GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 特集記事 >
  8. 徹底解説 >
  9. 最長10年の安定稼動を支える、長期サポート

最長10年の安定稼動を支える、長期サポート


関連製品:SPARC M10-1, M10-4, M10-4S
SPARC M12-1, M12-2, M12-2S


SPARC Serversでは出荷後最長10年間の長期サポートを提供します。

ミッションクリティカル領域に求められる長期安定稼動

オペレーティング環境として国際標準UNIX OSである「Oracle Solaris」を採用し、メインフレームで培った技術を継承した高信頼、高性能な富士通のUNIXサーバは、世界中のビジネスに活用され、社会のライフラインを支えています。

このような業務停止が許されないミッションクリティカルなシステムでは、長期間の安定稼動が求められる場合があります。

富士通のUNIXサーバでは、出荷後最長10年間の長期サポートを提供します。お客様のビジネスプランに合わせて保守期間を決めることができ、システム設計における選択の幅が広がります。

SPARC/Solarisサーバが提供する長期サポート

投資したシステムは、なるべく長く使いたい。そして、構築したシステムを多大なコストをかけて移行することは、なるべく避けたい。 SPARC/Solarisサーバでは、このような課題を解決するために、お客様のシステムを極力変更せずに、長期間使い続けることを可能にします。

10年間のハードウェア保守を実施

当社のプラットフォームは標準保守期間が5年間に設定されています。注1

長期サポート対象ハードウェアと、運用・保守サービス「SupportDesk Standard(長期サポート対応商品)」を選択いただくことで、出荷後最長10年間保守サポートを提供します。(図中(1))

Solarisのバイナリ互換性によるサーバ、OS、ミドルまで含めた長期利用の実現

Solarisは、長期にわたり、バージョン間でのバイナリ互換性が保証されています。再コンパイルすることなく、以前のSolaris版数で稼働するアプリケーションを変更することなく、そのまま使用することができます。
古いOSで開発したアプリケーションのバイナリは最新のOSでも動作しますが、最新OSで廃止された関数やコマンドをアプリケーションで使用していないか確認が必要です。
ハードウェアであるサーバだけでなく、OSやミドルウェアも含めて、長期間の利用が可能です。 (図中(2))

サーバ、OS、ミドルウェアまで含めた長期利用の実現
出典:Oracle ライフタイム・サポート

注1:Support Deskの契約が必須となります。