データベースミラーと従来のストレージミラーとの違いについて

Symfoware Server Mirroring Controllerのデータベースミラーと、従来のストレージミラーとの違いは何ですか?
それぞれの方式について説明します。

■ストレージミラー方式
ストレージのコピー機能(REC)を用いて、正系ノードと副系ノードのストレージシステム間でデータの同期をとることで、データ保全を行う方式です。
サーバCPUの追加やソフトウェアのチューニングが不要といったメリットがありますが、反面、回線のランニングコストが高かったり、データベースの運用機能が使えないことや、副系ノードを活用できないといったデメリットがあります。

■Symfoware Server Mirroring Controllerのデータベースミラー方式
データベースの更新差分ログのみをSymfoware独自の方式で副系ノードにミラーリングします。データ転送や反映はリアルタイムに実行され常にデータの等価性を保つ仕組みのため、有事の際でもデータ保証レベルの高い方式です。
ストレージミラー方式に比べ、転送データ量が極小化(当社比8分の1)されるため回線コストが安価です。また、副系ノードを参照系業務や計画保守運用に活用できるため、システムリソースを有効に活用したROIの高いシステム構築ができるなどのメリットがあります。
製品の詳細につきましては、下記ページをご覧ください。

【Symfoware Server Mirroring Controllerご紹介】
https://www.fujitsu.com/jp/products/software/middleware/database/symfoware/products/mirroringcontroller/

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 技術サポート
このページの先頭へ