GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Windows TIPS

当社では、Windows Server とサーバを組み合わせ、お客様へどのような新しい価値を提供できるのか、お客様の悩みをどれだけ解決できるのか、検討や検証を行っています。以下に、様々な検証を通して得た体験談、気付きやノウハウなどを定期的に公開しています。

Windows Server 2016 Technical Preview版 移行・導入・運用の豆情報

マイクロソフト社よりMicrosoft® Windows Server® 2016の評価ビルドであるTechnical Preview 2が2015年5月上旬に公開されました。富士通では先行してFUJITSU Server PRIMERGYとFUJITSU Storage ETERNUSを用いたWindows Server 2016の評価を進めています。
各種検証を通して得た気づきやノウハウを、豆情報としてご紹介します。

Windows Server 2016 Technical Preview 版

Windows Server 2016 Technical Preview版 評価可能機種情報

以下の機種は、Windows ハードウェア 互換性 プログラムである "Compatible with Windows Server 2016 logo" を取得済みです。Windows Serverは開発中のため、これらの機種のサポートについては変更される可能性があります。

機種 ロゴ取得
RX2530 M1
RX2540 M1
RX4770 M2
CX2550 M1

なお、FUJITSU Storage ETERNUS DX series も "Compatible with Windows Server 2016 logo" を取得済みです。詳細は、Windows Server Catalog(マイクロソフト社) を参照してください。

注 お客様の責任のもとご利用ください。また、Windows Server 2016 に関するお問い合わせには対応できません。

Windows Server 2012 R2 移行・導入・運用の豆情報

Windows Server 2012 R2 の各種検証を通して得た気づきやノウハウを、豆情報としてご紹介します。

Windows Server 2012 R2 RTM版

Windows Server 2012 R2 Preview版

お客様ビジネスを支えるWindows Server と富士通の最先端技術

お客様の新しいビジネスを支えるICT基盤を提供するために、当社は最先端技術を取り入れた製品を開発し続けています。
ここでは、Windows Server 機能を活かす当社製品のテクノロジーをご紹介します。

サーバ

Windows Server は、小規模から大規模のビジネスに対応したOSです。ここでは、初めて導入するサーバのOSとして最適な「Windows Server 2012 Essentials」と、ビジネス拡大に柔軟に対応可能で拡張性の高いWindows Server 2012の新しいファイルサーバ機能、および、それに対応したバックアップソフトウェアなどについてご紹介します。

ストレージ

Windows Server は、高信頼・高性能なストレージ機能を提供します。ここではそのストレージ機能についてご紹介するとともに、クラウドにおける仮想マシンの高速展開を可能にする管理ソフトウェアなど、ストレージに関するテクノロジーをご紹介します。

ネットワーク

Windows Server は、仮想・クラウド環境におけるネットワーク機能を強化しています。ここでは、ネットワーク性能を向上するSR-IOV(Single Root I/O Virtualization)と、ネットワークの簡単な接続管理と帯域幅の確保を実現するテクノロジーなどをご紹介します。

Windows Server 2012 移行・導入・運用の豆情報

Windows Server 2012 の各種検証を通して得た気づきやノウハウを、豆情報としてご紹介します。

Windows Server 2012 Beta/RC 版

Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2008 R2 SP1 各Beta版
移行・導入・運用の豆情報

Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 / Windows Server 2008 R2 SP1の各Beta版の各種検証を通して得た気付きやノウハウを、豆情報としてご紹介します。

Windows Server 2008 R2 SP1 Beta版

Windows Server 2008 R2 Beta版

Windows Server 2008 Beta版

NAP検証!~Windows Server 2003 Active Directory環境で実現するNAP~

Windows Server 2008にはNetwork Access Protection (NAP) が標準で搭載されています。NAPの構成としてDHCPのケースを例に紹介します。

NAP検証!~Windows Server 2003 Active Directory環境で実現するNAP~(1.32MB)

部門サーバのWindows Server 2008への移行

当社Windows関連部門では、実際に運用している部門サーバをWindows Server 2008へ移行しています。
このサーバ移行は、Windows Server 2008を導入する際のノウハウを事前に蓄積し、お客様へ確かな移行支援ができることを目標としています。
ここでは部門サーバ移行で直面した体験談をご紹介します。

ITインフラ最適化のメリット

PRIMERGY の高性能と、Windows Server 2008の最新テクノロジーによるITインフラ最適化のメリットをご紹介いたします。

大幅コスト削減

Windows Server 2008の仮想化技術【Hyper-V】により、多数サーバを数台のサーバに統合。
サーバ数を減らすことで、運用管理費の削減。さらに、最新PRIMERGYによるスペースや消費電力の削減。
相乗効果で大幅なコスト削減が実現。

生産性の向上

サクサク動き、スイスイはかどる。
PRIMERGYの高性能とWindows Server 2008【Server Core】により、最小のコンポーネントで最適構成を実現。【Robocopy】による安心ファイル操作で性能アップ。ビジネス生産性の向上が図れます。

安心のセキュリティ

Windows Server 2008で強化されたActive Directory(AD)で安心の認証基盤を構築。ID管理とアクセス制御で、内部統制を強化!
Windows Server 2008の【Network Access Protection(NAP)】機能により、セキュリティレベルの低いPCは社内ネットワークへの接続を防止。


FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-WW229Q