GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. 「AZSERVICE 導入支援 for Office 365」提供開始

PRESS RELEASE

2014年6月4日
株式会社富士通マーケティング

「AZSERVICE 導入支援 for Office 365」提供開始

~伊藤園様、「Office 365」を短期間で導入し、グループ間情報共有を実現~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:富士通マーケティング)は、マイクロソフトのSaaS型クラウドサービス「Office 365」の導入支援を行う「AZSERVICE(アズサービス) 導入支援 for Office 365」の提供を6月より開始しました。

   このサービスは、中堅中小企業のお客様のワークスタイル変革やグローバル展開およびグループ連携の実現を目的としたもので、「Office 365」の社内実践のノウハウと数多くの企業に導入している実績をふまえ、サービスメニュー化したものです。運用ヒアリングから設定代行、管理者教育までを提供し、安価で迅速に業務に活用できます。また、「Exchange」、「SharePoint」、「Lync」など自社環境に合わせた段階的な導入も可能です。お客様の希望される運用を富士通マーケティング独自のチェックシートを用いてヒアリングするため、お客様ごとのニーズに合わせた導入ができます。また、新設した専用コールセンターによるトータルサポートで、システム専任担当者が不在の中堅中小市場において最適なサービスです。

   今回、株式会社伊藤園様(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:本庄大介、以下:伊藤園様)において、「Office 365」を導入いただき、約3ヶ月でグループ企業であるタリーズコーヒージャパン株式会社様(以下:タリーズコーヒージャパン様)を合わせた約5,400人(5,400ID)のコミュニケーション基盤を構築し、グローバル展開やグループ間における情報共有を実現しています。

   昨今、大手企業のみならず中堅中小企業においても、オフィスにおけるワークスタイルの改革による業務効率化を目的としたモバイル端末の活用や運用負荷、コスト削減のためのクラウドサービス活用のニーズが増加しています。また、企業の海外進出や事業、組織の成長に伴う効率的なコミュニケーション環境の整備も必要とされてきています。


   こうした背景において、富士通マーケティングは、マイクロソフトのSaaS型クラウドサービス「Office 365」を「グローバルコミュニケーション基盤」として社内実践し、新しいワークスタイルの実現やグループ間でのナレッジ共有による組織力強化や、システム運用、出張・移動のコスト削減を実現しています。また、これまで大手企業を中心とした数多くの企業への「Office 365」の導入ノウハウがあります。

   そこで、富士通マーケティングは、社内実践とお客様への導入ノウハウに基づき、「Office 365」の運用ヒアリングから設定代行、管理者教育までを提供する「AZSERVICE 導入支援 for Office 365」の提供を開始しました。この「AZSERVICE 導入支援 for Office 365」で、これまでの大手企業を中心とした「Office 365」導入ビジネスから、今後は中堅中小市場へと適用範囲を拡げていきます。

「AZSERVICE 導入支援 for Office 365」のサービスの特長

  • 「Office365ベーシックパック」で安価で迅速に業務での活用が実現

       運用ヒアリングから設定代行、管理者教育までをワンストップで提供。お客様のニーズに沿った運用が可能となり、「Exchange Online」、「SharePoint Online」、「Lync Online」を安価で迅速に業務で活用できます。

  • ニーズに合わせたステップアップ導入が可能

       業種・業務に精通したコンサルタント営業やマイクロソフトセールススペシャリストによる運用ヒアリングで、お客様の業務に合わせた設計を行います。また、お客様の環境に適したステップアップ導入が可能となり、お客様のニーズに対応します。

  • 専用のコールセンターによるトータルサポート

       お客様ごとの専用のコールセンターを新設し、既存のメールサービスから「Office365」への利用環境移行時の問合せ窓口として短期間での利用や、「Office365」だけでなくPC、プリンタ、ネットワークなどお客様の環境や関連アプリケーションを総合的にサポートします。

サービス体系

サービス名 構築サービス 特長 提供価格
(税別)
Office 365
ベーシックパック
・Exchange Online
・SharePoint Online
・Lync Online
オンサイトによる「運用ヒアリング」、「Office 365設定代行」、「管理者教育」の3ステップを提供。すぐに業務で「Office 365」を活用いただけます。パラメーターシート作成、管理者、利用ユーザ、ライセンス登録の代行や管理者様向け教育を提供します。 860,000円
(500ユーザまで)
オプションサービス
Exchange Online
メール移行支援
メール切替時の移行手順をご支援いたします。 個別見積
SharePoint Online
ポータルサイト構築
社内イントラサイトの移行やポータルサイト構築をご支援いたします。
Lync Online
設定代行作業
弊社推奨値での設定代行及びクライアントセットアップ手順書をご提供させて頂きます。
その他サービス お客様ごとの環境にあわせての「Office365」導入支援として、オプションサービスをご用意しております。

   (注)その他、お客様自身で設定する「Office 365ライトパック」(320,000円(税別))も用意しています。


目標

   今後3年間で550社(27,000ID)


伊藤園様導入事例

  • 導入の背景

       伊藤園様は、1966年の設立以来、自然の恵みを大切に、そのおいしさを「飲みもの」というかたちで提供し、「お~いお茶」に代表される各ブランドを通じ、無糖茶飲料マーケットを創造・発展させてきました。また、『世界のティーカンパニー』を目指し躍進しており、国内外に多くの拠点を展開しています。
    こうした状況において、伊藤園様では、緊密な連絡と的確な情報共有ができるコミュニケーションツールが必要とされていました。さらには、グループ企業のタリーズコーヒージャパン様や子会社まで含めた確実な管理と統制も求められていました。そこで、伊藤園様は、基幹系から情報系までのITシステムをグループとして統一する方針を立て、コミュニケーションツールの統合を行いました。

