GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 富士通のプラズマディスプレイ 大きな特長

富士通のプラズマディスプレイ 大きな特長

 大きな特長 |  壁掛け可能 |  原理 |  広視野角 |  自然な色表現 |  可能性 |


1989年、富士通は世界に先駆けカラー化の実用化に成功し、そして現在、大型ワイド画面・ハイビジョン映像を実現しました。ここでは、その性能や仕組みについて、わかりやすくご紹介します。

1. プラズマディスプレイの大きな特長

一般的に呼ばれているプラズマディスプレイ(プラズマテレビ)とは、正確にはPDP(Plasma Display Panel)が組み込まれた表示装置のことを言います。このプラズマディスプレイは、大きな画面で美しいハイビジョン映像を映し出し、非常に軽くて薄いといった、優れた特長をもっています。

プラズマディスプレイ大画面、軽量、壁掛けも可能。

プラズマディスプレイ画質、ハイビジョン映像にも対応。