GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ>
  5. ETERNUS VT600 バーチャルテープ のモデル名を変更

ETERNUS トピックス

2014年4月3日

ETERNUS VT600 バーチャルテープ のモデル名を変更

ディスク上で仮想的にテープ運用を行う事により、テープバッチ処理時間の大幅な短縮と設置スペースの削減を可能とする「ETERNUS VT600 バーチャルテープ」は、内部コンポーネントを一新し、モデル名も新たに2014年4月3日より販売開始いたしました。

ETERNUS VT600 バーチャルテープ 装置仕様

モデル Model 50 S4 Model 300 S4 Model 700 S4
キャビネット数 1 2
仮想ドライブ数 8 32, 48, 64 64 ~ 256
論理ボリュームサポート数 最大3,000 最大100,000 最大500,000
テープボリューム
キャッシュ容量
522GB, 923GB 618GB ~ 3.2TB 625GB ~ 15.8TB
ホストインターフェース ドライブインター
フェースタイプ
OCLINK OCLINK, FCLINK
注1
ドライブパス数 4 4, 6, 8 4 ~ 16
搭載物理
ライブラリ
サポート
物理
ドライブ
注2
LTO Ultrium4 または、 LTO Ultrium5 ドライブ
注3
テープライブラリの標準搭載なし
ETERNUS LT270 S2 テープライブラリが接続必須

(VT600接続用のETERNUS LT270 S2の詳細は、VT600の仕様・諸元を参照ください)
サポート
物理
ドライブ数
2 2, 4
物理テープ
収納巻数
17 57, 84
搭載ライブラリ数 1台
外形寸法 (W × D × H) 747 × 1,066 × 1,800mm 747 × 1,066 × 1,980mm 1,484 × 1,066 × 1,980mm 注4

(注1) FCLINK接続の場合、ETERNUS FCLINK Switch経由または、直接接続 (GS21 2400/2600 のみ)が可能
(注2) WORMタイプのカートリッジテープは使用不可
(注3) 暗号化機能は未サポート
(注4) 外形寸法には、ETERNUS LT270 S2 テープライブラリを含まず

FUJITSU Storage ETERNUS VT600 バーチャルテープ ラインナップ

製品ラインナップ図

特長

高速FCLINK(8Gbit/s)をサポート

ETERNUS VT600 Model 700 S4は、高速FCLINK(8Gbit/s)をサポートし、メインフレーム(GS21 2400/2600 接続時)との直接接続を可能にしました。

Native Export / Import機能で安価なバックアップセンター構築が可能

ETERNUS VT600は、Native Export / Import機能(オプション)により、ETERNUS LT80 S2 テープ装置と互換のあるSL形式(スタンダード・ラベル形式)でカートリッジテープへの書き出しができます。
運用サイトに設置されたETERNUS VT600からカートリッジテープに書き出したデータをETERNUS LT80 S2 テープ装置でリストアできるので、安価な災害対策システムを構築することができます。

バックエンドライブラリ ETERNUS LT270 S2の
「暗号鍵管理オプション」と連携したデータの暗号化

バックエンドライブラリ ETERNUS LT270 S2 テープライブラリの「暗号鍵管理オプション」を使用することでカートリッジテープ毎に暗号化することができます。外部排出カートリッジの紛失や盗難時の情報漏えいを防止し、データのセキュリティを強固にします。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS