GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. OA ソフトウェア >
  5. OASYS >
  6. 本製品のお問い合わせ

FUJITSU Software OASYSに関するお問い合わせ

OASYSに関するよくあるご質問(FAQ)

アイコンの説明
   [V10]  [2002]  は、OASYS V10、OASYS 2002が該当する機能であることを示します。
   [V10]  [2002]  は、OASYS V10、OASYS 2002が非該当の機能であることを示します。

製品

製品のサポート期間について教えてください
[V10]  [2002] 

OASYSでは、製品の販売終了から5年間はサポートいたします。
ただし、動作の前提環境(ハードウェア / OS / 必須ミドルウェア)のサポートが終了になった場合、その環境での製品のサポートも、原則として終了いたします。
各製品のサポート期間は次のようになります。
(注)製品に同梱されているソフトウェアも同じサポート期間となります。

製品のサポート期間
製品名 サポート期間
OASYS V10
OASYS V10 バージョンアップキット
販売中
OASYS SuperOffice V10
OASYS SuperOffice V10 バージョンアップキット
2014年4月9日まで
OASYS 2002
OASYS 2002 バージョンアップキット
OASYS SuperOffice 2002
OASYS SuperOffice 2002 バージョンアップキット
2012年3月まで
OASYS V8
OASYS V8 バージョンアップキット
OASYS SuperOffice V8
OASYS SuperOffice V8 バージョンアップキット
2011年3月まで
OASYS V7
OASYS V7 バージョンアップキット
OASYS SuperOffice V7
OASYS SuperOffice V7 グレードアップキット
OAK V7
2011年3月まで
OASYS V6
OASYS V6 バージョンアップキット
OASYS SuperOffice V6
OASYS SuperOffice V6 グレードアップキット
OAK V6
2011年3月まで
OASYS V5
OASYS V5 バージョンアップキット
OASYS Office V5
OASYS Office V5 グレードアップキット
OAK V5
2011年3月まで
OASYS for Windows95 V4.1以前(バージョンアップキット含)
OASYS&ファミリパック for Windows95 V2.1以前(グレードアップキット含)
OAK for Windows95 V4.1以前
2011年3月まで
OASYS Jr. V2 2012年9月まで
OASYS SDK V7 2012年9月まで
OASYS SDK V6 2011年3月まで
OASYS APIライブラリ V5.0 2011年3月まで
OASYS-COM V5.0 2012年9月まで
OASYS Viewer V8.0 (無償版) サポート対象外
「OASYS V10」「OASYS SuperOffice V10」はどこで買えるのか?
[V10]  [2002] 

下記のようになっています。

  • OASYS V10
    最寄りの富士通製品の取扱店でお買い求めいただけます。
    在庫がない場合には、お取り寄せになりますので、富士通製品の取扱店にご相談ください。
    また、富士通製品の取扱店がお近くにない場合は、オンラインショップや通信販売のお店もご利用いただけます。
  • OASYS SuperOffice V10
    OASYS SuperOffice V10.0は、動作環境の対応OSであるWindows XPに対するMicrosoftのサポート終了に伴って、2014年3月31日を以て販売を終了します。
    後継製品はありません。このため、データの移行先はありません。テキストやCSVファイルとしてデータ取り出して、他のオフィス製品等に移行してください。
「OASYS V10」と「OASYS 2002」との違いは?
[V10]  [2002] 

「OASYS V10」では、下記内容の変更を行っています。
詳細については、「OASYS 2002からの変更点」を参照してください。

  • 以前のバージョンに搭載されていた"英文法チェック機能"および"英文スペルチェック機能"を削除しました。
  • 同梱の入力システムが"Japanist 2002"から"Japanist 2003"にバージョンアップしました。
  • サポートOS(対応システム)を変更しました。
「OASYS SuperOffice V10」と「OASYS SuperOffice 2002」との違いは?
[V10]  [2002] 

「OASYS SuperOffice V10」では、下記内容の変更を行っています。
詳細については、「OASYS SuperOffice 2002からの変更点」を参照してください。

  • OASYS本体が、"OASYS 2002"から"OASYS V10"にバージョンアップしました。
    以前のバージョンに搭載されていた"英文法チェック機能"および"英文スペルチェック機能"を削除しました。
  • OASYSプレゼンテーションに搭載されていた、Microsoft PowerPointデータからの変換機能を削除しました。
  • 同梱の入力システムが"Japanist 2002"から"Japanist 2003"にバージョンアップしました。
  • サポートOS(対応システム)を変更しました。OASYS V10とも異なりますのでご注意ください。
「携帯OASYS」とは何か?
[V10]  [2002] 

OASYSをハードディスクにインストールせずに使える「携帯OASYSディスク」(CD-ROM)が添付されています。携帯OASYSは、このCD-ROMからOASYSを起動して使用します。

OASYSがインストールされていないパソコンで、文書の編集・印刷などを行う時に便利です。
携帯OASYSでは、OASYSで標準インストールを行った場合と同じ機能が利用できます。
[機能例]

  • OASYS文書編集
  • スクリプト
  • 文書のチェック(推敲)・要約
  • メール送信
  • 他形式文書(Word/一太郎)
  • おまかせ記文
  • デザインフォーマット
  • クリップアート

[留意事項]

  • OASYSの同一バージョン製品がインストールされているパソコンでは、利用できません。
  • Japanist 2003は携帯OASYSに搭載していませんので、インストールしてお使いください。
「OASYS V10」に搭載されている「Japanist 2003」と個別販売製品との違いは?
[V10]  [2002] 

「OASYS V10」には個別販売製品「Japanist 2003」と同等品が搭載されています。

バージョンアップキットとは何か?
[V10]  [2002] 

既にOASYS単体製品またはOASYS Office製品をお使いのお客様に、通常製品よりお安くご提供するための製品です。
『OASYS V10 バージョンアップキット』があり、バージョンアップ対象製品をお使いの方がご購入いただけます。
バージョンアップ後は、通常製品と内容に差はありません。

レベルアップとは何か?
[V10]  [2002] 

旧バージョンのOASYS製品をお使いのお客様には、お得な「バージョンアップキット」をご提供いたします。

最寄りのパソコンソフト販売店、通信販売、ホームページのオンライン販売などで、それぞれの「バージョンアップキット」をご購入ください。

インストール(セットアップ)

「...セットアッププログラムを準備しています...」が表示されたまま、インストールが先に進まない?
[V10]  [2002] 

インストール時に、「...セットアッププログラムを準備しています。しばらくお待ちください...」が表示されたまま、インストールが先に進まないことがあります。
以下の回避方法で対処をお願いします。


【OASYSの場合(バージョンアップキット含む)】
  1. OASYSのプログラムディスクを「Shift」キーを押しながら、CD-ROMドライブにセットします。
    (「Shift」キーを押すことにより、自動的にセットアッププログラムが起動しないようにします)
  2. [スタート]ボタンから「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. 名前の入力欄に下記の内容を入力して、[OK]ボタンを押します。
    • [FMVシリーズをお使いの場合]
      D:\install.exe -v"MTP=1 MFJ=1"
    • [FMVシリーズ以外のPC/AT互換機をお使いの場合]
      D:\install.exe -v"MTP=1 MFJ=3"
    なお、上記はCD-ROMドライブが「D」の場合の例です。

【OASYS SuperOfficeの場合(バージョンアップキット含む)】
  1. OASYSのプログラムディスクを「Shift」キーを押しながら、CD-ROMドライブにセットします。
    (「Shift」キーを押すことにより、自動的にセットアッププログラムが起動しないようにします)
  2. [スタート]ボタンから「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. 名前の入力欄に下記の内容を入力して、[OK]ボタンを押します。
    • [FMVシリーズをお使いの場合]
      D:\oasysv9\setup.exe -v"MTP=1 MFJ=1"
    • [FMVシリーズ以外のPC/AT互換機をお使いの場合]
      D:\oasysv9\setup.exe -v"MTP=1 MFJ=3"
    なお、上記はCD-ROMドライブが「D」の場合で、OASYS SuperOffice 2002の例です。
インストールの際に、「OASYS V10のセットアッププログラムを中断します。」と表示されてインストールが中断されるのですが?
[V10]  [2002] 

次の操作を行った場合に、発生する場合があります。

  • OASYS V10のインストール中に、インストールを一旦中断し、再度インストール(またはアンインストール)を行った場合
  • Japanist2003のみインストールされている状態で、OASYS V10をインストールした場合
  • OASYS V10以外のOASYSがインストールされている状態で、OASYS V10をインストールした場合

【対処方法1】

  1. Administratorsグループに所属するユーザ名(管理者権限を持つユーザ名)でWindowsにログオンします。
  2. icon-download  OASYS作業フォルダ削除ツール (61.3KB / oatmpdel.exe)」をダウンロードします。
  3. ダウンロードしたツール"oatmpdel.exe"を実行します。
  4. 「OASYS作業フォルダ削除ツール」が起動したら、「OK」ボタンをクリックします。
  5. 処理完了を確認して「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「OASYS作業フォルダ削除ツール」を削除します。

【対処方法2】

  1. インストール作業情報の削除
    フォルダ「C:\ユーザー\[ログオンユーザ名]\AppData\Local\Temp」の中にある、次のフォルダを削除してください。 なお、次のフォルダは、一部存在しない場合があります。
    • OASYS
    • OASSETUP
    • MNUSETUP
  2. OASYSのインストールの変更や再インストールを実行

[インストール作業情報の表示]
インストール作業情報のパスは、標準では表示されない設定になっております。
次の手順で、表示されるようにしてください。また、対処後には、必要に応じて元に戻してください。

  1. エクスプローラ起動後、メニューの[ツール]-[フォルダ オプション]を選択します。
    なお、メニューバーの表示がない場合は、キーボードの[ALT]キーを押して、メニューバーの表示を行ってください。
  2. 表示されたダイアログの「表示」タブをクリックします。
  3. 詳細設定の「ファイルとフォルダの表示」の項目において、「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。
  4. [OK]ボタンを押して、ダイアログを閉じます。
OASYSに付属する機能を起動しようとすると「現在ログオンされているユーザアカウントは、administratorグループに所属していないため処理は行えません」と表示されのですが?
[V10]  [2002] 

