GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ベッドサイドシステム

本製品は販売を終了いたしました。

医療用ベッドサイドシステム。TVと医療情報端末を一体化。

製品概要

医療スタッフがベッドサイド端末を用い、電子カルテとの照合を行うことで、医療ミスを防止することができます。 また、患者さんはベッドサイド端末を使い、自分の検査結果や診療状況を確認したり、病院情報やテレビを見ることができるため、病院生活のアメニティ向上につながります。

カタログ・ダウンロード

主な特長

電子カルテシステムとの連携

ICカードによる個人認証、患者・医療スタッフの認証、バーコードによる実施照合(医療過誤防止)、バイタル(脈拍・呼吸・血圧・体温など)データ入力、インフォームドコンセント、くすり情報表示、等。

患者アメニティの向上

院内案内、食事選択、一般TV放送受信、インターネット・メールサービス、TV電話、有料コンテンツ(映画・ゲーム)、ICカードによる課金。

バイタル結果参照画面例

食事選択画面例

導入のメリット

病室設置イメージ

診療情報を通じて、病院と患者さんの相互コミュニケーションを実現します。

患者さんのメリット

  • 正確な診療情報をリアルタイムに閲覧。 (診療スケジュールなど)
  • 積極的な医療への参加。
  • ベッドサイド端末から食事の選択が可能。
  • ベッドサイド端末にて欲しい商品を注文可能。

病院のメリット

  • 患者さんに対するサービスの向上。
  • インフォームドコンセント(充分な説明)に基づいた診療の推進が可能。
  • 医療過誤防止、医療安全に貢献。
  • 正確な診療情報をリアルタイムに提供。
  • 病院様の理念等、様々な情報を患者さんに提供。
  • 他病院との差別化が図れる。

環境面での効果

Green Policy Innovation。環境貢献ソリューション。

ベッドサイドシステムは、ITソリューションによる環境負荷低減に貢献する「環境貢献ソリューション」認定商品です。 お客様や社会の環境負荷低減に貢献します。

導入前のCO2排出量を100%とした「ベッドサイドシステム」 導入前後のCO2排出量比較

ベッドサイドシステム導入前後のCO2排出量を比較した場合、物の消費量・オフィススペースの削減に貢献し、-24.4%の環境改善効果があります。

(注)上記に記載されている事項は、特定のお客様での導入実績に基づいて試算したもので、導入されるお客様毎に異なります。

導入事例

  • 国立成育医療センター様

トップページカタログ・ダウンロード

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。