Skip to main content

作業効率化/高品質化を実現するインシデント管理
FUJITSU Software
Systemwalker IT Service Management

Systemwalker IT Service Management(システムウォーカー アイティー サービスマネージメント)は、ITIL®(Information Technology Infrastructure Library:注)のサービスサポートに基いたインシデント管理、問題管理機能を提供し、日々の運用管理の人手にかかる作業をトータルでサポートする機能を提供する商品です。

(注)運用管理のノウハウが凝縮された包括的なガイドラインです。1980年代後半に英国政府機関が作成・文書化し、現在ではIT運用管理の標準手法として世界的に支持を得ています。

Systemwalker IT Service Managementが選ばれる理由

インシデント管理手法の統一
社内の部署毎に管理されているインシデントの管理を統一し、ITILに基づいた…

ナレッジの蓄積による運用効率化
蓄積されたナレッジを活用する事により、一時窓口での対応工数が軽減され…

サーバ運用管理のインシデントにも対応
Systemwalker Centric Managerからのイベントをインシデントとして発行できるため、記録の手間を省き…

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)