GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. メインフレーム向けテープ装置 ETERNUS LT80 S2 大容量テープドライブを搭載して新登場

メインフレーム向けテープ装置 ETERNUS LT80 S2
大容量テープドライブを搭載して新登場

掲載日: 2016年10月5日

メインフレーム向け ETERNUS LT80 S2 テープ装置について、大容量のLTO Ultrium5 / LTO Ultrium6 テープドライブを搭載した新モデルを販売開始しました。

大容量になったテープ容量により使用カートリッジテープの巻数削減、スペース効率化に貢献します。また、19インチラックはもちろん、デスクトップ型としての利用も可能で、柔軟な設置環境でテープ運用を支援します。

(注) カタログイメージは掲載時のものです

製品特長

柔軟な設置要件

基本モデルは、1Uのテープドライブ部と2Uのコントロールユニットで構成

  • デスクトップ(オプション)利用可能
  • 専用ラック(オプション:ETERNUS LT80 S2を最大6台搭載可能)利用可能
  • 既存の汎用ラックへ搭載可能

製品外観図

省スペース

大容量テープによりカートリッジテープの保有巻数が減少し、占有スペースを削減できます

  • LTO Ultrium6 カートリッジテープ:1巻あたり 6,250GB注1
  • LTO Ultrium5 カートリッジテープ:1巻あたり 3,000GB注2

LTO Ultrium6 との容量比較図

(注1)圧縮時(圧縮比2.5:1)の値です。
(注2)圧縮時(圧縮比2:1)の値です。
(注3)圧縮時(圧縮比3:1)の値です。

従来CMT装置互換

各ホストOS(MSP/XSP)に対応し、従来の36トラック、128トラックドライブとして見せます。
従来のソフトウェア・インターフェースを継承。

装置仕様

項目 デスクトップオプション搭載時 専用ラック搭載時
ドライブ搭載数 1 最大6
搭載ドライブ LTO Ultrium6 / LTO Ultrium5 テープドライブ
対応カートリッジ
テープ
LTO Ultrium6 / LTO Ultrium5 / LTO Ultrium4 /
LTO Ultrium3 注1 カートリッジテープ
バックアップ
容量注2
Ultrium6
(圧縮)
6,250GB/巻注3
Ultrium5
(圧縮)
3,000GB/巻注4
Ultrium4
(圧縮)
1,600GB/巻注4
ホストインターフェース OCLINK / FCLINK注5
ホストインターフェース
転送速度
OCLINK:最大17.0MB/s, FCLINK:最大8Gbit/s
外形寸法(W×D×H) 446 × 505 × 175mm(3U) 600 × 900 × 1,200mm
最大質量注6 20Kg 180Kg
最大消費電力 75W (89VA) 360W (426VA)
最大発熱量 270kJ/h 1,296kJ/h

(注1) LTO Ultrium3 カートリッジテープはLTO Ultrium5 テープドライブで使用した場合、読み取りのみ使用可能です。
(注2) 本容量は、1kByte=1000Byteとして計算した値です。なお、OSIV/XSPでは、読み取り・書き込み可能なデータブロックは400万ブロックまで、データ容量は最大128GB(400万ブロック×32kByte)となりますので、ご注意ください。
(注3) 圧縮比2.5:1の場合。
(注4) 圧縮比2:1の場合。
(注5) FCLINK接続は、GS21 2400/2600 接続のみサポート。
(注6) カートリッジテープの質量は含みません。

製品情報

ETERNUS CS800 S4 製品画像

FUJITSU Storage ETERNUS LT80 S2 テープ装置
LTO Ultrium™ テープドライブ採用のメインフレーム向けテープ装置


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS