GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS 導入事例

サンデン株式会社 様


フロントローディング、コンカレント・エンジニアリングによる「しっかりした構想設計」実現のためにVPSを導入

導入事例キーワード
設計品:
自動販売機
ソリューション:
PLMソリューション
製品:
VPS(仮想試作)

製品紹介

設計検証、試作検証の最適化とともに製造プロセスをどう効率化するか。これはすべてのメーカーにとって至上の命題である。もっとも確実な対策は「しっかりした構想設計」の実現である。すなわち問題点を先送りしない、フロントローディング設計を行うこと。そのためには仮想試作や仮想試験などのデジタル・シミュレーションがどうしても必要になる。そこで、サンデン様では自動販売機分野で富士通のVPS(Virtual Product Simulator)を導入・活用した設計改革に挑戦。仮想設計・仮想検証による初期段階での的確な作り込みを推進し、リードタイム短縮やコスト削減、生産準備や組立工程の効率化など大きな効果をあげた。

解決したかった課題

自動販売機は最近ますます多様化しており各ボトリングメーカーでは市場ニーズを細かくセグメントしてさまざまな商品を開発している。容器の形状も缶、ボトルと色々あり、大きさや形も多彩になっている。そのために自動販売機自体も外観、メカニズム、機能それぞれに多様化し複雑になる傾向にあり、開発・設計も以前より手間やコストがかかり、設計の問題点も多く発生しやすい状況。問題点や不具合の早期発見、リードタイムの短縮、コストの削減などが急務であった。

導入によって実現したプラス効果

開発・設計プロセスにおける後戻り工数は飛躍的に減少した。後工程に対する加工用CAMデータ支援やパーツリスト作成支援などにより、生産性も格段に向上。リードタイム短縮はもちろん、試作費・部品原価・金型費などの削減にもつながるといったコスト面でも効果。

  • 工具干渉の検討でも、動作アニメーションによって作業性が容易に確認でき、製造における効率性を高めるうえできわめて役に立つ。
  • ハーネスの引き回しは自動販売機の設計において非常に重要な項目だが、3DCADではできないハーネスの這いまわしの検証がVPSで容易に実現。
  • 自動販売機では、商品を購入する消費者の視線の位置や方向、購入する際の姿勢などが重要であり、人体モデルを使ったさまざまなバーチャル検証が可能になっていることもメリット。

case-06

赤城事業所のコンカレント・エンジニアリングへの取り組み

お客様の声

特に念頭に置いたのは、仮想設計、仮想試作、DR(デザインレビュー)による仮想検証などの機能です。開発・設計で求められるこれらの機能において、VPSはほぼ満点の性能を示していました。仮想設計における動的干渉検討、動作シミュレーション、操作性検討、メカトロ制御検討、ハーネス設計などの評価ポイントも高く、またDRによる仮想検証面での組立性評価、工具干渉、作業手順評価、組立時間評価、配線経路検証などの機能も万全で、動作アニメーションも容易に作成できました。また、生産設計や製造面から見たツール検証もきわめて重要です。この面でもVPSは高い評価ポイントを獲得しました。たとえば動作アニメーションを活用した組立性評価や作業手順評価の機能などは非常に優れています。しかもそれらがエンジニア自身で容易にデータ作成でき、シミュレーションできる点にほれ込みました。将来目標である、製品企画から量産までのすべてのプロセスにおけるコンカレントエンジニアリング実現のためにVPSを活用して成すべきことはまだまだあります。

【会社概要】

サンデン株式会社

  • 事業内容: 大きく分けて、自動車用電動コンプレッサーなどの自動車機器システム事業、店舗用冷蔵・冷凍ケースや自動販売機などの流通システム事業、暖房関連の住環境システム事業の3つの分野で事業を展開。特に、コンプレッサー製品は小型・軽量かつ高機能で知られ、世界の主要メーカーに純正品として採用されている。また、海外にも40の拠点を持ち、グローバルにビジネスを展開、現地のパートナーとも密接な関係を築いている。
  • ホームページ: http://www.sanden.co.jp/Open a new window