GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS 導入事例

セイコーエプソン株式会社 様


“見える化ものづくり”で企画設計段階からの「ものづくり改革」
製品開発力を強化し製品化スピードを速めて事業利益拡大

導入事例キーワード
設計品:
インクジェットプリンター
ソリューション:
PLMソリューション
製品:
VPS(仮想試作)

製品紹介

「実機(試作機)による検証に勝るものはない」と頑なに思っている技術者は多い。セイコーエプソン様ではこうした通念に一石を投じた。富士通のVPS(Virtual Product Simulator)を導入し、バーチャル試作による設計検証の前倒し、設計初期段階からのコスト把握、海外各地の現地法人における量産の垂直立ち上げなどを実現。製品化のスピードアップを図り事業利益拡大と企業体質強化を推進している。

case-05_10

PM-A900の開発にはVPSが威力を発揮。設計以外の技術者に業務効率の向上を実感してもらうことで利用者が増加、業務の効率化が図れた。

case-05_11

2004年に約2か月間試行した際、最初のトライアルだけでも1200万円程度のコスト削減が図れた。

解決したかった課題

  • 上流で設計の完成度をできるだけ高め、実機試作回数を極力減らすことでの設計期間を短縮、コスト削減
  • 実機レスを進めるための早期段階でのバーチャル設計検証が必要

導入によって実現したプラス効果

  • CADとは違い手軽に扱え、レスポンスが速く操作性もいい。
  • エプソンの設計環境になじみやすい点も評価
  • 出図前の段階で生産技術からの検討用件を設計にすばやくフィードバック可能
  • 大きな効果は、生産・製造部門の担当者の意識が変わった
  • 機構上のさまざまな問題点の検証など、適用範囲は次第に広がっています。
  • 海外現地法人へも、VPSによる機構図とともに組立寸法管理データを送り、現地でチェックするなど業務効率化
  • 設計期間短縮も図られた。例えばハーネスでは、実機検証作業はバーチャルで行うことにより、約1ヶ月前倒しに。
  • コスト面だけでも、1機種当たり1億円以上の実機試作費の削減を狙っている。2004年に約2ヶ月間試行した際、最初のトライアルだけでも1200万程度のコスト削減が図れた。

お客様の声

利用し始めた生産技術者の大半が、もうこれがないと仕事ができないと言うようになりました。将来的には開発・設計だけではなく、マーケティングから製品企画、製造や保守などすべての製品ライフサイクルを含めた業務改革を目標にしており、VPSはこの面でも適しています。社内横断的に製品情報を共有できる環境を提供してくれるからです。最終目標は、設計での品質作り込み・コスト把握を100%にまで持っていくことです。さらに、夢は完全実機レスによる量産一発立ち上げです。

【会社概要】

セイコーエプソン株式会社

  • 事業内容: 情報関連機器(プリンタ、スキャナ等コンピュータ周辺機器及びパソコン、液晶プロジェクター等映像機器)、電子デバイス(ディスプレイ、半導体、水晶デバイス)、精密機器(ウオッチ、眼鏡レンズ、FA)、その他の開発・製造・販売・サービス
  • ホームページ: http://www.epson.jp/Open a new window