GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 埼玉県 AI・IoTプラットホームが11月20日に公開  ~県内企業における業務の生産性向上を目的としたAI・IoT活用促進のためのポータルサイト

【PRESS RELEASE】

2019年11月18日
株式会社富士通総研

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」が11月20日に公開
~AIソフトウェアが試せるポータルサイトの企画・構築により、
県内企業の生産性向上に向けたAI・IoT活用を支援~

株式会社富士通総研(注1)(以下、「富士通総研」)は、埼玉県から「AI・IoTプラットフォーム整備等業務」(注2)を受託しており、企画・構築を支援した「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」が2019年11月20日に公開されます。

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」は、「埼玉県AIポータルサイト」と「埼玉県IoT/LPWAポータルサイト」の2つで構成されており、埼玉県内企業の生産性向上を図るため、AI(注3)とIoT(注4)の活用促進を行うサイトです。

「埼玉県AIポータルサイト」では、埼玉県AIコンソーシアム(注5)会員を対象に、体験版画像認識AIや、プログラミングなしで使えるAIソフトウェアなどの機能・コンテンツを提供します。これらを通じて、県内企業のAIへの関心・理解を高め、さらにAIを業務に活用できることを実感していただき、AIの活用促進を図ります。

「埼玉県IoT/LPWAポータルサイト」では、埼玉県が実施した、LPWA(注6)(Low Power Wide Area)の活用による地域課題の解決に向けた実証実験の成果を紹介し、県内企業や市町村におけるLPWAの活用促進を図ります。

今後、富士通総研は、埼玉県AIコンソーシアム会員向けに「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」のデモンストレーション等を行い、県内企業のAI・IoTへの関心・理解の向上、業務へのAI・IoTの導入促進を支援していきます。

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」TOPページ

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」TOPページ
※画像はイメージです

「埼玉県AIポータルサイト」の機能紹介

「埼玉県AIポータルサイト」の機能紹介

取組の背景

埼玉県では、埼玉県内企業のAI技術等の導入・活用を促進し、生産性の向上や新たなビジネスの創出を図るため、2019年8月に、企業、大学・研究機関、商工団体、金融機関、自治体等で構成する「埼玉県AIコンソーシアム」を設立しました。「埼玉県AI/IoTプラットフォーム」は、「埼玉県AIコンソーシアム」における、埼玉県内企業へのAIの普及啓発、人材育成、実装・技術支援の情報共有を行うためのサイトとして公開します。

富士通総研では、埼玉県から「AI・IoTプラットフォーム整備等業務」を受託し、プラットフォームの企画、構築、活用促進を支援しています。富士通総研は、様々な業種・分野でのAI活用コンサルティングや、AIソフトウェアの操作研修、ポータルサイト企画・構築の実績・知見を生かし、AI導入の段階に応じたサービス・情報提供しています。これにより、埼玉県内企業のAIに対する関心・理解向上への寄与を図っています。

「埼玉県AIポータルサイト」が提供する機能・コンテンツ

  • 体験版画像認識AI
    動物やヒトの顔など、画像に映っているものを認識する画像認識AIを体験できます。
  • プログラミング不要のAIソフトウェア
    プログラミングなしで使えるAIソフトウェアを利用して、業務へのAI導入を検討することができます。
  • AIに関するe-ラーニング
    機械学習の基礎やプログラミング言語を学ぶe-ラーニングを提供します。
  • AIライブラリ利用手引書
    機械学習によく用いられるソースコードとして無償で提供されているTensorFlow(注7)を利用するための手引書を掲載します。
  • AIに関する情報配信
    AIに関する以下の情報を配信します。
     ・AIセミナー、イベント、研修情報
     ・AIに関する政策、補助金情報
     ・AI活用事例の紹介

「埼玉県IoT/LPWAポータルサイト」が提供するコンテンツ

  • 県内で実施したLPWAの実証の取組紹介
    埼玉県が実施した、地域課題の解決に資する「LPWA」の通信網を活用した実証実験の事例を紹介します。
  • 実証実験で導入した機器から取得したサンプルデータ
    実証実験で導入した機器から取得されたデータの一部を公開します。

今後の展開

今後、富士通総研は、埼玉県AIコンソーシアム会員向けに「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」のデモンストレーション(11月20日に開催される第2回埼玉県AIコンソーシアム総会において実施)等を行い、埼玉県内企業のAI・IoTへの関心・理解の向上、業務へのAI・IoTの導入促進を支援していきます。

