GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS 特長・主な機能

VPSは、
-実機の代わりに3Dデータを用い、
-生産準備部門が設計から製造にいたる衝(かなめ)となり、
-組立業務を主体としたモノづくり検証と伝達を支援し、
-モノづくりの品質向上と原価低減に貢献します。

VPS導入後プロセス

VPS MFG 製品の組立プロセス検討

仮想試作機上で組立性検討を行い、生産準備業務のフロントローディング、品質向上と効率化を実現します。組立手順、工数算出、工程設計(山積み/山崩し)、リソース検討、組立性評価、業務帳票作成や作業者教育などの生産準備業務を支援します。

VPS GP4 生産ライン検討

現物なしで仮想量試と生産現場改善を実現する工程計画ツールです。コンピュータ上の仮想ラインからはラインバランスや正味比率などの生産性が出力され、かつ作業者負荷など作業性も出力されるため、生産性・作業性の両面からライン評価可能です。

VPS DMU 設計検証(製品成立性)

3D CADでは困難な検証作業を可能にします。快適な操作性とレスポンスが、あらゆる部門による3Dデータの有効活用を促します。部品同士の静的・動的干渉や、メカの動作状況などが3Dで分かりやすく表現され、技術者をはじめ関係者間のデザインレビューもスムーズに行えます。

VPS IOC 生産設備の動作検証(メカ制御連携)

実機がない段階で制御プログラムのロジック検証を実施することで、品質の作り込み、リードタイム短縮と手戻り工数削減を促進します。

VPS Viewer

形状確認と情報共有などを目的とした3次元モデル閲覧機能に特化したビューワーソフトウェア。
3次元モデル上で直接、角度計測、2点間距離計測、投影距離計測、半径計測等の寸法計測や注記の記入が可能。
VPS MFGで作成された組立(製造)フローと組立動画を閲覧可能です。

GTM-MVGXKFW