標準セットアップではインストールされていない機能を実行すると表示される場合があります。
また、上記の操作の後、[コントロールパネル]の[プログラムのアンインストールまたは変更]において、OASYS V10を変更しようとしても同様な現象となります。

【対処方法1】

  1. Administratorsグループに所属するユーザ名(管理者権限を持つユーザ名)でWindowsにログオンします。
  2. icon-download  OASYS作業フォルダ削除ツール (61.3KB / oatmpdel.exe)」をダウンロードします。
  3. ダウンロードしたツール"oatmpdel.exe"を実行します。
  4. 「OASYS作業フォルダ削除ツール」が起動したら、「OK」ボタンをクリックします。
  5. 処理完了を確認して「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「OASYS作業フォルダ削除ツール」を削除します。

【対処方法2】

[Windows 7の場合]

  1. ユーザーアカウント制御を解除
    次の手順で解除してください。
    1. [コントロールパネル]-[ユーザー アカウントと家族のための安全設定]-[ユーザー アカウント] -ユーザー アカウント制御設定の変更]を選択します。
      後でスライダーの位置を元に戻すため、設定されている位置を覚えておいてください。
    2. スライダーを[通知しない]に移動して[OK]ボタンで終了します。
    3. 「次のプログラムにこのコンピューターへの設定を許可しますか?」のメッセージが表示されたら[はい]を選択します。
  2. インストール作業情報の削除
    フォルダ「C:\ユーザー\[ログオンユーザ名]\AppData\Local\Temp」の中にある、次のフォルダを削除してください。 なお、次のフォルダは、一部存在しない場合があります。
    • OASYS
    • OASSETUP
    • MNUSETUP
  3. OASYSのインストールの変更や再インストールを実行します。
  4. ユーザーアカウント制御の設定します。
    1.のユーザーアカウント制御の解除と同じ手順で、スライダーを元の位置に設定してください。

[Windows Vistaの場合]

  1. ユーザーアカウント制御を解除
    次の手順で解除してください。
    1. [コントロールパネル]-[ユーザー アカウントと家族のための安全設定]-[ユーザー アカウント] -[ユーザー アカウント制御の有効化または無効化]を選択
    2. 「続行するにはあなたの許可が必要です」のメッセージが表示されたら[続行]を選択
    3. [ユーザー アカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる]のチェックを外して[OK]ボタンで終了
  2. インストール作業情報の削除
    フォルダ「C:\ユーザー\[ログオンユーザ名]\AppData\Local\Temp」の中にある、次のフォルダを削除してください。 なお、次のフォルダは、一部存在しない場合があります。
    • OASYS
    • OASSETUP
    • MNUSETUP
  3. OASYSのインストールの変更や再インストールを実行します。
  4. ユーザーアカウント制御の設定します。
    1.のユーザーアカウント制御の解除と同じ手順で、[ユーザー アカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる]にチェックを設定してください。

[インストール作業情報の表示]
インストール作業情報のパスは、標準では表示されない設定になっております。
次の手順で、表示されるようにしてください。また、対処後には、必要に応じて元に戻してください。

  1. エクスプローラ起動後、メニューの[ツール]-[フォルダ オプション]を選択します。
    なお、メニューバーの表示がない場合は、キーボードの[ALT]キーを押して、メニューバーの表示を行ってください。
  2. 表示されたダイアログの「表示」タブをクリックします。
  3. 詳細設定の「ファイルとフォルダの表示」の項目において、「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。
  4. [OK]ボタンを押して、ダイアログを閉じます。
OASYS SuperOffice V10をWindows 8 / Windows 7 / Windows Vistaにインストールしたいのですが?
[V10]  [2002] 

OASYS SuperOffice V10では、「OASYS V10」と「Japanist 2003」のみWindows 8 / Windows 7 / Windows Vistaに対応しています。
また、OASYS SuperOffice V10をWindows 8 / Windows 7 / Windows Vistaにインストールするには、特別な手順が必要です。

キーボード

USB親指シフトキーボードはどこで買えるのか?
[V10]  [2002] 

USB親指シフトキーボードの種類によって、購入場所、お問い合わせ先が異なります。
「OASYS関連製品について」の項目でご確認ください。

OASYS使用中にUSBキーボードを接続したら「頁指定」が表示される?
[V10]  [2002] 

OASYSのキー割り当てで「OASYSキーボード(実行付)」を設定している場合、USBキーボードを接続すると「頁指定」が表示されることがあります。
また、スタンバイ状態から復帰した時にも「頁指定」が表示されることがあります。
実害はありませんので、「頁指定」を閉じてお使いください。

FMV-KB613, KB611でキーの同時打鍵ができなくなった?
[V10]  [2002] 

コンピュータウイルス [バッドトランス] あるいは [ポーカー] に感染すると、親指シフトキーボード「FMV-KB613, KB611」でキーの同時打鍵ができなくなくなることがあります。以下の方法で対処をお願いします。

【対処方法】

  1. 市販のウイルスチェックソフトを用いて、最新ウイルス定義ファイルによるウイルスチェックを行ってください。
    ウイルスチェックソフトをお持ちでない場合は、すべてのローカルドライブから[kdll.dll](バッドトランス)、 [msp.dll](ポーカー)をファイル検索することで、感染の可能性をチェックすることもできます。
  2. 市販のウイルスチェックソフトなどを用いて、ウイルスの駆除を行ってください。
    なお、発見された[kdll.dll](バッドトランス)、 [msp.dll](ポーカー)を削除しても、ウイルスは駆除されません。
OASYSのメニューに表示される機能名が、ノートパソコンの親指シフトキーボードに刻印されてません。どうすればよいですか?
[V10]  [2002] 

機能キーにOASYS機能名が刻印されてない親指シフトキーボードを搭載したノートパソコンをお使いになる場合には、以下の点にご注意ください。

OASYS をお使いの場合、「環境設定」-「キー割当て」で「OASYS キーボード(実行付note型)」を選択すると、「メニュー」に表示されるショートカットキーや、「環境設定(キー割当て)」の「キー一覧」など、画面に表示される機能キーの名称がキーボードの刻印と一致しないものがあります。
この場合には、次のように読み替えてください。

キーボード刻印の読み替え
画面上の表示 キーボードの刻印
前行 PgUp
次行 PgDn
前頁 PrtSc
次頁 Pause
頁指定 ScrLk
挿入 Insert
削除 Delete
文末 Home
センタリング End
終了 Esc
Windowsのサービス パックを適用したら、親指シフトキーボードが正しく動作しなくなった。
[V10]  [2002] 

Windowsのサービス パックを適用すると、キーボードドライバが変更されてしまう場合があります。

FMV-KB611/KB613/KB211をご利用の場合には、キーボードドライバを設定し直してください。

「キー割り当て」機能で"Ctrl+Shift+0(数字キー)"を設定しても、設定した機能が動作しない場合があります。
[V10]  [2002] 

Windowsの設定に依存して発生します。以下の方法で対処をお願いします。

【対処方法】

[Windows 7の場合]

  1. [コントロールパネル]-[時計、言語、および地域]-[キーボードまたは入力方法の変更]の順にクリックします。
  2. [地域と言語]が表示されます。[キーボードと言語]タブの[キーボードの変更]ボタンをクリックします。
  3. [テキストサービスと入力言語]が表示されます。[詳細なキー設定]タブの[キーシーケンスの変更]ボタンをクリックします。
  4. [キーシーケンスの変更]が表示されます。[キーボード レイアウトの切り替え]の項目において、"Ctrl+Shift"以外を選択してください。

[Windows 8/8.1の場合]

  1. [コントロールパネル]-[時計、言語、および地域]-[言語]の順にクリックします。
  2. [言語]が表示されます。[詳細設定]をクリックします。
  3. [詳細設定]が表示されます。[入力方式の切り替え]の[言語バーのホット キーの変更]をクリックします。
  4. [テキストサービスと入力言語]が表示されます。[キーの詳細設定]タブの[キーシーケンスの変更]ボタンをクリックします。
  5. [キーシーケンスの変更]が表示されます。[キーボード レイアウトの切り替え]の項目において、"Ctrl+Shift"以外を選択してください。

フロッピィ

富士通製のパソコンではOASYSフロッピィの読み書き/初期化ができますか?
[V10]  [2002] 

内蔵フロッピィドライブを搭載しているFMVシリーズにおいて、OASYSフロッピィの読み書きの動作確認を行った結果を紹介しています。一部のFMVシリーズでは制限がありますのでご注意ください。

また、内蔵フロッピィドライブを搭載していないFMVシリーズでは、富士通製またはロジテック製のUSBフロッピィドライブ(動作確認済ドライブのみ)が利用できます。詳細は下記でご確認ください。

【注意事項】
  • Windows 7 / Windows Vistaでは、内蔵フロッピィドライブによるOASYSフロッピィの読み書きはできません。Windows 7 / Windows Vistaにおいては、USBフロッピィドライブをご利用ください。
  • OASYSフロッピィの初期化は行えません。
  • Windows 8または64ビットOSでは、OASYSフロッピィをご利用できません。
USBフロッピィドライブでもOASYS文書フロッピィが読み込めるのか?
[V10]  [2002] 

ワープロOASYS(専用機)の文書フロッピィが、USBフロッピィドライブ(動作確認機種のみ)で読み書き可能になりました。
ただし、Windows 8または64ビットOSでは、OASYSフロッピィをご利用できません。

使用できるOASYS文書フロッピィの種類は?
[V10]  [2002] 

下記の通りです。

使用できるOASYS文書フロッピィ媒体
OASYS文書媒体
(フロッピィ)
OS
注2-1
FMV FMR FM-TOWNS
OASYS-V
NEC
PC9800
PC/AT互換機
NEC PC98-NX
3.5インチ2HD注2-2
3.5インチ2DD
5インチ2HD
(5インチ2DDは扱えません)
Windows Me 対応
注2-3
非対応 非対応 対応 対応
注2-4
注2-5
Windows 98SE / 98 非対応
Windows 95 対応
3.5インチ2HD注2-2
3.5インチ2DD
5インチ2HD
Windows XP 対応
注2-3
非対応 非対応 対応 対応
注2-5
注2-6
Windows 2000
Windows NT4.0

