GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング

今、話題のコンサルティング

お客さまからお問い合わせが多い経営課題に対する富士通総研の取り組みをご紹介します。

Fintechによる金融サービス革新

近年、海外では、スタートアップがICTを駆使し、新たな金融商品・サービスを産み出す潮流がフィンテック(Fintech)と呼ばれ、話題になっています。日本においても多くの金融機関がフィンテックを活用した金融商品・サービスを創出しようと画策しています。
ここでは、フィンテックが金融サービスに与える影響や、日本でフィンテックの取り組みを加速する条件をご紹介します。


デジタルマーケティング

富士通総研ではお客さま企業の社内外に存在する多様なデータを活用した効果的・効率的な顧客獲得・育成を実現する施策の立案から実行検証まで、データドリブンなデジタルマーケティングの実践をご支援しています。
ここでは、富士通総研が提供するWebに関する研究成果、調査結果、事例等をご紹介します。


ワークスタイル変革

ワークスタイル変革は、設備投資コスト、運用コスト、リスク低減、生産性向上、顧客価値創出、イノベーションなどで競争優位性を築く全社的な試みです。
国内最大級の実績と対応力。全体の企画から実行計画、社内合意形成、社内セミナーの開催まで幅広くサポート致します。


テレワーク

テレワークとはICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のことです。本来勤務する場所から離れた柔軟な働き方は、育児や介護による離職を防ぐことができるだけでなく、会社全体の働き方を改善する施策としても注目されています。富士通総研では、地域の企業等に、テレワークに関する本質的な理解を促進するためのご支援を行います。


AI活用・ビジネスアナリティクス

ビッグデータにより、企業内のデータだけでなく、リアル社会の様々なデータを掛け合わせることで、将来の予測や次のアクションを示唆する、といったビジネスアナリティクスが注目されてきました。そこに、IoTによる多種・大量のデータが加わることで、これらを活用するための高度な技術や知識が求められ、次第に人に代わる知的活動の実現や支援までもが求められる段階に来ています。まさにAI時代の幕開けです。


定量的リスク管理

リスク管理の目的は、文字通りリスクをコントロールすることです。リスクはそれ自体忌避すべきものであるため、リスクを極小化することを目的と考えがちですが、リスクは収益の源泉でもあることから適切にコントロールすることが重要です。そのためには、リスクを数値化(できれば金額ベースで数値化)することが効果的です。リスク定量化の方法論としてデファクトスタンダードとなっているValue at Risk(VaR)をベースにお客様の各種ビジネスにおけるリスクの定量化をご支援します。特に金融機関のお客様には、次世代のリスク管理手法であるストレステストの実施についてもご支援します。


デジタルビジネス創出

IoTやAIなどの先進ICT技術の活用により、これまで実現しなかった新たな収益を生み出す事が出来るようになりました。あらゆる企業において、新しいビジネスモデルを構築するために、デジタルビジネスの創出が求められています。富士通総研ではデジタルビジネスに向けた市場探索、サービス企画、事業化支援まで、実績に基づいた幅広いご支援をしております。


共創のためのハッカソン・アイデアソン

近年、オープンイノベーションや共創の手法として、ハッカソン(Hackathon)/アイデアソン(Ideathon)が注目されています。ICT企業だけでなく自動車、電機、メディア、自治体、大学で開催され、大きな拡がりを見せています。ここでは、ハッカソンやアイデアソンに取り組む意義やメリットだけでなく、その作り方から実施後の展開までをお客様やパートナーと共に実践してきた実例に基づいて解説します。


ヘルスケア

今後の超高齢社会での医療・介護に対する住民ニーズの多様化や、社会保障費削減への社会的課題に応えるために、医療、介護、健康維持・増進などのヘルスケア分野で幅広く新たな取り組みが期待され、地域包括ケアシステムなどの住民サービス確立や、民間企業による健康分野での持続的なビジネス化などが必要となってきています。富士通総研は、自治体や地域住民向けには超高齢社会の新たなシステムづくりを支援し、企業向けには健康分野に対する新しいビジネスモデルを提案いたします。


事業継続マネジメント(BCM)

ビジネスを維持・運営する上で重要なのは、日々の活動を安定化させることです。事故や災害で業務が停止し、復旧が遅れれば収益だけでなく、企業の存続にすら深刻な影響を及ぼすことがあります。


「銀行次世代店舗」のアプローチ

各金融機関では顧客利便性の向上に向け、ダイレクトチャネルの拡充や稠密なATM網の構築、オムニチャネル化などを進めていらっしゃいます。そのような中、今また「店舗」に注目が集まっています。富士通総研では次世代の銀行店舗のあり方の検討から店舗企画、店舗運営支援まで、実績に基づいた幅広いご支援をしております。