GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. 介護事業者向けサービス「HOPE Cloud WINCARE」を軸に、中堅中小規模の介護ビジネス拡充

PRESS RELEASE

2014年11月5日
株式会社富士通マーケティング

介護事業者向けサービス「HOPE Cloud WINCARE」を軸に、中堅中小規模の介護ビジネス拡充

~導入サービスメニュー見直し、セキュリティ商品やオンラインデモ・サポートでクラウドのメリットを最大限に~

 

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:富士通マーケティング)は、医療介護分野のICTを活用したシステムを提供し、医療機関や介護施設の経営革新を全国で支援しています。このたび、介護分野のビジネスの拡充のため、提供サービスの見直しと強化を行いました。

   経営効率化を支援する一環として、富士通株式会社の介護事業者向けサービス「FUJITSU ヘルスケアソリューションHOPE Cloud WINCARE(ホープ クラウド ウインケア)(以下:HOPE Cloud WINCARE)」について当社が独自に提供している導入サービスを新しいメニュー体系に整備し、2014年10月より提供を開始しました。このメニューは、2014年4月に稼働した社会福祉法人春風会様の導入事例をベースにしたもので、従来提供していた導入トータルサービスを「セットアップ」から「レセプト立ち会い」までの工程に整備し、お客様自身が必要なものを取捨選択できるようになりました。これに合わせ、商品紹介やQA、簡易見積りを行うWebを活用した営業プロモーション(オンラインデモ)と当社セキュリティ商品など、お客様の利便性を高めるサービスを強化しました。

   今後Webカメラを活用した「顔が見える」操作説明やQAサポートを予定しており、細やかで即時性に優れた高品質なサポートを提供し、システムの安定稼働とお客様の負荷軽減を実現します。

背景

   高齢化の進む日本では、人口に占める65歳以上の割合が25%に達し、4人に1人が高齢者であると総務省の統計が発表されており、今後も医療費の増加、働き手の不足は避けることができません。特に地域では深刻な状況が予想され、このような環境において、ICTを活用した効率的な資源の活用が期待されています。

   当社は、1999年より、ICTを切り口とした医療介護分野のお客様の業務改善や経営効率化の支援に携わっています。数多くの全国の中堅中小規模の医療機関、介護施設を中心に、「電子カルテ」、「医事会計システム」、「介護事業者支援システム」などのシステム構築からサポートまでをワンストップで提供しています。今回、政策と利用者の利便性の両立に苦慮されているお客様のご要望に対して、「HOPE Cloud WINCARE」を軸とした介護分野のビジネスの拡充を目的に、提供サービスメニューの見直しと強化を行いました。

ビジネス強化の概要

  1.    「HOPE Cloud WINCARE」の導入サービスメニューの見直し

       従来から提供している「セットアップ」から「レセプト立ち会い」までのトータルサービスを工程ごとにメニュー化し、お客様自身が必要とするサービスを取捨選択していただくことが可能になりました。また、動画コンテンツを活用した操作説明や専任担当者よる電話QAサポート(業務QAサービス)など、わかりやすく「見える化」したメニューになっています。

    「HOPE Cloud WINCARE」の導入サービスメニュー
    141105_1.jpg
  2.    Webを活用した営業プロモーションによる利便性の向上

       従来から当社で行ってきたWebを介して商品紹介やQA、簡易見積りを対面で行うWeb営業を、「オンラインデモ」として介護分野でも本格的に開始します。購入前に時間や場所の制約なく、商品情報を収集することが可能です。

  3.    「顔が見える」Webサポートの提供

       電話による従来からのQAサポート(「業務QAサービス」)に加え、Webカメラを活用した操作説明やQAサポートの提供を予定しています。当社の専任担当者がお客様の画面を共有し、細やかで即時性に優れた高品質なサポートによるシステムの安定稼働とお客様の負荷軽減を実現します。

  4.    セキュリティ強化

       昨今のセキュリティ脅威が多様化する中、必要とされるセキュリティ対策を手軽にスタートできる、当社の「クラウド型セキュリティ対策サービス BSTS(ビステス)」をオプションラインナップとして用意しました。セキュリティについて『何から始めてよいかわからない』『運用負荷が高い』などのお悩みを持つお客様が「HOPE Cloud WINCARE」(安価で信頼性の高いFENICSビジネスVPN環境で動作)と併せて導入することで、より高度なセキュリティ環境の構築を手軽に実現できます。

「HOPE Cloud WINCARE」の運用イメージ
141105_2.jpg

販売目標

   今後1年間で、300セットを提供(オンプレミス版を含む)

参考価格

導入サービスメニュー名 参考価格(税別)
基本サービス(セットアップサービス含む) 215,000円~
データ移行サービス 82,000円~
マスタ設定支援サービス 82,000円~
操作説明サービス 66,000円~
本設置・本稼働立ち会いサービス 113,000円~
レセプト立ち会いサービス 82,000円~
業務QAサービス(*) 月額10,000円~

   (*)「業務QAサービス」は富士通株式会社のサービス商品です。

社会福祉法人 春風会様の導入事例について

   春風会様では、運営している11施設のうち、核となる4施設に「HOPE WINCARE」(オンプレミス版)を導入していましたが、小規模の施設についてはコストなどの問題があり、システムは設置していませんでした。それらの未設置拠点の職員は、設置拠点まで移動し月1回まとめ入力を行っていましたが、移動時間や効率性が課題となっていました。その課題を解決するためには、セキュリティを確保しつつ、最小限の初期投資で運用できるクラウドシステムが最適と判断し、「HOPE Cloud WINCARE」の導入を決定、2014年4月に運用を開始し、以下の効果を実現しています。


   (「HOPE Cloud WINCARE」の導入効果)

  • 導入および運用コスト削減と作業負荷軽減
  • クラウド化による同一データベースで、離れた拠点間の情報共有、業務効率化を実現
  • 専用ネットワークや最先端の技術でセキュリティを確保
  • バックアップ自動化や保険改正の対応不要などシステム管理業務の負荷軽減

社会福祉法人 春風会様について

名称: 社会福祉法人春風会
所在地: 静岡県沼津市東椎路1742-1
理事長: 石川 三義
開設年月: 昭和51年8月25日
事業内容: 社会福祉事業(特別養護老人ホーム、ケアハウス、救護施設)、障害者サービス(生活介護事業、就労支援B型事業、ケアホーム)、在宅事業(デイサービスセンター、訪問介護、居宅介護支援)、受託事業(地域包括支援センター)、その他(放課後児童クラブ)
静岡県東部を中心に、11施設40以上の高齢者福祉事業を展開

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です


関連Webサイト



本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。