Brocade 7810

Brocade 7810 概要

ストレージ統合 / SAN統合

  • ストレージ統合によるストレージ・リソースの有効活用や管理コストの削減、投資コストの最適化が実現
  • 複数システムの集中バックアップと、LANのトラフィック低減でシステムの効率化が可能
  • ポート名やWWN(World Wide Name)よるゾーン毎のアクセス制御が可能
  • 異種サーバー環境でストレージ統合を行う場合でも高度なセキュリティを確保

高性能

  • カスケードトランキング機能によりスイッチ間の高帯域リンクを実現

リソース共有

  • FCルーティング機能により、異なるSANのリソース共有が可能。共有リソース以外は独立したSANとして存在するため、万が一の障害発生時に障害範囲を局所化し、別のSANに影響が拡大することがありません。

災害対策

  • FCIPトンネリング機能で、事業継続を実現するディザスターリカバリーシステムを構築することができます。本機能は、ETERNUS DXで遠隔地の筐体間でミラーリングする場合に最適。万が一の災害時におけるデータ保全が可能
  • 転送データの圧縮により、WAN回線の効率的な利用、データ転送性能の向上を実現

容易な管理

  • Webブラウザを利用したステータスのモニタや性能の監視などが可能

SANの統合管理

  • ソフトウェアETERNUS SF Storage Cruiserにより、複雑なSANの構成管理、性能管理等を行うことが可能

Brocade 7810 仕様・諸元

転送能力・ポート数

モデル名Brocade 7810
転送能力FC32Gbit/s, 16Gbit/s, 8Gbit/s, 4Gbit/s(全二重)
GbE(FCIP)10Gbit/s, 1Gbit/s(全二重)
総スループット最大384Gbit/s
アーキテクチャーノンブロッキング共用メモリスイッチ
レイテンシー(注1900ns
最大フレームサイズFC2,112バイト
GbE(FCIP)9,216バイト
サービスクラスクラス2、3、F
メディアタイプFC(SWL)(注2SFP+(16Gbit/s, 8Gbit/s, 4Gbit/sサポート)
SFP+(32Gbit/s, 16Gbit/s, 8Gbit/sサポート)
FC(LWL)(注2SFP+(16Gbit/s, 8Gbit/s, 4Gbit/sサポート)
SFP+(32Gbit/s, 16Gbit/s, 8Gbit/sサポート)
GbE(USR、SR、LR)(FCIP)SFP(10Gbit/s, 1Gbit/s)
最大ポート数FC12
GbE(FCIP)6
最大接続距離FC(SWL)(注3400m(4Gbit/s)/ 190m(8Gbit/s)
125m(16Gbit/s)/ 100m(32Gbit/s)
FC(LWL)10km(32Gbit/s, 16Gbit/s)
GbE(SR)(FCIP)550m(1Gbit/s)/ 300m(10Gbit/s)
GbE(LR)(FCIP)10km(10Gbit/s, 1Gbit/s)
GbE(USR)(FCIP)100m(10Gbit/s)
外部インターフェースイーサネット(10/100/1000Base-T)
  • 注1
    接続条件により値が異なります。
  • 注2
    SWL : Short Wave Length (短波長)、LWL : Long Wave Length (長波長)
  • 注3
    接続距離はOM4ケーブル(8,16,32Gbit/s)の場合の値

ファブリックサービス

モデル名Brocade 7810
Simple Name Server
RSCN(Registered State Change Notification)
Zoning
Web Tools
カスケードトランキング (オプション)
FCルーティング (オプション)
FCIPトンネリング
アドバンスト・エクステンション (オプション)
Fabric Vision(注1)(オプション)
IPエクステンション(注2
  • 注1
    SAN性能モニタリング、Fabric Watchの機能を統合した機能です。
  • 注2
    IPストレージの遠隔地転送機能です。

設置諸元

モデル名Brocade 7810
外形寸法(W×D×H)440 × 457 × 44mm
質量8.3kg
電源条件電圧AC100~240V
相数単相
周波数50Hzまたは60Hz
最大所要電力130W
最大発熱量468kJ/h
周囲環境条件温度0~40°C
湿度10~85%RH
コンセント形状AC100V仕様NEMA 5-15
AC200V仕様NEMA L6-15

サポートサーバー/ストレージ

サポートストレージ

メーカー名 機種
富士通 ETERNUS AF series オールフラッシュアレイ
富士通 ETERNUS DX series ハイブリッドストレージシステム
富士通 ETERNUS NR1000F series ネットワークディスクアレイ
富士通 ETERNUS VT600 バーチャルテープ

設定ツール(ドライバ)&ファームウェア

設定ツール

ツール名概要
Brocade series,
ETERNUS SN200 series,
ExtremeSwitching VDX series 監視機能設定ツール
監視機能設定ツール(MIBファイル)(以下、本プログラム)は、SAN スイッチの Brocade series, ETERNUS SN200 series および コンバージドスイッチ ExtremeSwitching VDX seriesから送信されるSNMPトラップをSNMP監視ツールで翻訳するために必要なMIB(Management Information Base)ファイルであり、それ以外の用途に使用することはできません。ダウンロードは無料です。

ファームウェア

Brocade series / ExtremeSwitching VDX seriesの最新版には、追加機能のサポート、またはファームウェアの修正データが含まれています。Brocade series / ExtremeSwitching VDX seriesは弊社が提供する最新版ファームウェアを適用して使用してください。
最新版は以下のお客様専用ホームページ「SupportDesk-Web」にて提供しています。
https://eservice.fujitsu.com/supportdesk-web/
なお、適用はお客様による作業となりますが、弊社に作業をご依頼される場合は、有償にて承りますので、弊社担当営業、または販社パートナーまでお問い合わせください。

詳細写真

Brocade 7810 詳細写真

導入事例

横河電機株式会社様
[2014年7月10日掲載]

グローバルICT基盤を担う統合ストレージにETERNUS DX8700を導入
10年分のデータを蓄積、自動階層制御で運用の効率化、データ活用を促進

導入事例 一覧(バックナンバー)

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