GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. JCB様、カードレス決済に手のひら静脈認証技術を採用

PRESS RELEASE

2015年10月7日
富士通フロンテック株式会社

JCB様、カードレス決済に手のひら静脈認証技術を採用

~ より便利で、安心・安全な決済の実用化を目指して ~

富士通株式会社(以下、富士通、注1)と富士通フロンテック株式会社(以下、富士通フロンテック、注2)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下、JCB)様と共同で、JCB様のグローバル決済ネットワークに富士通の手のひら静脈認証技術を取り入れ、カードレス決済システムを構築しました。
本システムは、世界で初めて、手のひら静脈情報とカード情報を紐付けることで、カードもスマートデバイスも不要で、手ぶらで本人認証ができる、先進的な決済スキームを実現します。JCB様は、2015年7月に、JCB本社の社員食堂における飲食料金決済で、JCB様社員数百名が本システムを利用する実証実験を行い、その有効性を確認できました。
今後、富士通と富士通フロンテックはJCB様と共に、他の国・地域でも実証実験を重ね、JCB様のお客様、および加盟店の皆様のニーズに適した決済スキームを実用化することを目指し、本システムをブラッシュアップしていきます。

【背景 】

近年、各種決済カードに代わる、スマートデバイスや指紋を使った様々な決済手段が実現されています。このような中、JCB様は、お客様がより便利に安心して利用できるサービスを提供するため、カードを携帯しなくても体の一部で決済が可能な生体認証技術による決済を検討していました。その結果、累計47万台を出荷し、世界約60ヶ国で、6,300万人以上の利用実績(注3)があり、体表情報である指紋などと比べて偽造が困難な手のひら静脈を利用する当社の認証技術を活用したカードレス決済システムの構築を決定しました。

palmjcb
カードレス決済のイメージ

【 手のひら静脈認証技術を用いたカードレス決済システムの特長 】

1.利便性:手ぶらでお買い物

あらかじめ、JCB様のお客様の手のひら静脈情報を、カード情報と共に、富士通のデータセンター内の手のひら認証サーバに登録しておきます。
お客様がお買い物をする際には、手のひらを静脈センサーにかざすと、手のひら認証サーバから合致するカード情報が読み出され、決済が行われます。ただし、登録人数により何桁かの絞込みキーの入力が必要になる場合があります。
これにより、手ぶら決済が可能となり、カードやスマートデバイスを紛失する心配もありません。また、体内情報である手のひら静脈は、指紋などの体表情報と異なり、濡れても形状が変わらず、認証可能なため、海水浴場や温浴施設など、あらゆるシーンで利便性に優れた決済が可能となります。

2.安全性:高精度・高セキュリティな手のひら静脈認証の決済システムへの適用

偽造が困難な手のひら情報を利用するため、カード情報の不正利用リスクを最小化し、安心・安全な決済システムを実現します。
JCB様のお客様の手のひら静脈情報とカード情報を暗号化して登録する手のひら認証サーバは、最先端のセキュリティと堅牢な設備を備えた、富士通の日本国内データセンターで24時間365日、厳重に管理・運用されます。また、JCB様の加盟店と手のひら認証サーバを繋ぐネットワークには、閉じたネットワーク環境を利用しており、セキュリティが担保されています。

【 ご参考:「非接触型手のひら静脈認証」の特長について 】

1. 体内情報であるため偽造が困難

手のひら静脈は体内情報であるため、体表情報である指紋と比べて偽造が困難な生体情報です。
指や手の甲の静脈に比べて血管の本数が多く複雑であり、また、毛細血管である指の静脈に比べて太い幹線の血管であるため、安定して認証が行えます。富士通グループ内での認証実験の結果、本人拒否率0.01%、他人受入率0.00008%以下という高い認証精度(注4)と合わせて、高信頼のセキュリティを実現しています。

2. 登録不可能な人がほとんどいない

指紋や顔では、手荒れや乾燥あるいはマスクの着用といった外的要因を受け、登録・照合が行えないことがありますが、「非接触型手のひら静脈認証装置」は、体内の情報である手のひら静脈を利用するため、外的要因をほとんど受けません。

3. 非接触型認証装置

手をかざすという自然な動作で快適に利用でき、衛生的であるため、利用者の心理的な抵抗感が小さくなります。

4. グローバルな実績に裏付けられた高信頼性

2004年に、富士通と富士通フロンテックが非接触型手のひら静脈認証装置を発売以来、累計47万台を出荷し、世界約60ヶ国で、6,300万人以上の利用実績があり、現在も導入実績は拡大中です。

【 注釈 】

(注1)富士通株式会社:本社 東京都港区、代表取締役社長 田中達也

(注2)富士通フロンテック株式会社:本社 東京都稲城市、代表取締役社長 下島 文明

(注3)累計47万台を出荷し、世界約60ヶ国で、6,300万人以上の利用実績: 2015年3月末日までの累計出荷台数、登録人数

(注4)認証精度: 高機能版のPalmSecureセンサーV2の認証率

関連Webサイト

手のひら静脈認証 「FUJITSU 生体認証 PalmSecure」紹介サイト:
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/business-technology/security/palmsecure/

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)