GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. イベント >
  8. 2013年>
  9. COOL Chips XVIでSPARC64 X プロセッサについて講演!

COOL Chips XVIでSPARC64 X プロセッサについて講演!

 

Cool Chips XVI 富士通講演レポート。SPARC64™X プロセッサご紹介

2013年4月30日

富士通は、高速プロセッサの低消費電力化の進歩等に関する国際シンポジウムであるCOOL Chips XVI(16)において、SPARC64™Xプロセッサについて発表しました。COOL Chipsは、1998年から開始され、今年で16回目を迎えます。

イベント概要・当社講演

COOL Chips XVI
開催日 2013年4月17日(水曜日)~4月19日(金曜日)
開催場所 横浜情報文化センター
主催 米IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)
公式Webサイト COOL Chips新規ウィンドウが開きます
富士通講演テーマ SPARC64™ X: Fujitsu's New Generation 16 Core Processor for UNIX servers
富士通講演者 富士通 次世代テクニカルコンピューティング開発本部
LSI開発統括部 シニアマネージャー 吉田 利雄

講演者からのコメント

当社は「SPARC64™ X: Fujitsu's New Generation 16 Core Processor for UNIX servers(UNIXサーバに向けた富士通の新世代16コアプロセッサ)」という題目で、最新SPARCプロセッサ「SPARC64 X」の発表を行いました。

発表内容は、「SPARC64 X」での設計コンセプト(スーパーコンピュータ「京」で培った技術とUNIX用プロセッサ技術の融合)、プロセッサチップ概要、マイクロアーキテクチャ、信頼性、性能、新たに開発した Software On Chip技術とその効果について言及しました。

またパネルディスカッション「The Next Step in Processor Evolution(プロセッサの進化における次のステップ)」ではパネラーとして参加し、今後のプロセッサとしての方向について同業他社の方、多くの聴講者の方と議論してきました。

発表後のQ&A、また休憩や食事の時間などでは国内外の同業他社から多くのご質問をいただき、富士通のプロセッサ技術に対する関心の高さを実感しています。

今後もプロセッサ開発チーム一同、プロセッサの技術革新に取り組んでまいります。

富士通 次世代テクニカルコンピューティング開発本部
LSI開発統括部 シニアマネージャー 吉田 利雄

発表資料

SPARC64™ X: Fujitsu's New Generation 16 Core Processor for UNIX servers (1.25 MB )

メディアレポート


(注)京は理化学研究所の登録商標です。

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)