関連コンテンツ

注釈

  • (注1)株式会社富士通総研

    富士通総研は、富士通グループで唯一のシンクタンク・コンサルティング会社として、海図なき時代に、お客様に寄り添い、灯台のような道標を示すパートナーになりたいと考えています。

    コンサルティングでは、お客様や社会の変革のために、多様な分野の知見を統合しクロスインダストリーに考える力とビジネスモデルをデザインする力で、デジタルビジネスを実践し、それに基づいた競争力のあるコンサルティングサービスを提供します。例えば、異業種を結び新しいビジネスを創出したり、今までにない組み合わせにより新しい製品、サービスを創出したりすることで、従来では想定されなかった新しいモノやコトが生まれ、変革の時代を先取りします。

    研究開発では、社会の課題や変化の予兆を捉え、新しい事業価値創造のため、最新のテクノロジー、法規制を見据え自ら事業を創造する研究開発に組織的に取り組みます。例えば、人工知能(AI)やブロックチェーンなどを活用し、今までには出来なかったようなビジネスプラットフォームを提供していきます。

    経済研究では、グローバルな人類・社会課題の解決と望ましい未来社会の実現を目指し、産業セクターのシンクタンク機能としてデジタル技術の経済社会へのインパクトを踏まえて、思い切った課題提起とあるべき姿に向けた提言を行います。また、継続して世界の賢者と語り合う場を拡幅しながら、多様な知性のプラットフォームとして、持続可能な社会像とイノベーションのあり方、それらを支えるリーダーシップについて、世界に発信していきます。

    ※富士通総研のコンテンツ

    <知創の杜>

    富士通総研のエコノミストやコンサルタントによる、トレンド予測、提言、コンサルティング事例など情報を紹介する情報誌です。
     https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/knowledge/magazine/

    知創の杜 2019 Vol.2 (最新号 2019年10月21日公開)
       未来洞察起点のイノベーション
       ―変化の予兆を捉え、機会を見出す組織への進化と深化―
       https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/knowledge/magazine/chisou2019no02/

    <知創の杜メールニュース>

    トレンドや顧客事例など、お客様のビジネスに役立つ情報を毎月お届けします。(無料メールマカジン)
     https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/resources/news/FRImailnews.html

    <今、話題のコンサルティング>

    お客さまからお問い合わせが多い経営課題に対する富士通総研の取り組みをご紹介します。
     https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/businesstopics/

    <イベント・セミナー>

    経営革新に向けた提案・提言をイベントやセミナー、コンファレンス、フォーラムを通じてお届けします。
     https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/resources/events/

  • (注2)AI・IoTプラットフォーム整備等業務

    埼玉県内企業等が簡便にAI等の先進技術を活用できる環境(プラットフォーム)を整備することで、県内企業における業務でのAI等の普及拡大を図り、地域企業の生産性向上等につなげることを目的とした事業です。富士通総研は、プラットフォームの企画、活用促進を担当しています。

  • (注3)AI

    「Artificial Intelligence(人工知能)」の頭文字をとった用語。インプットしたデータを学習することで、識別、予測や判断などの知的作業をコンピューターで自動化する技術です。

  • (注4)IoT

    「Internet of Things(モノのインターネット)」の頭文字を取った用語。パソコンやスマートフォンだけではなく、家電、自動車、ビル・設備、工具等、様々な機器にセンサーや通信機が搭載され、インターネットに繋がることで、機器からデータを集めたり、遠隔地の機器を操作したりすることができます。IoTで収集されるデータは膨大なものとなるため、その解析にはAIの活用が有効です。

  • (注5)埼玉県AIコンソーシアム

    埼玉県では、県内企業のAI技術等の導入・活用を促進し、生産性の向上や新たなビジネスの創出を図るため、企業、大学・研究機関、商工団体、金融機関、自治体等で構成する「埼玉県AIコンソーシアム」を設立し、産学官の連携体制を構築しました。

  • (注6)LPWA

    「Low Power,Wide Area」の頭文字を取った用語。低コスト・低消費電力で、長距離・長時間の通信を実現させる通信技術で、遠隔地との通信や長時間の通信を要するIoTを実現するために必要な通信技術の一つです。

  • (注7)TensorFlow(テンソルフロー/テンサーフロー)

    Googleが開発し、オープンソースで公開する、機械学習に用いるためのソフトウェアライブラリです。

プレスリリース PDFダウンロード版

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」が11月20日に公開

https://www.fujitsu.com/downloads/JP/group/fri/pressrelease/20191118.pdf

お問い合わせ先

お客様総合窓口 サービス全般に関するお問い合わせ
https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/contact/