GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD MX 特長・主な機能


3次元設計機能

柔軟な3次元設計機能でイメージを具現化します。

3次元検証

feature04_01_s

  • 干渉箇所や隙間などは、リアルタイム断面表示により、ビジュアルに解りやすく、確認・検証が可能。
  • 断面位置をドラッグ操作で簡単に移動する事が可能で、視覚的にわかりやすく、様々な検証が可能。

ワイヤフレーム・シートモデリング

feature04_02_s

  • 構想図を利用して、形状の立体化が困難な自由曲線や面も、構想図を利用して即座にワイヤ・サーフェス化。
  • ソーシング、シートカット、ガイドスイープ、ロフティングといった手法で、滑らかな曲面形状を作成。

アセンブリモデルにおける柔軟な配置拘束

  • 構想が固まるまではノンパラメトリック環境下で自在に編集を行うなど、自由度の高い設計環境を実現。
  • 確定後には必要最低限の配置拘束により位置あわせを行うなど、柔軟な運用が可能。
  • 配置拘束情報をビジュアル的に確認が可能。

アセンブリモデルのロード・編集

feature04_04_s

  • 表示データのみのロード、アセンブリモデルの中から必要な部分のみ指定してのロード、不要な部分のリリースが可能。
  • ロードや表示のパターンを登録でき、大規模なアセンブリでの設計も快適。