GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network ライブ映像配信ソリューション
ソリューションの特長

本製品は2019年4月29日を持って販売終了いたしました。

「FUJITSU Network ライブ映像配信ソリューション」は、独自のApplication Layer Multicast(ALM)方式によりイントラネット内での同時数千台規模のリアルタイム視聴を実現するライブ映像配信システムです。

既存ネットワークの活用と大規模配信を両立するALM配信方式を採用

ライブ映像のストリーミング配信で通常利用される「ユニキャスト配信」や「IP放送マルチキャスト」配信と比較してサーバ増設やネットワーク環境の大幅な変更が不要なため、小規模導入でも大きな効果が期待できます。

alm

イントラネット内のライブ中継に最適化された独自技術

大量の映像データが長時間流れ続けるライブ中継は視聴者以外の業務への影響が心配です。
富士通はイントラネット内での効率的なライブ配信を実現するための様々な技術(注)を開発。各端末が負荷状況や周囲のトラッフィクを監視しながら常に最適なリレー経路を自律的に変更することで、ネットワーク輻輳や他業務への影響を最小限に抑えながらスムーズな配信を可能とします。

(注)富士通研究所開発:取得済特許1件 / 出願中特許2件(その他出願中P2P関連特許9件)

通信監視&自動改善による安定化

  • 各端末が自律的にリレー区間の通信状況を常時監視し、通信遅延や輻輳が発生した際には瞬時にリレー区間を変更し他業務通信への影響を低減

technology

最適端末検索による通信量削減

  • 視聴端末のグループ管理により、リレーに適した端末を高速に検索/発見し接続することで、全体の通信量を削減。

転送数制御による端末負荷軽減

  • 映像視聴中PCのCPU負荷状況に応じて、映像データの転送数を動的に制御し、PCの他業務への影響を低減。

安定性/セキュリティ

  • 転送データの独自フレーム化と到達確認による通信セキュリティを確保
  • メモリ上のみで動作しPC内ファイルへのアクセス発生無し。

導入から運用までをトータルサポート

お客様の活用シーンや利用規模に最適なシステムを構築するための初期導入サービス、安定稼働と迅速なトラブル解決を支援する運用サポートサービスをご提供します。

富士通グループでの豊富な活用実績

本システムは全国の富士通およびグループ会社内ネットワークにおける数千台の同時視聴実績と、年間数百回のライブイベント中継に活用しております。

ライブ映像配信ソリューション

└  

ソリューションの特長   |   システム構成/価格

映像・コンテンツ配信サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)