GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. ルータ >
  5. IPアクセスルータ Si-Rシリーズ >
  6. 技術情報 >
  7. インターネット接続 >
  8. インターネット接続(2セッション同時接続)+IPv6ブリッジ

技術情報 : Si-R/Si-R brinシリーズ設定例

(NTT東日本 / NTT西日本Bフレッツ・フレッツADSL)

インターネット接続(2セッション同時接続)+IPv6ブリッジ


IPv6ブリッジ及びPPPoEマルチセッション機能を使用して、PPPoEを2セッション同時に接続する設定例です。

対象機種と版数

  • Si-Rシリーズ V31以降
    (Si-R70brin、Si-R100シリーズは対象外)

設定内容

  • LAN0側をWAN側、LAN1側をLAN側とします。
  • Si-RのLAN側に192.168.1.1/24を割り当てるとします。
  • Si-RのWAN側にはIPアドレスを設定しません。(不定IP設定)
  • フレッツ・スクウェア宛の通信は宛先ドメイン名を利用して経路を設定します。
  • プロキシDNSを有効にします。
  • DHCPサーバ機能を有効にします。
  • IPv6ブリッジを有効にします。
設定例のイメージ図です

設定例

以下の設定例を、コピー&ペーストでご利用いただくことができます。

  • id@ispにはISPのIDを設定してください。
  • pwd@ispにはISPのパスワードを設定してください。
  • guest@fletsにはフレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネット接続用ユーザIDを設定してください。
  • guestにはフレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネット接続用パスワードを設定してください。
lan 0 mode auto

lan 0 bridge use on

lan 0 bridge group 0

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

lan 1 ip dhcp service server

lan 1 ip dhcp info dns 192.168.1.1

lan 1 ip dhcp info address 192.168.1.2/24 253

lan 1 ip dhcp info time 1d

lan 1 ip dhcp info gateway 192.168.1.1

lan 1 bridge use on

lan 1 bridge group 0

remote 0 name internet

remote 0 mtu 1454

remote 0 ap 0 name pppoe1

remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp

remote 0 ap 0 keep connect

remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

remote 0 ip route 0 default 1 0

remote 0 ip nat mode multi any 1 5m

remote 0 ip msschange 1414

remote 1 name square

remote 1 mtu 1454

remote 1 ap 0 name pppoe2

remote 1 ap 0 datalink bind lan 0

remote 1 ap 0 ppp auth send guest@flets guest

remote 1 ap 0 keep connect

remote 1 ppp ipcp vjcomp disable

remote 1 ip nat mode multi any 1 5m

remote 1 ip msschange 1414

bridge 0 ip6 routing off

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

proxydns domain 0 any * any on 0 off

proxydns domain 1 any *.flets any on 1 on

proxydns address 0 any on 0 off

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

解説

lan 0 mode auto

lan 0 インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。


lan 0 bridge use on

lan 0 bridge group 0

lan 0 インターフェースにブリッジグループID(=0)を設定します。


lan 1 mode auto

lan 1 インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。


lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

LAN側IPアドレスを設定します。

  • 192.168.1.1/24 : LAN側のIPアドレス/マスクです。
  • 3 :ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 1 ip dhcp service server

lan 1 インターフェースに対して、DHCPサーバ機能を有効にします。


lan 1 ip dhcp info dns 192.168.1.1

lan 1 ip dhcp info address 192.168.1.2/24 253

lan 1 ip dhcp info time 1d

lan 1 ip dhcp info gateway 192.168.1.1

DHCP配布情報の設定をします。

  • dns 192.168.1.1 : DHCPクライアントに配布する、DNSサーバのIPアドレスです。
  • address 192.168.1.2 : 割り当て開始IPアドレスです。
  • 253 : 割り当てアドレス数です。
  • time 1d : 割り当て時間です。
  • gateway 192.168.1.1 : デフォルトゲートウェイアドレスです。
lan 1 bridge use on

lan 1 bridge group 0

lan 1 インターフェースにブリッジグループID(=1)を設定します。


remote 0 name internet

インターネット接続用インターフェースの名前(任意)を設定します。


remote 0 mtu 1454

フレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネットでは、MTU長を1454byteに設定します。


remote 0 ap 0 name pppoe1

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。


remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

インターネット向けパケットの転送先をlan 0 インターフェースに設定します。


remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp
								

インターネット用プロバイダーの認証ID、パスワードを設定します。


remote 0 ap 0 keep connect

インターネットへ常時接続します。


remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

VJヘッダー圧縮を無効にします。


remote 0 ip route 0 default 1 0

インターネット接続用インターフェースにデフォルトルートを設定します。

  • 1 : metric値。通常は1のままで構いません。
  • 0 : distance値。通常は0のままで構いません。
remote 0 ip nat mode multi any 1 5m

マルチNATの設定をします。


remote 0 ip msschange 1414

MSS値。1414byte(注1)を設定します。
(注1)1454(MTU長)-40(TCP/IPヘッダー長)


remote 1 name square

相手ネットワークの名前(任意)を設定します。


remote 1 mtu 1454

フレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネットでは、MTU長を1454byteに設定します。


remote 1 ap 0 name pppoe2

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。


remote 1 ap 0 datalink bind lan 0

フレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネット向けパケットの転送先をlan 0 インターフェースに設定します。


remote 1 ap 0 ppp auth send guest@flets guest
								

フレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネット接続用の認証ID、パスワードを設定します。


remote 1 ap 0 keep connect

フレッツ・スクウェア、フレッツ・ドットネットへ常時接続します。


remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

VJヘッダー圧縮を無効にします。


remote 1 ip nat mode multi any 1 5m

マルチNATの設定をします。


remote 1 ip msschange 1414

MSS値。1414byte(注1)を設定します。
(注1)1454(MTU長)-40(TCP/IPヘッダー長)


bridge 1 ip6 routing off

IPv6をブリッジにて制御するように設定します。


syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。通常はこの値で構いません。


time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。


proxydns domain 0 any *.flets any on 1 on

プロキシDNSの順引きの動作条件を設定します。
ホスト名(*.flets)を対象とするときにremote 1 から通知されたDNS サーバへDNS要求を転送します。
併せて、DNS解決したホストへの経路を自動で設定します。


proxydns domain 0 any * any to 0

プロキシDNSの順引きの動作条件を設定します。
上記条件以外のときにremote 0 から通知されたDNSサーバへDNS要求を転送します。通常はこの値で構いません。


proxydns address 0 any to 0

プロキシDNSの逆引きの動作条件を設定します。
相手ネットワークのDNSサーバ指定をremote 0 から通知されたDNSサーバへDNS要求を転送します。通常はこの値で構いません。


consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。通常はこの値で構いません。


terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。

インターネット接続 その他の設定例

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関する資料請求やお見積り、購入のご相談などお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問(FAQ)

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関し、お客様から寄せられた主なご質問とその回答です。