GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. メインフレーム向け テープ装置 FUJITSU Storage ETERNUS LT80 S2 販売開始

ETERNUS トピックス

2013年12月17日

メインフレーム向け テープ装置
FUJITSU Storage ETERNUS LT80 S2 販売開始

メインフレーム向け ETERNUS LT80 の後継となる、「FUJITSU Storage ETERNUS LT80 S2 テープ装置」の販売を開始しました。
ETERNUS LT80の後継機のETERNUS LT80 S2は、1Uのテープドライブ部と2Uのコントローラーユニット部にて構成し、専用のデスクトップオプションや最大3台まで搭載できる専用ラックに搭載するができます。

LT80 S2の装置概要

ETERNUS LT80 テープ装置の後継及びCMT装置の代替機

  • 従来装置とソフト的な互換を保ち、お客様のJCL等の変更無しで運用が可能

オプション選択によるデスクトップ及びラックマウントの提供

  • 基本モデルは、1Uのテープドライブ部と2Uのコントロールユニットで構成
  • オプションで専用ラック(ETERNUS LT80 S2を3台搭載可能)を提供
  • 既存の汎用ラックへの搭載も可能

大容量テープによるカートリッジテープの巻数削減

  • 36トラックカートリッジテープ: 1巻あたり 2.4GB注1
  • LTO カートリッジテープ : 1巻あたり 1,600GB注1

(注1) データ圧縮の値、LTO カートリッジテープはUltrium4 カートリッジテープ使用時
36トラックカートリッジ 666巻 ⇒ LTO Ultrium4 カートリッジテープ 1巻

設置スペースの削減

  • 装置本体の小型化、また保存カートリッジテープ数の削減により、センターの占有スペースを削減できます。

装置仕様

項目 デスクトップオプション搭載時 専用ラック搭載時
ドライブ搭載数 1 最大3
搭載ドライブ LTO Ultrium4 ハーフハイトテープドライブ
対応カートリッジテープ LTO Ultrium4 / LTO Ultrium3 / LTO Ultrium2注1
カートリッジテープ
バックアップ容量注2 Ultrium4
(圧縮)
1,600GB/巻注3
Ultrium3
(圧縮)
800GB/巻注3
ホストインターフェース OCLINK
ホストインターフェース転送速度 最大17.0MB/秒
外形寸法 (W × D × H) 444 × 505 × 175mm (3U) 600 × 900 × 1,200 mm
最大質量 注4 18 kg 200 kg
最大消費電力 120W (142VA) 360W (426VA)
最大発熱量 432kJ/h 1,296kJ/h

(注1) LTO Ultrium2 カートリッジテープはLTO Ultrium4 テープドライブで使用した場合、読み取りのみ使用可能です。
(注2) 本容量は、1kByte=1000Byteとして計算した値です。なお、OSIV/XSPでは、読み取り・書き込み可能なデータブロックは400万ブロックまで、データ容量は最大128GB(400万ブロック×32kByte)となりますので、ご注意ください。
(注3) 2 : 1圧縮時の値です。
(注4) カートリッジテープの質量は含みません。

装置外観

ETERNUS LT80 S2 デスクトップオプション搭載時/専用ラック搭載時 外観図

製品情報

ETERNUS CS800 S4 製品画像

FUJITSU Storage ETERNUS LT80 S2 テープ装置
LTO Ultrium™ テープドライブ採用のメインフレーム向けテープ装置

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS