15年ぶりのWリーグ優勝を狙う富士通レッドウェーブ

目次
  1. 間もなく開幕!悲願のWリーグ優勝に向けて戦っています
  2. #3岡田英里選手、#14田中真美子選手からメッセージが届きました

間もなく開幕!悲願のWリーグ優勝に向けて戦っています

日本女子バスケットボールのトップリーグである「第24回Wリーグ」が、2022年10月21日に開幕します。昨シーズンは、6年ぶりのファイナル進出を決めて準優勝で幕を閉じた富士通レッドウェーブ(以下、レッドウェーブ)、15年ぶりの優勝に向けて2022ー2023シーズンをスタートしています。

若手選手の成長が必須となる今シーズン、新加入の#17山下詩織選手(関東・信越総務部)、アイシン ウィングスから移籍加入の#27江良萌香選手(企業スポーツ推進室)を加えた総勢13人で悲願のリーグ優勝に向けて戦っています。
現在、東京2020オリンピックの歴史的な銀メダル獲得で注目をあびた、#52宮澤夕貴選手(企業スポーツ推進室)と#99オコエ桃仁花選手(企業スポーツ推進室)は、9月に行われるFIBA女子バスケットボールワールドカップ2022の日本代表メンバーに選出され、#10町田瑠唯選手(CHRO室)は8月末まで世界のトップアスリートが集結するWNBA「ワシントン・ミスティクス」 に所属し活躍してきました。

第24回Wリーグ開幕前の交流戦として7月中旬に行われた「Wリーグサマーキャンプ2022 in高崎」では、上記主力選手が不在の中、レッドウェーブらしい強固なディフェンスから速いバスケットを展開し2連勝。

7月16日の鶴屋百貨店戦
7月17日のENEOS戦

また、9月2日から行われた「Wリーグオータムカップ2022 in高崎」でも、プレシーズンの取り組みが実を結び、第23回Wリーグのファイナルで惜しくも敗れたトヨタ自動車に勝利、その後もアイシン、デンソーを撃破しブロック優勝をしました。

Wリーグオータムカップ
(左)#3岡田英里選手 (右)#14田中真美子選手
Wリーグオータムカップ
出場選手

#3岡田英里選手、#14田中真美子選手からメッセージが届きました

プレシーズン全勝中の富士通レッドウェーブ。シューティングガードとしてディフェンスを切り崩すドライブと3ポイントシュートが持ち味の岡田英里選手(ER統括部)と、パワーフォワードでゴール下から3ポイントシュートまで幅広いプレーでチームを支える田中真美子選手(エグゼ・サポート部)から、メッセージが届きました。Wリーグ優勝へ向けた意気込みを語ります。

(左)#3岡田英里選手、(右)#14田中真美子選手

レッドウェーブは、第24回Wリーグ優勝へ向けて日々練習に励んでいます。ぜひ、今シーズンも応援よろしくお願いします!

第24回Wリーグ開幕戦

10月21日(金)19:00トスアップ
vs東京羽田ヴィッキーズ 会場:大田区総合体育館

練習風景

ページの先頭へ