GTM-MML4VXJ
Skip to main content

課題と解決方法

こんなことでお悩みはありませんか

  • 物流業務改革に有効な物流センター管理システムにしたい
  • 物流コスト削減と、物流品質向上を迅速かつ効果的に実現したい

「作業進捗の把握」「新業態への対応」「物流品質の統一化」「作業生産性の向上」など、こんなことで悩んでいませんか?

お客様の課題

物流業界では、物流コスト削減と品質向上という相反する課題に対して物流センター内の可視化とマネジメント強化のニーズが高まっております。

物流コスト削減

物流センター内での最大のコストは、人件費であり、作業員の生産性把握、作業標準化が必要になりますが、

  • センター内の状況をリアルに把握できない。
  • システム投資がかかりすぎる為、システムを一本化できない。
  • 物量波動に対応したフレキシブルな要員確保ができない。

のが、実情です。

品質向上

得意先から要望、店舗へのノー検品での納品、カテゴリー・通路単位での納品、新業態・店舗増への対応等、恒常的に品質向上への要望が高い中、

  • 欠品、仕分けミスが減らない。
  • 作業時間内に作業が終了しない。
  • 得意先、店舗に対して情報提供ができない。

為、品質向上ができていないのが、実情です。

解決できること

さまざまな業種のお客様の要求仕様を業務パラメータ・汎用項目・バンドルされたミドルウェアで実現します。

  • お客様の目指す将来像(事業拡大、取扱い品目増加、拠点追加、ネット通販対応など)にフレキシブルに対応します。
  • 激動する物流業務の商品特性・業種機能に開発レスで対応し、柔軟なセンター運用を実現します。

img_proposal02_s 図を拡大する (356 KB)

本商品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)