GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 特集記事 >
  8. 徹底解説 >
  9. SPARC64 プロセッサの歴史とロードマップ

SPARC64 プロセッサの歴史とロードマップ


関連製品:SPARC M10-1, M10-4, M10-4S
SPARC M12-1, M12-2, M12-2S


SPARC64 プロセッサの歴史

当社は、1998年にメインフレームの信頼性を継承したSPARC64™ プロセッサ「SPARC64 GP」を開発し、そのプロセッサを搭載したGP7000Fファミリーを発表しました。

2002年には、性能と信頼性をさらに強化した「SPARC64 V」プロセッサを搭載したPRIMEPOWERを発表しました。SPARC64 VおよびPRIMEPOWERは、日本だけではなく、全世界で販売され、グローバルなプラットフォームに成長しました。

2007年以降、SPARC Enterpriseに「SPARC64 VI、SPARC64 VII、SPARC64 VII+」を順次搭載し、マルチコア・マルチスレッド技術を進化させていきました。

2013年には、オラクル・コーポレーションとの協業や当社スーパーコンピュータ技術により開発した革新的テクノロジー「Software on Chip」を実装したプロセッサ「SPARC64 X+、SPARC64 X」を搭載するSPARC M10 を発表しました。

そして、最新UNIXサーバ SPARC M12では、SPARC64プロセッサとして初の4GHzを超える「SPARC64 XII」プロセッサを搭載。革新的テクノロジー「Software on Chip」をさらに強化し、スループット性能を格段に向上させています。

さらなる高速化とメインフレームクラスの信頼性を実現し、ビッグデータ時代に最適なプラットフォームを支えています。

SPARC64 プロセッサのロードマップ

富士通は、歴代SPARC64プロセッサの先端技術を継承しつつ、さらなる高速性、高信頼性を追求し開発しています。

SPARC64は高性能・高信頼なプロセッサです。当社は今後もSPARC64プロセッサを開発し、お客様のシステムに最適なプラットフォームを提供いたします。

進化を続けるSPARC Servers 富士通 UNIXサーバ ロードマップ