GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年 >
  4. 松本信用金庫様にて複数の認証を組み合わせた高度なセキュリティシステムを展開

PRESS RELEASE

2009年12月9日
株式会社富士通エフサス

松本信用金庫様にて複数の認証を組み合わせた
高度なセキュリティシステムを展開

入退室とPCログイン、利用者ID管理を連動させたセキュリティ強化

当社は、松本信用金庫様(本店:長野県松本市、理事長:安藤博仁)に、セキュリティゾーン入室時の本人認証とPCログイン認証を組み合わせた高度なセキュリティシステムを構築し、このほど本部のシステム部門にて本システムが稼働致しました。

本システムは、当社のID管理システム「IDリンク・マネージャー」(注1)を中心に構築したものです。正しい入室手順を経た利用者だけがPCを利用できるようになり、入室権限を持たない利用者のPC操作防止、入室記録の徹底、セキュリティゾーン以外でのPC利用抑止を実現できます。

金融業界では内部統制の強化に向け、各システムに必要な利用者IDの管理改善が進んでおりますが、松本信用金庫様ではさらに、各システムの利用者IDの認証を組み合わせたことで、より高度なセキュリティシステムが確立されました。

松本信用金庫様が導入されたセキュリティシステムは以下の通りです。

  • 入退室とPCログインのそれぞれの認証は、1枚のICカードで利用が可能。
  • 入室・退室時の認証に必要となるICカードが職員証を兼ねていることで、利用者がICカードを必然的に常時携帯することになり、PCにICカードを置き忘れたまま第三者に利用されることを抑止。
  • 入退室管理システムとPCログイン認証システムの連動により、入室履歴にひも付けてPCの利用を許可する仕組みとなり、入室履歴の徹底、セキュリティゾーン以外でのPC利用抑止などを実現。
  • 各セキュリティゾーンのセキュリティレベルに合わせ、入退室管理は手のひら静脈認証、ICカード認証から選択でき、利用者の確実な本人確認と利便性の向上に配慮。

松本信用金庫様 システムイメージ

松本信用金庫様では、「地域社会の要請に応え、地域金融機関としての使命と責任を自覚し、常に地元とともに栄え、豊かな明るい街づくりに奉仕する」を基本理念とし、地域社会の一員としてお客さまのお役に立てる金融機関となるよう、積極的な活動の展開により、さらに健全かつ強固な経営基盤の構築を目指されています。

お客さまに安心してお取引いただくために、事務リスクとシステムリスクについては特に重要なリスクであると認識され、このたび、保有する情報とその情報を保護するシステムについて、適切な管理体制を整備するという基本方針のもと、最も高い情報の機密性を必要とする本部のシステム部門からセキュリティシステムを展開されることになりました。

今回の当社システムの採用は、入退室管理システムを中心にして複数システムを組み合わせて幅広くセキュリティ対策を展開できる点が評価されたものです。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連ホームページ

「IDリンク・マネージャー」

注釈

(注1)「IDリンク・マネージャー」:内部統制への対応で重要となるアクセスコントロール強化に向け、マイクロソフト社のActive Directoryと連携し、入退室管理システムや手のひら静脈・ICカードによるPCログイン認証システムの利用者IDを4,000件まで一元管理するパッケージソフト。 標準価格:100万円。

※本年開催されたInterop Tokyo 2009の「Best of Show Award」で特別賞を受賞しました。

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
経営企画室
icon-mail お問い合わせ

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
サービスビジネス本部 販売推進統括部
icon-telephone 0120-860-242(直通)
受付時間:9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始、当社指定休日を除く)
icon-form お問い合わせ

GTM-KJ2442