  • 導入システムと効果

       富士通マーケティングは、伊藤園様のコミュニケーションツールとして、グローバル展開に向けての親和性を考慮し、マイクロソフトのクラウド型グループウェアサービス「Office 365」を採用しました。グループ企業であるタリーズコーヒージャパン様や子会社を合わせて約5,400人(5,400ID)のコミュニケーション基盤を2013年9月より3ヶ月で構築。2013年12月より稼働開始し、コミュニケーションの活性化が図れています。これまでのグループウェアからの移行期間には、伊藤園様専用のヘルプデスクを設置し、スムーズな移行を実現しています。

    (1)「Exchange Online」と「SharePoint Online」の活用でグループ会社を含めた情報共有が実現

       メール・カレンダー機能の「Exchange Online」と情報共有サイト機能の「SharePoint Online」の活用で、掲示板や各種書類などをライブラリに登録、利用でき、グループ会社や子会社を含めたアンケートの集計やナレッジDB(問合せ対応など)の共有が実現。グループ会社間の連携が進み、情報共有化が活性化しています。

    (2)ADFS連携まで含めたネットワークの構築で海外出張時のアクセスを実現

       ネットワーク構築から運用までを富士通マーケティングが行い、富士通マーケティングのクラウドサービス「AZCLOUD」上にADFS(Active Directory Federation Services)を構築。海外からのADFS経由の認証で海外出張時の「Office 365」へのアクセスが可能となりました。

    (3)「Lync Online」の活用によりワークスタイル変革を実現

       「Lync Online」によるWeb会議機能の活用により、障がいを持つ在宅勤務者を対象に、Web会議を活用しての打合せをトライアル運用しています。今後は、育児や介護などで在宅勤務をしている人や海外赴任者との打合せに活用していきます。

    (4)クラウドサービスにより構築・運用負荷コストを軽減

       初期投資や更新の際のコスト削減が実現。構築・運用負荷の軽減や高機能かつ可用性の高い環境の構築が可能となりました。

  • 伊藤園様システム概要図
    140604.jpg
  • 今後の展開

       今後、伊藤園様では、さらなる国内グループ会社への展開を進めるとともに、海外拠点においても「Office 365」でシステム統一を図り、伊藤園グループ全体の情報共有を図っていきます。また、「Share Point」の活用でタリーズコーヒージャパン様の店舗とエリアマネージャーとの情報共有化を図るなど、社内のコミュニケーションツールとして活用していきます。

       富士通マーケティングは、今後も富士通マーケティングの技術力やノウハウおよびコンサルティング力で伊藤園グループ各社における「Office 365」の活用を支援していきます。

  • 伊藤園様について
    社名 株式会社伊藤園
    代表者 代表取締役社長 本庄大介
    設立 1966年8月22日
    資本金 199億1,230万円
    売上高 4,377億5,500万円(2014年4月期 連結)
    従業員数 5,339名(2014年4月末現在)
    事業内容 「お~いお茶」をはじめとする茶製品、各種飲料の製造・販売等。人々の生活に潤いと健康を届けるため、「自然」「健康」「安全」「良いデザイン」「おいしい」という5つのコンセプトで製品づくりにチャレンジし、本物へのこだわりを貫き、新たな可能性を追求しつづけています。
    ホームページURL http://www.itoen.co.jp/新規ウィンドウが開きます
  • タリーズコーヒージャパン様について
    社名 タリーズコーヒージャパン株式会社
    代表者 代表取締役社長 萩田 築
    設立 1998年5月(創業1997年8月)
    資本金 1億円
    事業内容 タリーズコーヒーは、1992年にシアトルで発祥したスペシャルティコーヒーショップ。世界各国より厳選した豆のみを使用し、高品質を追求し続けています。本格的なコーヒーのご提供とともに、本物のスペシャルティコーヒー文化を広めることを理念に事業拡大を行っています。
    ホームページURL http://www.tullys.co.jp/新規ウィンドウが開きます

   【株式会社伊藤園様 エンドースメント】

   今回、社内、グループ企業間での情報共有のためにマイクロソフト社のOffice 365を導入致しました。導入にあたり株式会社富士通マーケティングのユーザー側の視点に立ったご支援を頂き、システム構築、移行について非常に短期間で行なうことができました。この度Office 365の導入支援がサービスメニュー化されたということで、ユーザー企業様のニーズに最適なサービスを提供できるものと思っております。

株式会社伊藤園 情報管理部
グループリーダー 山口 浩 様

   【日本マイクロソフト株式会社様 エンドースメント】

   日本マイクロソフト株式会社は、伊藤園様の缶入り緑茶の発明から30年という記念すべき年に、弊社クラウドサービス『Office 365』の採用、また富士通マーケティングの『AZSERVICE導入支援 for Office 365』を活用しての導入を心より歓迎いたします。アジア・米国を初めとしたグローバル展開、グループ企業のタリーズコーヒージャパン様や子会社まで含めた情報共有基盤の統一は、今後のさらなる伊藤園グループのイノベーションに貢献することと期待いたします。今後も日本マイクロソフトは、富士通マーケティングとのクラウドサービス分野での協業を加速し、需要が高まるグローバルプラットフォームの統一、ワークスタイルの変革に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 統括本部長 佐藤 恭平 様

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連Webサイト

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。