GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software OASYS
技術情報 Windows関連情報

Windows Update または Windows XP Service Pack 適用時の留意事項

Windows Update または Windows XP Service Pack を適用すると、様々な不具合が発生することが報告されています。
トラブルを未然に防止するため、Windows XP Service Pack で対象製品をお使いのお客様は、以下の対処をお願いいたします。

対象製品

  • OASYS 2002
  • OASYS SuperOffice 2002
  • OASYS V8
  • OASYS SuperOffice V8

発生現象

[現象(1)]

  • OASYSの起動や、印刷などの操作を行うと、次のメッセージが表示されたり、その他のエラーが発生することがあります。
    • 「プロシージャ エントリ ポイント _resetstkoflw がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
    • 「プロシージャ エントリ ポイント ??_V@YAXPAX@Z がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
  • 「トピックスの検索」を利用すると、「問題が発生しました」のエラーが表示され、OASYSが終了することがあります。
  • 印刷時に「プリンタドライバで異常が発生しました」のメッセージが表示されて、印刷できないことがあります。

[現象(2)]

  • HTMLにリンクされたOASYS文書をInternet Explorerから開いたり、OASYSかんたんサンプルの文書などを開いた時、情報バーに「セキュリティ保護のため~」が表示されます。

対処方法

[現象(1)の対処方法]
次の操作を行ってください。(携帯OASYSを除く)
(注) 機能を追加(セットアップ)した後に現象が再発した場合は、同じ操作を行ってください。
また、この問題に対応したツール「OASYS 2002 / V8 WindowsXP Service Pack 対応ツール」も用意しています。

  1. 「スタート」ボタンを押して、「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「エクスプローラ」を選択します。
  2. 左のフレームで「マイコンピュータ」をクリックして開きます。
  3. 右のフレームでOASYS2002インストールフォルダの中の「PBIN」を開きます。
    (例) C:\Program Files\OASYS2002へインストールされている場合は、以下の順番でクリックして開きます。
    「ローカルディスク(C:)」-「Program Files」-「OASYS2002」-「PBIN」
  4. 右のフレームで「MSVCRT.DLL」を右クリックし「削除」をクリックします。
    (注) パソコンの設定によっては、「MSVCRT」と表示されています。
  5. 「ファイル削除の確認」で「はい」ボタンをクリックします。

携帯OASYSの場合

  • 携帯OASYS 2002では、次の回避方法でご利用をお願いいたします。
    次のメッセージが表示された場合は「OK」を押して、メッセージを閉じてご利用ください。
    • 「プロシージャ エントリ ポイント _resetstkoflw がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
    • 「プロシージャ エントリ ポイント ??_V@YAXPAX@Z がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
    ヘルプ情報の参照には「エキスパートヘルプ」をご利用ください。
  • 携帯OASYS V8は、Windows XPでは利用できません。Windows関連情報(Windows対応状況一覧)をご確認ください。

[現象(2)の対処方法]

  • 情報バーをクリックして「ブロックされているコンテンツを許可」を選択すると、OASYS文書が表示されます。