GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ>
  5. デザイン一新!!「ETERNUS CS バーチャルテープ」 新登場

ETERNUS トピックス

2012年9月14日

デザイン一新!!
「ETERNUS CS バーチャルテープ」 新登場

基幹IA/UNIX/PCサーバ環境でのテープ運用をディスク上で仮想的に行う「ETERNUS CS バーチャルテープ」が内部コンポーネントを一新し、デザインも新たに2012年9月14日より販売開始しました。

ETERNUS CS500, ETERNUS CS1000 は、接続物理テープライブラリをETERNUS LT60 S2, LT250, LT270の3種から選択することができます。
ETERNUS CS2000は、ETERNUS LT270を接続することができます。

ETERNUS CS バーチャルテープ ラインナップ

仮想テープ技術

ETERNUS CS バーチャルテープは、ディスク上でテープ運用を仮想化し、テープバックアップと同じ運用で、ディスクベースの高速処理を実現します。
主要なテープドライブフォーマットとバックアップソフトウェアをサポートし、テープフォーマットでディスクに対して読み書きを実行します。RAIDボリュームの複数ディスクにI/O負荷が分散されるため、高速なバックアップ・リストアが可能です。また、装置内に最大256台注1の仮想ドライブを定義でき、1つのFCインターフェースに複数ドライブを割り当て、並列処理を実行できます。これにより、ディスクストレージと同様に、最大8Gbit/s FCインターフェースの転送速度を最大限に活用した高速処理を実現します。

(注1) CS2000の場合

ETERNUS CS バーチャルテープ 装置仕様

モデル CS500 CS500DL CS1000 CS2000
キャビネット数 1 2~3
仮想ドライブ数 注1 32~64 64~256
論理ボリュームサポート数 注1 最大300,000 最大500,000
テープボリューム・キャッシュ容量 4.9~49.9TB 11.0~212.6TB 4.9~49.9TB 9.8~159.6TB
ホスト
インターフェース
インターフェース
タイプ
ファイバチャネル(最大8Gbit/s)
インターフェース数 4~8 注2 4~16
接続可能テープライブラリ バックエンドテープライブラリ注3 ETERNUS LT60 S2
ETERNUS LT250
ETERNUS LT270
- ETERNUS LT60 S2
ETERNUS LT250
ETERNUS LT270
ETERNUS LT270
サポート物理ドライブ種注4 LTO Ultrium4
LTO Ultrium5 テープドライブ
LTO Ultrium4
LTO Ultrium5 テープドライブ
接続可能
台数
1 2 マルチ
外形寸法(W×D×H) 700 x 1,075 x 1,800 mm 2,100 x 1,075 x 2,008 mm 注5

(注1)バックアップソフトウェアにより使用可能数が異なります、またCS500DLは搭載されるTVC容量にも依存します。

(注2)ホストパスと物理ドライブパスはスロットを共有するので、ホストパス数によってドライブパスの最大数が決まります。

(注3)CS500DL以外はバックエンドのテープライブラリは必須(別途手配が必要)。LT60 S2のみTVC容量によってはラック搭載が可能。

(注4)WORM カートリッジテープは使用不可

(注5)キャビネット×3台で、テープボリュームキャッシュ容量が最大構成時の値。バックエンドライブラリを含まず。

特長

テープバックアップ運用をディスクベースで実現

ディスク上でテープ運用を仮想化しバックアップサーバからは、テープライブラリとして認識されます。
主要なテープドライブフォーマットとバックアップソフトウェアをサポートし、テープフォーマットでディスクに対して読み書きを実行します。データを保存するのはディスクですが、バックアップサーバに対してはテープライブラリとして認識させるので、従来のテープライブラリと同様の運用が可能です。

主要コンポーネントの二重化

制御プロセッサや電源、ファン等の主要コンポーネントを二重化しています。一方のコンポーネントが故障した場合でも片系運転が可能で、保存されたデータへのアクセスを継続します。

バックエンドテープライブラリ の「暗号鍵管理オプション」と連携したデータの暗号化注2

バックエンドのETERNUS LT270, LT250 テープライブラリの「暗号鍵管理オプション」を使用することでカートリッジテープ毎に暗号化することができます。
外部排出カートリッジの紛失や盗難時の情報漏えいを防止し、データのセキュリティを強固にします。

(注2) バックエンドにETERNUS LT250 テープライブラリまたは、ETERNUS LT270 テープライブラリ を接続した場合

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS