GTM-MML4VXJ
Skip to main content

第6期富士通グループ環境行動計画目標と実績

2010年度から2012年度にかけての行動計画と活動目標を設定

2010年4月、富士通グループは、2010年度から2012年度における「第6期富士通グループ環境行動計画」を策定しました。

第6期環境行動計画では、「Green Policy 2020」の3つの目標に基づき、6つの重点分野「先端グリーンICTの研究開発の強化」「製品・サービスの環境価値向上とグリーンICTの開発・提供強化」「自らの環境負荷低減の強化」「環境経営基盤の強化」「環境社会貢献活動の推進」「生物多様性保全活動の推進」を定め、さらに具体的な活動目標として18項目を設定しています。

第6期環境行動計画の目標をすべて達成

最終年度にあたる2012年度はすべての年度目標の達成し、第6期環境行動計画は3年間を通じて計画通り全目標を達成することができました。そのうち、2011年度に目標値を引き上げた項目(先端グリーンICTの研究開発、環境効率ファクター、再生可能エネルギー、物流・輸送時のCO2削減)についても計画通り達成しています。

お客さま・社会への貢献

先端グリーンICTの研究開発の強化
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
先進グリーンICTの研究開発の強化
ICT機器の効率をトータルで2倍以上にする技術を次世代データセンターやネットワーク分野において2012年度末までに開発する。 1.3倍 1.5倍 2倍以上 2倍以上
ソリューションの環境負荷低減効果を向上する技術の開発割合を2012年度末までに70%以上にする。 58% 61% 70% 73%
製品・サービスの環境価値向上とグリーンICTの開発・提供強化
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
お客様・社会に貢献するグリーンICTの開発と提供
グリーンICTの提供により、2009年度から2012年度末までに累計で1500万トン以上のお客様や社会のCO2排出量削減に貢献する。 560万トン 998万トン 1,500万トン以上 1,561万トン
環境配慮製品の開発と提供(スーパーグリーン製品)
全事業部門で新規開発したグリーン製品を対象に、省エネ、省資源など環境負荷低減に貢献するスーパーグリーン製品を2012年度末までに30%以上開発する。 17% 33% 30%以上 39%
環境配慮製品の開発と提供(環境効率ファクター)
全事業部門で新規開発したグリーン製品を対象に、2008年度製品と比較して環境効率ファクター「4.0」を2012年度末までに達成する。注1 「3.2」の達成 「4.1」の達成 「4.0」の達成 「4.6」の達成
製品リサイクルの推進
富士通リサイクルセンターにおいて事業系ICT製品の資源再利用率90%をグローバルで維持する。 93.3% 94.1% 90%を維持 94.3%
環境ソリューションの開発と提供
産業、運輸、業務、家庭、エネルギー転換のすべての部門において環境ソリューションの開発と提供を推進する。 部門・地域カバー率78% 部門・地域カバー率89% 部門・地域カバー率100% 部門・地域カバー率100%
日本、欧州、米州、アジア・パシフィックなど世界の主要拠点で環境ソリューションの提供を拡大する。