(注2-1) OASYSのバージョンによって、サポートされているOSは異なります。動作可能なOSの欄をご覧ください。

(注2-2) 3.5インチ2HD OASYS文書フロッピィを取り扱うには、3モードドライバが組み込まれている必要があります。

(注2-3) 一部の機種では2HDのOASYS文書フロッピィの初期化は行えません。

(注2-4) 3.5インチ 2HD OASYS文書フロッピィを取り扱うには、 DOS形式の1.2MBの媒体をアクセス可能なパソコン(3モードフロッピィドライブを搭載)で、お使いのパソコンに適合したWindows Me / 98SE / 98 / 95用の3モードドライバが組み込まれている必要があります。 ただし、機種によっては3.5インチ2HD OASYS文書フロッピィを取り扱えない場合もあります。

(注2-5) 単密度セクタアクセスをサポートしていない機種では、 2HDのOASYS文書フロッピィの初期化はできません。

(注2-6) 3.5インチ 2HD OASYS文書フロッピィを取り扱えない機種があります。


【フロッピィドライブの制限】

次の装置では、OASYS文書フロッピィは取り扱えません。

  • PCカード接続のフロッピィドライブ
  • パラレルポート接続のフロッピィドライブ
  • スーパーディスク ドライブなどの大容量フロッピィドライブ
  • USBインターフェース接続のフロッピィドライブ
    ただし、「OASYSフロッピィ情報(動作確認済USBフロッピィドライブ)」の機種を除く。
【OASYS文書媒体の制限】
  • OASYS 100 / 100J / 100S、My OASYS、OASYS Liteで作成したOASYS文書フロッピィおよび、 OASYSフロッピィEF(2ED)形式のOASYS文書 フロッピィは取り扱えません。
  • ICメモリカード(文書RAMカード)のOASYS文書は取り扱えません。
  • OASYS専用機で作成したスーパーディスク内のOASYS文書は取り扱えません。
【その他】
  • OASYS Vシリーズ内蔵ハードディスクのHD区画のOASYS文書を取り扱えます。
  • FM TOWNSシリーズで作成したハードディスクのFM-OASYS区画および、光磁気ディスク(MO)上のOASYS区画を取り扱う事がでます。
    (FM TOWNSシリーズのWindows 95上で、 Windows標準操作設定時のみ)
ワープロOASYS 30AX(専用機)のOASYS文書フロッピィが使えない?
[V10]  [2002] 

OASYS V10 / 2002でワープロOASYS 30AX以外の文書フロッピィが使える場合には、OASYS 30AXで誤って2HDフロッピィを使っていた可能性があります。
ワープロOASYS 30AXでは、2HDフロッピィは扱えません。
ワープロOASYS 30AX上で誤って2HDフロッピィ(媒体)を「文書フロッピィ作成」(初期化)した場合は、フォーマットが正常ではありませんので、OASYS V10 / 2002では扱えません。
【対処方法】
文書を「2DDフロッピィ」に移してから、OASYS V10 / 2002でお使いください。

  1. ワープロOASYS 30AXで「2DDフロッピィ」(媒体)を「文書フロッピィ作成」(初期化)します。
  2. ワープロOASYS 30AXで「2HDフロッピィ」から「2DDフロッピィ」に文書を複写します。
    (1枚のフロッピィに入らない場合は、複数の2DDフロッピィに分割して複写してください)
  3. 「2HDフロッピィ」はワープロOASYS 30AXで使用せず、パソコンでフォーマットし直してからお使いください。
    (ワープロOASYS 30AXでは、パソコンでフォーマットした「2HDフロッピィ」も使えません)

【注意事項】

  • ワープロOASYS 30シリーズの以下の機種では、2HDフロッピィ(媒体)が扱えません。
    2DDフロッピィ(媒体)のみご利用ください。
2HDフロッピィが扱えない機種 (OASYS 30シリーズ)
シリーズ名 機種名
30 AF/SF/AX/SX/ms/mxシリーズ ・OASYS 30AF/30AFII/30AFIII
・OASYS 30SF/30SFII
・OASYS 30AX/30AX-W/30AXII/30AX-CD
・OASYS 30SX/30SXII
・OASYS 30ms/30mx
30 LX/LS/LGシリーズ ・OASYS 30LX/30LXII/30LXIII
・OASYS 30LS/30-LS201
・OASYS 30-LG101
30 ADシリーズ OASYS 30AD/30AD-EX/30AD-301

機能

OASYS互換フォントとは?
[V10]  [2002] 

OASYS互換フォントとは、OASYSワープロ専用機で使用していた文字デザインと互換のあるフォントです。
OASYS互換フォントを使用するためには、環境設定の「明朝/ゴシックの字体」項目で「OASYS字体」を選択する必要があります。
ただし、OASYS互換フォントをご利用できるのは、富士通製のパソコンのみです。富士通製のパソコン以外では、「OASYS字体」を選択してもOASYS互換フォントで表示することはできません。

「OASYS かんたんサンプル」のはがきデザインのサンプル文書が開けない?
[V10]  [2002] 

OASYSをインストールする際、「標準インストール」でインストールを行うと、「OASYS かんたんサンプル」の「サンプルBOX」以外のサンプル文書はインストールされません。

「はがきデザイン」や「カラーデザイン」などのサンプルをお使いになる場合には、「追加インストール」で「かんたんサンプル追加文書」をインストールしてください。

「追加インストール」はコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から対象バージョンのOASYSを選び、「かんたんサンプル追加文書」を選択してください。

「OASYS かんたんサンプル」のサンプル文書を開く時、「用紙の大きさの指定に誤りがあるかまたは接続されているプリンタが指定の用紙サイズをサポートしていません」が表示される?
[V10]  [2002] 

お使いのパソコンに接続されているプリンタによっては、「OASYS かんたんサンプル」の文書サンプルの用紙サイズに対応していない場合があります。
その際「用紙の大きさの指定に誤りがあるかまたは接続されているプリンタが指定の用紙サイズをサポートしていません」というメッセージが表示される場合があります。
また、プリンタが設定されていないパソコンでお使いの場合も同様のメッセージが表示されることがあります。 「OK」ボタンをクリックして文書サンプルの編集は行えますが、印刷してお使いになる際には適切なプリンタを設定してください。

「OASYS かんたんサンプル」のサンプル文書を開くと、「スクリプトエラー」または「ランタイムエラー」が表示される?
[V10]  [2002] 

旧バージョンのOASYS Viewer(ダウンロード版、OASYS V8までに添付されているもの、またはFMVシリーズにプレインストールされているもの)が存在する時、「スクリプトエラー」または「ランタイムエラー」のメッセージが表示されたり、ステータスバーに「ページエラー」が表示されることがあります。
以下の回避方法にて対処をお願いします。
【回避方法】

  1. 旧バージョンのOASYS Viewerをアンインストールします。
    なお、OASYS V8以降の製品には新バージョンのOASYS Viewerが含まれていますので、旧バージョンをアンインストールしても問題はありません。
  2. OASYSをアンインストールして、再度OASYSをインストールし直してください。

【注意事項】

  • 旧バージョンのOASYS Viewerが存在すると、V8以降のOASYSが正しく動作しないことがあります。
    製品添付の「セットアップガイド」の「セットアップに行う前に」-「旧バージョンのOASYS製品をお使いだった方へ」をご確認ください。
OASYSで作成した文書をWORD文書に変換したい。
[V10]  [2002] 

操作手順(Windows標準操作)

  1. OASYSを起動し、変換したいOASYS文書を開きます。
  2. [ファイル]-[名前を付けて保存]を選択します。
  3. 「ファイルの種類」(文書形式)で「Word 97~2002」を選択します。
  4. 文書を保存する場所(フォルダ)を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. 初期メニューの[補助]タブから[他社文書交換]を選択します。
    他社文書交換ダイアログが表示されます。
  2. 各項目を設定し、[設定完了]ボタンを選択します。
  3. 交換元の文書を選択 し、[選択完了]ボタンを選択します。
    交換先と交換元のドライブが同じ場合、メッセージが表示されることがあります。
    メッセージに従って、媒体を交換し、[了解]ボタンを選択します。
  4. 交換先の書類を選択 し、[選択完了]ボタンを選択します。選択した文書が交換されます。
OASYSで作成した文書にイメージを取り込みたい。
[V10]  [2002] 

OASYS2文書中に図や写真などのイメージを挿入する手順は下記のとおりです。
なお、OASYS文書にはイメージを挿入できません。

操作手順(Windows標準操作)

  1. イメージの表示開始位置にカーソルを移動します。
  2. [挿入]-[図/写真]-[ファイルから]を選択します。
    組込み設定ファイルリストダイアログ が表示されます。
  3. 挿入するイメージを選択し、[詳細設定]ボタンを選択します。
    組込み設定ダイアログ が表示されます。
  4. 各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    組込み設定ファイルリストダイアログが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
    選択されたイメージが、現在のカーソル位置に等倍で表示されます。
    表示されたイメージの大きさを変更する場合は、手順 5.に進みます
  5. 右クリックして、ポップアップメニューから[倍率変更]を選択します。
    倍率変更ダイアログが表示されます。
  6. 各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    イメージが、指定した大きさで表示されます。

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. イメージの表示開始位置にカーソルを移動します。
  2. [グラフィック]-[グラフィックの組込]を選択します。
    組込み設定ファイルリストダイアログ が表示されます。
  3. 挿入するイメージを選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    組込み設定ダイアログが表示されます。
  4. 各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    選択されたイメージが、現在のカーソル位置に等倍で表示されます。
    表示されたイメージの大きさを変更する場合は、手順 5.に進みます。
  5. 右クリックして、ポップアップメニューから[倍率変更]を選択します。
    倍率変更ダイアログが表示されます。
  6. 各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    イメージが、指定した大きさで表示されます。
文書ファイルを削除したい。
[V10]  [2002] 

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. 文書管理画面を表示します。
  2. 削除したい文書を選択します。
  3. [ファイル]-[削除]を選択します。
  4. メッセージを確認し、[はい]ボタンを選択します。
OCR機能を使いたい。
[V10]  [2002] 

(注)「OCR-文字認識」は「標準インストール」ではインストールされないため、 カスタムセットアップでインストールする必要があります。

操作手順(Windows標準操作)

  1. 文字認識結果を挿入する位置にカーソルを位置づけます。
  2. [挿入]-[OCR-文字認識して貼り付け]を選択します。
  3. [ファイル]-[イメージを開く]を選択し、イメージファイルを選択します。
  4. 各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. [OASYSへ挿入]をクリックします。
文字に網掛けをしたい。
[V10]  [2002] 

操作手順(Windows標準操作)

  1. 網かけしたい文字をドラッグします。
  2. [修飾]-[文字拡縮/修飾]を選択します。
    文字拡縮/修飾/書体ダイアログが表示されます。
  3. [色/網かけ/反転]タブを選択します。
  4. 「網かけ」にチェックを付けます。
    網かけの詳細設定の項目が表示されます。
  5. リストボックスから「模様」や「色」を選択します。
    「色」の設定が、「文字と同じ」または「背景と同じ」以外の場合に「裏色」が指定できます。
  6. 網かけが 2行以上になるときで、行間にも網をかける場合は、「行間延長」にチェックを付けます。
  7. 「描画順序」で模様と文字が重なった部分を表示するときの順序を選択します。
  8. [OK]ボタンをクリックします。

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. [グラフィック]-[網かけ]を選択します。
    網かけダイアログが表示されます。
  2. [網かけ]ボタンを選択します。
  3. 網かけする範囲をドラッグします。
  4. [修飾]-[文字拡縮/修飾]を選択します。
    文字拡縮/修飾/書体ダイアログが表示されます。
  5. [色/網かけ/反転]タブを選択します。
  6. 「網かけ」にチェックを付けます。
    網かけの詳細設定の項目が表示されます。
  7. リストボックスから「模様」や「色」を選択します。
    「色」の設定が、「文字と同じ」または「背景と同じ」以外の場合に「裏色」が指定できます。
  8. 網かけが 2行以上になるときで、行間にも網をかける場合は、「行間延長」にチェックを付けます。
  9. 「描画順序」で模様が重なった部分を表示するときの順序を選択します。
  10. [OK]ボタンをクリックします。
初期メニューから印刷したい。
[V10]  [2002] 

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. 初期メニューで「文書の種類」を選択します。
  2. 初期メニューの[文書]タブ から[印刷]を選択します。
    文書の一覧表が表示されます。
  3. 一覧表から印刷する文書を選択し、[選択完了]ボタンを選択します。
    印刷指定ダイアログが表示されます。
  4. 各項目を設定し、[設定完了]ボタンを選択します。
文書リストを並べ替えたい。
[V10]  [2002] 

操作手順(OASYS専用機操作)

[キーボードで行う場合]

  1. 文書管理画面を表示します。
  2. 並べ替える文書の一覧表を表示し、移動する文書を選択します。
  3. [補助機能]-[文書番号整理]を選択します。
  4. 移動先の文書を選択し、[選択完了]ボタンを選択します。
    指定した文書の前に、選択した順番に文書が並び替わります。
    選択した文書を文書リストの最後に移動する場合は、<書類内最終位置>を選択します。

[ドラッグ&ドロップで行う場合]

  1. 文書管理画面を表示します。
  2. 並べ替える文書の一覧表を表示し、移動する文書をマウスでドラッグします。
  3. 文書の一覧表の状態が文書番号整理の状態になります。
  4. 一覧上の文書を並べ替えたい場所に、文書をドロップします。
  5. 文書の並べ替えができます。

ドラッグ&ドロップでの文書番号整理は、同時に文書番号自動変更も行われます。

OASYS文書の保存先がわからなくなってしまった。
[V10]  [2002] 

対象の文書を開いている場合は、文書ウィンドウから「プロパティ」を表示して 保存先を確認することができます。

操作手順(Windows標準操作)

  1. 文書ウィンドウに文書を表示します。
  2. [ファイル]-[プロパティ]を選択します。
  3. 確認し終わったら、[閉じる]ボタンを選択します。

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. 文書ウィンドウに文書を表示します。
  2. [ファイル]-[プロパティ]を選択します。
  3. 確認し終わったら、[閉じる]ボタンを選択します。
OASYS初期メニューを出したい。
[V10]  [2002] 

操作手順(Windows標準操作)

  1. [ツール]-[環境設定]-[基本]を選択します。環境設定ダイアログが表示されます。
  2. [一般]タブをクリックします。[一般]タブが表示されます。
  3. 「OASYS初期メニューを表示する」にチェックを付けます。
  4. [OK]ボタンを選択します。

操作手順(OASYS専用機操作)

  1. [設定]-[環境設定]-[OASYS環境設定]を選択し、[環境設定]ボタンを選択します。環境設定ダイアログが表示されます。
  2. [一般]タブをクリックします。[一般]タブが表示されます。
  3. 「OASYS初期メニューを表示する」にチェックを付けます。
  4. [OK]ボタンを選択します。

その他

ノートンアンチウイルスのスキャンを実行すると、OASYSセクレタリが起動する?
[V10]  [2002] 

Norton Internet Security 2002をインストール後に、OASYS(セクレタリを含む)をインストールすると、この現象が発生することが確認されております。
以下の回避方法にて対処をお願いします。
【回避方法】
Norton Internet Security 2002をアンインストールして、再度インストールし直してください。

  1. 「スタート」-「プログラム」-「Norton Internet Security」-「Norton Internet Securityをアンインストール」を選択して、アンインストールします。
    コントロールパネルのプログラムの追加と削除でも可能です。
    (注) アンインストールできない場合には、下記の操作を行った後に、アンインストールを行ってください。
    1. 「コントロールパネル」にある「管理ツール」を実行します。
    2. 「管理ツール」にある「サービス」を実行します。
    3. 「Norton Internet Security Accounts Manager」を選択して、 プロパティから「スタートアップの種類」を「無効」または「手動」に設定します。
    4. システムを再起動します。
  2. 再度、Norton Internet Security 2002をインストールします。

【注意事項】

  • 上記の回避方法を行った場合、エクスプローラでOASYSセクレタリのファイルからの実行はできません。
IFilterをダウンロードしたいのですが?
[V10]  [2002] 

OASYS用のIFilterは提供しておりません。
(参考) IFilterとは、WindowsのIndexing Service用の拡張コンポーネントです。 詳しくは、Microsoftのホームページを検索してください。

メッセージ「プロシージャ エントリ ポイント ~ から見つかりませんでした。」が表示されるのですが?
[V10]  [2002] 

Windows Update または Windows XP Service Pack を適用すると、次のメッセージが表示されることがあります。

  • 「プロシージャ エントリ ポイント _resetstkoflw がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
  • 「プロシージャ エントリ ポイント ??_V@YAXPAX@Z がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」
IEの修正プログラムを適用後、HTMLファイルからリンクしているOASYS文書が開けない?
[V10]  [2002] 

Microsoft Internet Explorer 5.01以降の時に、下記のいずれかの修正プログラムを適用すると、HTMLファイルからリンクしているOASYS文書が表示できないことがあります。

  • MS03-015(813489)
  • MS03-020(818529)
  • MS03-032(822925)
  • MS03-040(828750)

【現象】 下記のいずれかの現象が発生することが確認されています。

  • 「問題が発生したため、Microsoft Internet Explorer を終了します。・・・」が表示される。
  • 「指定したファイルが見つかりません」が表示される。
  • 「表示するデータがありません」が表示される。
  • 文書内容が表示されず、白紙状態になる。

【回避方法】

  1. ファイル名にシングルクォーテーション(半角)を含む場合は、シングルクォーテーション(半角)を取り除いてください。
    (ファイル名にシングルクォーテーションは使用しないでください。)
  2. OASYS 2002の修正モジュール(rel.18F以降)の適用をお願いします。

【備考】

  • 他のOASYS製品は、下記を参照してください。
  • OASYS Viewer V8 (無償提供版)でOASYS文書を表示する時にも、同様の現象が発生することを確認しています。
    OASYS Viewer V8 (無償提供版)はサポート対象外ですので、製品版OASYSにてご利用をお願いします。
Macromedia Flash Playerの動作がおかしいのですが?
[V10]  [2002] 

Japanist 2002をインストールすると、Macromedia Flash Player 5が一緒にインストールされます。このため、バージョン6以降のFlashコンテンツを表示しようとすると、新しいPlayerが要求されたり、 コンテンツが表示されなくなることがあります。例えば、FMV-DESKPOWERシリーズに添付されている「富士通サービスアシスタント」を起動させると、 ウィンドウの枠のみが表示された状態になる場合があります。

【回避方法】

  1. マクロメディア株式会社のホームページからFlash Playerをダウンロードしてインストールするか、表示したいFlashファイルを含む製品に添付されているFlash Playerをインストールしてください。

ご購入・ご導入を検討中、本商品をご使用中のお客様

パソコンショップ等の販売店で商品をご購入のお客様の問い合わせ

OASYSのご購入をご検討中のお客様のご質問・ご相談、ご購入後の使用方法、技術的なお問合せなどを承ります。

icon-telephone お電話でのお問い合わせ

「OASYSサポートセンター」まで、お気軽にお問い合わせください。注3-1

03-3570-5878注3-2

受付時間 9時~12時, 13時~17時
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

OASYSサポートセンターでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。

icon-form Webでのお問い合わせ

Webによるお問い合わせは、受け付けておりません。


(注3-1) 無償版ソフト、ツール類は、サポート対象外となります。

(注3-2) OASYS Officeサポートセンターは、2007年3月21日よりOASYSサポートセンターに統合しました。OASYS Office製品のお問い合わせは、OASYSサポートセンターにお願いいたします。

FMVシリーズ(OASYSモデル)をご購入のお客様の問い合わせ

富士通パーソナル製品に関するお問い合せ窓口にお問い合わせください。

ホームページに関するお問い合わせ

ホームページの記載内容に関するご意見・ご要望は、上記のOASYSサポートセンターまでご連絡ください。 今後の参考にさせていただきます。

OASYS関連製品について

親指シフトキーボードに関するお問い合わせ

親指シフトキーボードに関するお問い合わせにつきましては、以下のリンク先をご覧ください。

親指シフトキーボードに関するお問い合わせ先
対象キーボード お問い合わせ先 ご購入先
FMV-KB232
FMV-KB613
富士通パーソナル製品に関するお問合せ窓口 製品を取り扱っている、各店舗にご確認ください。
(参考)NICOLAの販売店ページ
FKB7628 富士通コンポーネント株式会社

ワープロ専用機OASYSに関するお問い合わせ

お問い合せ窓口(ワープロ専用機OASYS)のページをご覧ください。