GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 富士通のプラズマディスプレイ 自然な色表現

富士通のプラズマディスプレイ 自然な色表現

 大きな特長 |  壁掛け可能 |  原理 |  広視野角 |  自然な色表現 |  可能性 |


5.1670万色で自然の色を表現

画素拡大イメージ42型 PDP の1画素サイズは約 0.9mm × 0.5mm プラズマディスプレイの1画素は、光の三原色である赤・緑・青の3つの発光点からなり、その3色の明るさの組み合わせで1画素の表示色が決まります。テレビでは自然の色を表示するため、赤・緑・青の各色に対してそれぞれ256種類、つまり 256 × 256 × 256 = 約1670万色(フルカラー)が必要となります。現在ではデジタル映像信号処理により数億色にまで高められ、より緻密で繊細な画像表示が可能となっています。