自らの変革

自らの環境負荷低減の強化
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
温室効果ガス(GHG)の排出量の削減
温室効果ガスの総排出量を2012年度末までにグローバルで1990年度比6%削減する。
(CO2:5%削減、CO2以外の温室効果ガス:20%削減)
11.7%削減 18.2%削減 6%削減 24.4%削減
温室効果ガス(GHG)の排出量の削減(再生可能エネルギー)
再生可能エネルギーの利用率を2012年度末までに2007年度比10倍にする。注1 4.8倍 11倍 10倍 11.9倍
物流・輸送時のCO2削減
国内輸送CO2排出量を2012年度末までに2008年度比15%削減する。注1 18%削減 24%削減 15%削減 32%削減
お取引先のCO2削減の推進
CO2排出抑制/削減の取り組みを実施するお取引先からの調達を推進する。 62.7% 98.4% 100% 100%
ファクトリーでの改善(化学物質)
重点化学物質の排出量を2012年度末までに2007年度比10%削減する。 48%削減 60%削減 10%削減 62%削減
ファクトリーでの改善(廃棄物)
廃棄物発生量を2012年度末までに2007年度比20%削減する。 20.1%削減 27%削減 20%削減 29.6%削減
国内生産事業所におけるゼロエミッション活動を継続維持する。 継続維持 継続維持 継続維持 継続維持
オフィスでの改善
グリーンオフィス制度の「四つ星(★★★★)レベル」以上を2012年度末までにすべての事業所で達成する。 国内:新基準でのトライアル
海外:実態調査完了
国内:80%
海外:評価基準ドラフト作成完了
国内:100%
海外:導入トライアル
国内:100%
海外:導入トライアルを実施
環境経営基盤の強化
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
グローバル統合環境マネジメントシステムの継続的改善
環境経営へのさらなるICTの導入を推進し、スマートな環境マネジメントシステムを構築する。 トライアル実施 ブロック適用率60% ブロック適用率75% ブロック適用率100%
環境パフォーマンスの向上のため、目標の達成度合、法規制の順守状況などを総合的に判断する仕組みを2012年度末までに主要な国内製造系グループ会社に100%適用する。 評価方法確立完了 トライアル実施 国内製造系グループ会社まで拡大 対象の全23拠点に適用
ステークホルダーとのコミュニケーションを通じた環境経営の推進
環境経営の質向上をめざし各組織で環境コミュニケーションを推進する。 社内外への情報発信を強化 社内外への情報発信を強化 環境情報の発信強化 社内外への情報発信を強化
環境社会貢献活動の推進
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
環境社会貢献活動を通じた社員の環境マインドの更なる向上
社会貢献活動の情報共有システム「Act-Local-System」を2010年度末までに構築し、世界の各拠点で実施している環境社会貢献活動の情報をグローバルに共有する。 ネットワーク構築完了 国内ネットワーク運用
海外ネットワーク運用
国内ネットワーク運用
海外ネットワーク運用
国内ネットワーク運用
海外ネットワーク運用
世界の各拠点での環境社会貢献活動を継続するとともに、「Act-Local-System」を活用し、より地域社会に貢献できる活動に取り組む。 国内:すべての拠点で実施
海外:54%の拠点で実施
国内:すべての拠点で実施
海外:65%の拠点で実施
国内:1回/年
海外:1回/3年
国内:すべての拠点で実施
海外:2012年度末までにすべての拠点で実施

生物多様性の保全

生物多様性保全活動の推進
項目 2010年度実績 2011年度実績 2012年度目標 2012年度実績
自らの事業活動における生物多様性への影響低減
事業活動における生物多様性への影響や貢献を測る定量指標、および影響を低減しICTによる貢献を拡大する仕組みを構築する。 指標構築完了 BD統合指標により評価した影響度(主要事業領域)を2009年度比4.6%削減 BD統合指標により評価した影響度(主要事業領域)を2009年度比3%削減 BD統合指標により評価した影響度(主要事業領域)を2009年度比9.6%削減
生物多様性保全の取り組みを実施するお取引先からの調達を推進する。 60.9% 99.2% 100% 100%
生物多様性の保全を実現する社会づくりへの貢献
ICTを活用した生物多様性保全に貢献するモデルケースを2012年度末までに主要な事業所で構築する。 調査実施 調査結果に基づく試行 主要事業所への展開 主要事業所への展開
生物多様性保全・啓発活動を2012年度末までに全拠点で実施する。 国内:すべての拠点で実施
海外:30%の拠点で実施
国内:すべての拠点で実施
海外:41%の拠点で実施
国内:1回/年
海外:1回/3年
国内:すべての拠点で実施
海外:2012年度末までにすべての拠点で実施

(注1):
目標値を上方修正。