GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Service Catalog Manager
動作環境 詳細

販売終了のお知らせ

本製品は、2016年5月16日をもって販売を終了いたしました。

本ページに記載していない動作環境については、「本製品に関するお問い合わせ」または、当社担当営業までお問い合わせください。

 

Windows(PRIMERGY, PRIMEQUEST 2000/1000シリーズ)

Systemwalker Service Catalog Manager V15.4.0 動作環境詳細
管理サーバ Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard
Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise
対応仮想化ソフトウェア VMware® vSphere™ 4
VMware® vSphere™ 4.1
VMware® vSphere™ 5.0
VMware® vSphere™ 5.1
VMware® vSphere™ 5.5
VMware® vSphere™ 6.0
Hyper-V

 

Linux(PRIMERGY, PRIMEQUEST 2000/1000シリーズ)

Systemwalker Service Catalog Manager V15.4.0 動作環境詳細
管理サーバ Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6 (for x86)
Red Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 5 (for x86)
Red Hat Enterprise Linux 5 (for Intel64)
対応仮想化ソフトウェア VMware® vSphere™ 4
VMware® vSphere™ 4.1
VMware® vSphere™ 5.0
VMware® vSphere™ 5.1
VMware® vSphere™ 5.5
VMware® vSphere™ 6.0
Hyper-V

システム構成図

Systemwalker Service Catalog Managerでは、サーバ/クライアントを以下のように分類しています。

システム構成図

管理サーバ

業務アプリケーションをSaaS上のサービスとして公開し管理するサーバです。Systemwalker Service Catalog Managerが動作します。

業務サーバ

業務アプリケーションが動作するサーバです。業務アプリケーションはWebサービスインターフェースを実装するのみで良く、動作プラットフォームについては限定されません。

開発コンピュータ

業務アプリケーションを開発するためのコンピュータです。開発の形態は特に限定されません。

Webクライアント

Systemwalker Service Catalog Managerの利用部門向けの利用可能サービス一覧や、利用申請、ユーザー管理が行えます。また業務管理者向けには業務アプリケーションの登録や、利用料確認、利用状況確認が行えます。

ServerView Resource Orchestrator 管理サーバ

仮想サーバ群を配備する際に連携するServerView Resource Orchestratorの管理サーバです。

Systemwalker Runbook Automation 管理サーバ

自動運用プロセスを配備する際に連携するSystemwalker Runbook Automationの管理サーバです。