GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network ライブ映像配信ソリューション
システム構成/価格

本製品は2019年4月29日を持って販売終了いたしました。

システム構成例

標準構成(同時配信可能番組数:1、同時視聴可能台数:2,000台)

system

標準構成機器一覧
  品目 数量 役割
1 IPエンコーダ 1 撮影された映像をH.264に変換し、配信システムへリアルタイムに伝送
2 IPデコーダ 1 撮影拠点から伝送された映像を受信/複合化し、ベースバンドで[3]へ供給
3 エクスプレッションエンコーダ 1 伝送された映像信号を入力しWindows Mediaに変換
同時に配信映像を蓄積保存
4 Windows Mediaサーバ 1 Windows Media形式のライブストリーミングデータを送出
5 シェーパー 1 1 [4]から出力されるIPパケット、および視聴PCからの配信参加要求IPパケットのバーストトラフィックを平滑化
6 ALM送出サーバ 1 ALM方式のライブストリーミングデータの配信・制御
7 シェーパー 2 1 [6]から出力されるIPパケットのバーストトラフィックを平滑化
8 DBサーバ 1 配信予約情報、管理情報等を格納するデータベースサーバ
9 管理/Web/Logサーバ 1 システム全体の運用管理
視聴者向け配信ポータル提供
ALM視聴モジュールの配布(ActiveX)
視聴PCからのログを集収
10 GMNサーバ 1 グループ管理ノード
ライブ配信視聴に参加する端末の振分け等を制御
11 L2スイッチ 1 ポートVLANを構成するためのスイッチ

価格

(準備中)

システム提供機能

システム提供機能一覧
  区分 機能名称 概要
1 基本機能
(サーバ)
視聴モジュール配布 視聴PCへActiveX視聴モジュールを配布
  • 対応OS:Windows
  • 対応ブラウザ:Internet Explorer 8/9/10
ライブ配信 ALM方式によるライブストリーミング映像/音声を配信
  • 配信フォーマット:Windows Media Video
  • 配信ビットレート:約800kbps(ビデオレート:512kbps)
  • 最大同時視聴可能台数:
    (注)管理/Web/Logサーバの台数により以下まで
    サーバ1台:2,000、サーバ2台:4,000、サーバ3台:6,000
  • 最大同時配信番組数:1番組(オプション追加で6番組まで拡張可能)
ライブ蓄積 配信中のWindows Media Videoストリームをファルとして蓄積保存
映像ファイル配信 蓄積保存された映像ファイルをソースとしたライブ配信
手動配信制御 予め設定した配信スケジュールに割り込み、手動操作による配信を実施
  • ライブ映像配信/映像ファイル配信に対応
スケジューリング配信制御 ライブ配信開始/停止のスケジューリング機能
  • CSVファイルによる登録
  • 配信中の終了時間延長が可能
  • 予約可能時間:20時間/日まで
  • 予約可能期間:6ヶ月まで
ログ収集 管理ログ、視聴状況レポートの取得
  • 管理者Webポータルよりテキスト形式でダウンロード
状態表示 管理者向けGUIにて各サーバの状態を表示
  • ストリーム配信状況
  • システム稼働状況
メッセージ通知 配信中に視聴者PCに対してテキストメッセージの送出が可能
障害切分け解析 配信ログより特定の視聴PCに関する分析結果を抽出して出力
配信中エリア一覧 配信番組毎に現在視聴されている拠点等の状況を確認
基本機能
(視聴者PC)
視聴 Internet Explorer上でActiveX視聴モジュールを介してWindows Media形式のライブストリーミング映像を視聴
  • 視聴開始/停止操作
  • 音量調整
  • 受信状況表示
  • 視聴PC1台につき1番組を視聴可能
ログ出力 視聴中の映像受信/転送状況等の動作ログを配信サーバに送出
2 オプション機能
(サーバ)
同時送出数追加 同時配信可能となる番組数(入力映像数)の追加が可能
  • 最大追加可能数:6
冗長化 配信システムの二重化

ライブ映像配信ソリューション

└  

ソリューションの特長   |   システム構成/価格

映像・コンテンツ配信サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)