GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Software Configuration Manager
特長

ハードウェア/仮想環境/OS/ソフトウェアの構成情報を自動収集し見える化

ハードウェア・仮想環境の構成情報を業務サーバから定期的に自動収集します。また、OS・ソフトウェアの構成情報やパッチ適用状況を、業務サーバやMicrosoft Windows Server Update Services(WSUS)、Yellowdog Updater Modified(yum)、Solaris OS、UpdateAdvisorから定期的に自動収集します。さらに、ServerView Resource Orchestratorと連携することで、クラウドで動的配備したリソース情報も自動収集することができます。
これにより、ハードウェアからOS/ソフトウェアまでのシステム構成情報を可視化し、リソースの変化をタイムリーかつ正確に把握することができます。

ソフトウェアの自動インストールおよびパラメーター管理によるシステム構築時間の短縮と人的ミスの削減

業務サーバに自動でソフトウェアをインストールできます。さらに、業務サーバにインストールされているソフトウェアに対して、リモートからパラメーターを一括設定できます。また、ソフトウェアのパラメーター情報を自動で収集(ディスカバリ)できるため、人手による設定・確認ミスを撲滅できます。ソフトウェアのパラメーター情報を一元管理できるため、システム構築の時間を大幅に短縮できます。

OS/ソフトウェアのパッチの適用状況の見える化と最新性の維持

ソフトウェア構成情報(サーバ上のOS/OSパッチ情報/ソフトウェア・パッチ情報など)を一元管理し、OSおよびソフトウェアのパッチ管理ができます。パッチ未適用サーバはサーバ一覧でアラート表示されるので簡単に把握でき、パッチ適用漏れを防止できます。
今まで、システム管理者がパッチ適用状況をドキュメントなどで管理していた作業やソフトウェアの変更(セキュリティパッチの適用など)の影響調査作業など人手で行っていた作業が不要になり、ミスを削減できます。

権限に応じた操作範囲の限定による誤操作防止、セキュリティリスクの低減

運用管理者が作成したテナント情報に従い、ソフトウェア構成情報の見える範囲・操作できる範囲をテナント単位に限定することができます。これにより、誤操作防止、セキュリティリスクの低減を実現できます。さらに、担当者自身が運用・保守を行う情報だけを扱うことで作業負担の低減を達成できます。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)