GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. テープシステム >
  6. テープライブラリ >
  7. 究極のエコ / 省電力として、「テープライブラリ」が最適!!

ETERNUS LT series テープライブラリ 隠れた魅力(1)
究極のエコ / 省電力として、「テープライブラリ」が最適!!

始めよう、テープバックアップ!! バックアップといえばディスクバクアップ? 環境にあわせた「バックアップ方式」を選ぼう!

テープバックアップTOP 高速性と互換性 セキュリティ

一般的にシステム機器は、消費電力が高いイメージがありますが、テープライブラリはディスクなどに比べると消費電力が低いストレージ製品です。また、ETERNUS LT series テープライブラリは環境に配慮した素材を採用しております。

テープライブラリで消費電力削減

最近のディスク装置では、省電力モードなど一定時間アクセスしない場合にディスクの回転を停止させる機能が搭載されてきていますが、一般的には常に大量の電力を消費しがちです。
テープライブラリは、制御回路以外に常に稼動する必要性がないので、通常のディスク装置と比べて、消費電力や発熱量を抑えることができます。また、発熱量を抑えることは、空調などの消費電力も低減することにもなり、業務上必要なトータルの消費電力低減にもつながります。
下のグラフは、同容量のデータを保存する場合に必要な消費電力を比較したものです。
全てディスク(RAID)装置に保管した場合と、全てテープライブラリに保管した場合で試算しています。
140TBもの容量のデータを保存する場合、ディスク(RAID)装置と比較すると、テープライブラリに保存すれば約95%もの消費電力を削減できます。

ETERNUS LT series テープライブラリ 製品別消費電力パフォーマンス グラフ

テープライブラリでTCO削減

今後5年間にかかる機器の場所代/電気代と、年々増加するデータ容量に対応するためのハードウェア増設代に掛かるTCOはディスクストレージシステムと比較して、テープライブラリは最大で約1/4まで削減できます。
下のグラフは、毎年ストレージ容量の増量に対してかかるTCOをテープライブラリとディスクストレージシステムを比較したものです。

(注)TCO (Total-Cost-of-Ownership): コンピュータシステムの導入、維持・管理などにかかる費用の総額

ETERNUS LT20 S2 テープライブラリ 導入、維持・管理などにかかる費用の総額 グラフ
ETERNUS LT40 S2 テープライブラリ 導入、維持・管理などにかかる費用の総額 グラフ

[グラフ補足]

  • テープ製品:LTO 8ドライブ搭載(非圧縮時12TB)
  • ディスク製品:RAID6構成、高密度実装タイプ、エコモード設定、ニアラインハードディスクドライブ(12TB)搭載
  • 電気代は26.03円/kWhとして試算(空調の電力として装置消費電力の70%を加算)
  • テープライブラリは1日1回バックアップ、ディスクストレージシステムは1日23時間エコモードとして消費電力を算出
  • 場所代は1Uあたり月額5,000円として試算
  • 消費電力は同容量のディスクに対して1/20。
  • 空調用の電力も装置の消費電力に比例して削減。

CO2の排出量も削減できます

テープライブラリでCO2削減

最近では地球温暖化防止の観点からCO2排出量削減で語られることが多くなった消費電力の低減。
下のグラフは、会社が日々受信するメールデータを5年間保存する場合に必要なストレージの消費電力をCO2排出量に換算して比較したものです(総容量17TB)。全てをディスク(RAID)装置に保管した場合から全てをテープライブラリ装置に保管した場合まで、5通りの試算をしています。

CO2排出量(業界6社の製品利用時平均値)グラフ
出典: JEITA テープストレージ専門委員会 CEATEC講演資料 2008年9月
(ご参考: JEITAテープストレージ専門委員会

SAS-HDDを使ったRAID装置に5年間保存するより、SATA-HDDを使ったRAID装置に2年間+テープライブラリに3年間(計5年間)保存した方が消費電力のCO2排出量は約1/3で済みますし、全てをテープライブラリに保存するのであれば、約1/30で済みます。(ここでは、5年の場合を例に試算していますが、各装置への保存期間は推奨するものではなく実際の運用では、データ毎に時間の経過に対応して最適な記憶装置とそれぞれの保存期間を決める必要があります。)

環境にやさしいETERNUS LT series テープライブラリ

システム機器は長期にわたり利用することが前提となっております。

その上で、他の製品と同じかそれ以上の環境への配慮が必要となってくると考えます。富士通では、創業以来、「自然と共生するものづくり」という考えのもと、環境保全を経営の最重要事項の一つと位置づけ製品開発に取り組んでおります。

テープライブラリにおいても、ETERNUS LT series テープライブラリでは、EU(European Union:欧州連合)による指令であるRoHSに準拠するなど、環境にやさしい化学物質を積極的に採用しております。

ETERNUS LT series テープライブラリ 製品ラインナップ

このように富士通では、環境にやさしい消費電力の小さなテープライブラリ製品を提供いたしております。

関連製品情報

テープバックアップTOP 高速性と互換性 セキュリティ

カタログ

関連情報

更新日:2018年12月7日
掲載日:2011年11月4日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS