GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Software Configuration Manager
機能

機能説明

ICTリソースの管理

ディスカバリ

業務サーバのハードウェア・仮想環境・ソフトウェア構成情報(注1)を採取し、CMDB(Configuration Management DataBase)に登録します。スケジュールに従った定期ディスカバリ、コマンドによる手動ディスカバリができます。

ディスカバリ

注1  Systemwalker Software Configuration Manager Expressでは、対象はハードウェア・仮想環境の構成情報のみ。

構成管理

ディスカバリにより収集されたシャーシ/サーバ/仮想環境/OS/ソフトウェアなどの構成情報を一覧表示します。サーバでトラブルが発生した場合、正常動作時の構成ベースライン(注2)と現在の構成ベースラインを比較し、正常動作時から新たに適用されたパッチを確認できます。

ソフトウェア構成管理

注2  構成ベースラインとは、正常時動作していた時点での構成情報で、変更のベースとなる構成情報。
構成ベースラインを比較する機能はソフトウェアの構成情報に対してのみ使用可能。

インフラ構成管理(対象:V15.3.0以降)

マップ表示により、ハードウェア(シャーシ/物理サーバ)、仮想OS 、業務、テナントの依存関係を可視化し、トラブルシューティングを迅速化します。最新の構成情報をすぐに表示、レポート作成に活用できます。

OSのパッチ管理

パッチ管理

OSのパッチ管理

Microsoft Windows Server Update Services(WSUS)と連携し、WindowsのOSパッチ情報とパッチ適用状況を管理できます。

OSのパッチ管理

Yellowdog Updater Modified(yum)と連携し、LinuxのOSパッチ情報とパッチ適用状況を管理できます。

LinuxのOSパッチ情報

Oracle Solaris 11のパッチ適用状況を管理できます。

OSのパッチ管理

ソフトウェアのパッチ管理

ソフトウェア情報とパッチ情報を事前に定義として登録することで、ソフトウェアのパッチ情報とパッチ適用状況を管理できます。富士通製ミドルウェアの場合は、UpdateSite / UpdateAdvisorと連携して、パッチ情報と パッチ適用状況管理できます。シングルユーザモードで適用が必要なパッチもリモートで適用できます。

富士通ミドルウェアのパッチ管理

ICTシステムの短期構築

ソフトウェアのパラメーター管理

ソフトウェアのパラメーター定義により、パラメーターの設定と収集が可能です。収集したパラメーター情報を確認して、変更したいパラメーターを設定できます。主要な富士通ミドルウェアのパラメーター定義は、本商品に登録済みです。

ソフトウェアのパラメーター設定

ソフトウェアの自動インストール(対象:V15.4.0以降)

業務サーバに対してソフトウェアを自動でインストールすることが可能です。また、テンプレートによりソフトウェアのインストールに必要な処理を標準化することができます。

ソフトウェアの自動インストール

機能一覧表

機能別 一覧表
機能
ICTリソースの管理 ディスカバリ
パッチ管理
構成管理
ICTシステムの短期構築 ソフトウェアパラメーター管理
ソフトウェアインストール

製品体系

製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
Systemwalker Software Configuration Manager サーバの構成情報の管理、およびソフトウェアのパッチ管理、パラメーター管理 Windows
Linux
Systemwalker Software Configuration Manager Express ハードウェアおよび仮想環境の構成管理 Windows
Linux

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)