GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SPARC M10への移行のススメ

 

移行のススメ コストパフォーマンス 他社優位性 SPARC M10の仕様 事業継続性 Linux化を考えている方へ お客様の声 お問い合わせ

サポート

SPARC M10を採用されたお客様の声 既存システム(SPARC Enterprise M4000)において、富士通のきめ細かな対応や、サポートデスクを含めた保守体制など、これまでの実績に基づく信頼も採用を後押ししました。

問合せ窓口 1つ
  • ワンストップサポート
    ハードウェア障害からソフトウェア・トラブル、Q&Aなど、すべて「富士通サポートセンター(One-stop Solution Center)」がワンストップで、日本語にて対応します。システムを構成する広範囲な製品群を、当社認定制度「ITライセンス」に認定された専門エンジニアが迅速で的確にサポートします。富士通製品だけでなく、マルチベンダサポートも可能です。
到着まで2時間
  • サービスエンジニアの到着まで2時間
    全国のサービス拠点と連携し、業界最高水準のオンサイト修理を実現しています。影響度が高い障害については、お客様にお問合わせいただいてから2時間以内にサービスエンジニアがお客様先へ伺います。(一部例外地域あり)
サーバ・ストレージ 300台
  • 実機体験やデモンストレーションも可能
    お客様ビジネスの課題解決に役立つプラットフォーム製品を取り揃え、富士通のスペシャリストがお客様のビジネスに最適なシステムの構築をサポートします。
    実機体験やデモンストレーション、最新サーバ・ストレージによるシステム検証など、さまざまなご要望にお応えします。
長期稼働 10年
  • SPARC/Solarisなら、長く使い続けられる
    長期サポートに対応しているSPARC M10は、最長10年間の長期サポートを保障します。Oracle社のライフタイム・サポート組み合わせることで、Oracle Solaris や Oracle Database も含め、システム全体を長期にわたり、安心してお使いいただけます。

サーバ、OS、ミドルウェアまで含めた長期利用の実現
出典:Oracle ライフタイム・サポート

協業 30年
  • 今後の開発計画
    富士通とオラクル・コーポレーション(旧Sun Microsystems社)は、約30年にわたる協働関係を通じ、UNIXサーバの開発に携わっています。現在では、さらに強固な共同開発体制を築き、 ハードウェア/ソフトウェアの垣根を越えたサーバ開発が行われています。

富士通 UNIXサーバ SPARC Serversロードマップ

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)