、ハンドストラップ、取扱説明書、保証書

(注1)JAN/EAN/UPCのGTINはアプリケーションで対応する必要があります。
(注2)バーコードのバー/スペースの条件により、読取深度/幅が異なります。
(注3)IEEE(米国電気電子技術者協会)が定めた無線LAN規格。W56は未サポートです。
(注4)切替式のため、同時使用はできません。
(注5)独自形状のため、一般のRS232Cコネクタ形状の機器は接続できません。
(注6)副電池を使用していないため、交換(電池費用及び交換作業)が不要です。
(注7)ご使用のアプリケーション/装置運用環境/バッテリの使用期間や充電環境により変動する可能性があります。予めご留意ください。また、事前に十分な検証をお願いします。
(注8)電源と無線を常時ONの状態で、画面を最高輝度にして2分間に10KBのデータを送信し、その後8分間待機(画面輝度最暗)。この10分間1セットを繰り返して測定。
(注9)充電時間は、90%充電時の値です。
(注10)当社社内テスト結果。電源ONの状態で1.5mの高さからコンクリート面に対し、26回落下(各面1箇所)させた後、動作に支障がなくメモリ情報を保持していることを確認。
テスト結果であり落下の状況によって異なります。
(注11)国際規格「IEC 529 IP55」または「耐環境性能 IP55」。塵埃に対する防護レベル:5(埃の侵入から完全に保護されているわけではないが、装置の良好運転を妨げるような埃は侵入しない)と水に対する防護レベル:5(いかなる方向からの水の直接噴流を受けても有害な影響がないもの)を合わせ持ちます。
(注12)(80)は上部アンテナを含む最大部の寸法で、(35)はスキャナ部の寸法です。

※記載されている製品名等の固有名詞は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ

本製品の取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら