GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. [重要なお知らせ] Java 7 Update 51以降, およびJava 7 Update 45の適用時のご注意

重要なお知らせ

2014年9月10日

Java 7 Update 51以降, およびJava 7 Update 45の適用時のご注意

(2版)

お客様各位
平素は、富士通製ストレージネットワーク製品(スイッチ)をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

オラクル・コーポレーションが米国時間の2014年1月14日から提供しているJava 7 Update 51およびそれ以前に提供されたJava 7 Update 45によって、Java Applet およびJava Web Start のJavaプログラムが正常に動作しなくなる事象が発生する場合があります。
つきましては、富士通製ストレージネットワーク製品の"Web Tools(Webブラウザでの装置管理機能)"を利用されている場合、サーバもしくはクライアントPCへのJava 7 Update 45およびJava 7 Update 51以降の適用を控えて頂くようお願いいたします。

なお、Java 7 Update 51の適用については、既に2月にお知らせしております。(詳細

概要

オラクル・コーポレーションの公開情報によると、Java 7 Update 45からセキュリティ要件が変更され、"公的機関の署名付JAR" 及び "Permissions" アトリビュートが、Java Applet およびJava Web Start のJavaプログラムの必須要件に変更されます。
その結果、当該要件を満たしていないJavaプログラムは、実行できなくなります。
詳細は、オラクル・コーポレーションの公開情報を参照してください。

「Java Platform Group Product Management」ブログ(英文)新規ウィンドウが開きます
ブラウザのJavaコンテンツ - セキュリティの変更(和文)新規ウィンドウが開きます

影響を受ける可能性のあるストレージネットワーク機器(スイッチ)製品一覧

販売中の製品

ファイバチャネルスイッチ Brocade 6505
Brocade 6510
Brocade 6520
SANバックボーン Brocade DCX8510-4
Brocade DCX8510-8
エクステンションスイッチ Brocade 7800
ファイバチャネルスイッチ
ETERNUS SN200 series
SN200 モデル140
SN200 モデル600

販売を終息した製品

ファイバチャネルスイッチ
ETERNUS SN200 series
SN200 モデル10
SN200 モデル20
SN200 モデル30
SN200 モデル40
SN200 モデル120
SN200 モデル210
SN200 モデル220
SN200 モデル230
SN200 モデル240
SN200 モデル250M
SN200 モデル280
SN200 モデル320
SN200 モデル340
SN200 モデル430
SN200 モデル450M
SN200 モデル480
SN200 モデル485
SN200 モデル490
SN200 モデル540
SN200 モデル540搭載バーチャリゼーションブレード
SN200 モデル630
SN200 モデル660
SANバックボーン Brocade DCX
Brocade DCX-4S
コンバージドスイッチ Brocade 8000

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS