GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ>
  5. ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス 新登場

ETERNUS トピックス

2012年12月12日

ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス 新登場

バックアップおよびリモートサイト間のデータレプリケーションにおいて、ストレージ領域の効率的利用とコスト軽減を実現する「ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス」を12月12日より販売を開始しました。

「ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス」は、データ重複排除機能により、年々逼迫するネットワーク環境におけるスループット性能を向上するとともに、バックアップにおけるストレージ領域の効率的利用とコスト軽減およびリモートサイト間のデータレプリケーションの低コスト化を実現します。

製品ラインナップ

安価でコストパフォーマンスに優れた「ETERNUS CS800 S4 Entryモデル」と大規模な統合バックアップに対応する「ETERNUS CS800 S4 Scaleモデル」の2モデルを提供します。
Entryモデルでは、お客様のシステム環境に応じ、4.8TB構成と9.8TB構成から選択が可能です。
Scaleモデルでは、最小構成16TBと最小構成24TBから選択でき、お客様の業務拡大に応じて容量拡張が可能です注1。さらに、オプション提供によりホットスペアディスクの搭載が可能となり、より可用性の高いシステム構築を実現します。
なお、サポートする機能は全て標準搭載しており、追加オプションを購入することなく利用可能です。

(注1)16TB構成の場合は16TB 毎に最大1,600TB、24TB構成の場合は、24TB毎に 最大2,400TBまで拡張が可能です。

ETERNUS CS800 S4 製品ラインナップ比較表

()内の数値は、論理容量です

ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス 製品仕様

モデル Entryモデル
(4.8TB)
Entryモデル
(9.8TB)
Scaleモデル
(基本16TB構成)
Scaleモデル
(基本24TB構成)
外観 ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス Entryモデル 外観 ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス Scaleモデル 外観
対応ネットワークプロトコル NFS, CIFS, OST
論理容量
注1
4.8TB 9.8TB 16 ~ 160TB 24 ~ 240TB
期待容量
注1 注2
48TB 98TB 160~1,600TB 240~2,400TB
ネットワーク
インターフェース
10GBASE-SR, 10/100/1000BASE-T
データ重複排除方式 インライン方式、プリ・プロセス方式注3

(注1)本容量は、1kByte=1,000Byteとして、RAID6にてフォーマットした容量です。お客様の使用可能容量は使用環境によって異なります。

(注2)一般的な企業データを毎週フルバックアップ、毎日差分バックアップし、重複排除 / データ圧縮により書き込める平均的容量です。

(注3) プリ・プロセス方式は、 SPEED機能を適用することで使用可能です。

特長

重複排除 / 圧縮

ETERNUS CS800 S4は、データの重複排除と圧縮により、低コストで高速なディスクバックアップを実現するデデュープアプライアンスです。新たに書き込むデータとディスク上のデータにおいて、可変長のブロック単位で自動的に重複排除を行います。重複部分を除いた新規データのみ圧縮保存することで、保存データ量を90%以上削減可能です注2

テープバックアップと比べて、ディスクベースの高速処理でバックアップ / リカバリー時間を短縮すると共に、RAIDによるデータ保護やテープのメディアエラー解消により可用性を向上します。また、複数システムの統合バックアップに対応し、ストレージ集約によるTCO削減を実現します。

(注2) 一般的な企業データを毎週フルバックアップ、毎日差分バックアップした場合の削減率です。

重複排除 / 圧縮 の概要図

高速データ転送

高速なデータ通信を実現する10ギガビット・イーサネットをサポート(オプション)。また、フレーム注3サイズを標準規格より大きくするジャンボ・フレームに対応し、一度により多くのデータ転送が可能です。これらにより、増加するバックアップデータの効率的な転送を実現します。

さらに、 SPEED機能注4を適用することで、ETERNUS CS800 S4の装置内部で行っていた重複排除 / 圧縮処理をバックアップサーバ上で実行可能。重複部分を除いた新規データのみ圧縮して転送するため、ネットワーク上の帯域幅を有効活用でき、帯域幅の逼迫したネットワーク環境におけるスループット性能を向上します。

(注3) イーサネットでデータを通信する際のデータ分割単位。標準規格の最大転送単位は約1,500byte。

(注4) 標準提供のプラグインをバックアップサーバに適用することで使用可能です。

製品情報

ETERNUS CS800 S4 製品画像重複排除技術の活用により、効率的なバックアップ運用を実現
ETERNUS CS800 S4 デデュープアプライアンス

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS