GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ETERNUS トピックス

2010年5月12日

ETERNUS SF Express 新登場

コンプライアンスやビジネスリスクへの対応が重要視される今日、企業の保有するデータは極めて重要なものになり、かつ、増大の一途を辿っています。このような中で、中小規模システムにおいても、高信頼なストレージを導入したいというニーズは高まっています。
しかし、ストレージシステムを導入・運用するためには、専門知識を持つ専任の運用管理者が必要となるなど、これまでストレージを利用していなかった中小規模システムにとってはハードルが高いと考えられがちでした。

富士通は中小規模システムにおけるストレージ導入のニーズに応え、外付けディスクアレイの導入経験がない方でも、簡単にETERNUS DX60/DX80/DX90ディスクアレイの導入・運用ができるソフトウェア「ETERNUS SF Express」(Windows版)の販売を2010年5月12日より開始いたしました。

「ETERNUS SF Express」は、従来から提供している「ETERNUS SF Quick Starter」の後継製品として、ウィザードによる簡単設定、Disk to Diskの筐体内コピーだけなく、さらにETERNUS DX90でサポートした筐体間のリモートコピー機能にも対応し、災害対策を実現します。

ETERNUS SF Express 主な特長

Point1:かんたん導入・増設

  • 外付けストレージ導入経験がなくても、簡単にストレージの導入・構成変更が可能
    • 目的別ウィザードで構成変更も簡単
    • サーバ単位に現在の構成を確認可能

Point2:かんたん運用

  • 管理画面から「もの」と「やりたいこと」を選ぶだけで簡単に操作可能
    • 作業対象と作業項目が並んでいるメニューから選ぶだけの簡単操作
    • サーバ(業務)単位にストレージの状態把握が可能
  • 業務への影響を極小化したバックアップ運用を実現
    • データ量に依存せず数分の業務停止でバックアップ・リストアが可能
  • 省電力バックアップ運用を実現
    • バックアップ未使用時にバックアップディスクの自動回転停止

Point3:かんたんトラブル対応

  • トラブルが発生しても迅速に対処方法を把握可能
    • 装置監視とメールイベント通知による問題の早期検出
    • メッセージをクリックするだけでトラブルの対処方法をポップアップ表示

ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS