GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. イベント・セミナー >
  5. Interop Tokyo 2016 富士通出展内容ご紹介

Interop Tokyo 2016 富士通出展内容ご紹介

本イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

あらゆるものがつながり、IoTとビッグデータが組み合わされることによって、新たな価値が創造される時代。この新しい時代のビジネスキーワードは「デジタル革新」です。
今年の富士通ブースでは最先端のテクノロジーを実装したデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」とそれを中心として生まれる「デジタル革新の姿」をご紹介します。

interop_award2016_g.gif

Best of Show Award 審査員特別賞受賞

Interop Tokyo 2016「Best of Show Award」の審査員特別賞を受賞 (プレスリリース)

  • 特別賞 : モノに情報を付与できるLED照明技術

お知らせ

富士通のグローバルなプラットフォーム「MetaArc」とデジタル革新の姿をご紹介しております。是非ご興味のある展示をご覧下さい。

展示デモの詳細を見る

展示会概要

会期 日程 2016年6月8日(水曜日)~10日(金曜日)
時間 6月8日(水曜日)10時30分~18時
6月9日(木曜日)10時~18時
6月10日(金曜日)10時~17時
会場 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
会場へのアクセスと富士通ブースの位置

富士通グループブースのご案内

富士通グループブースのテーマ

Human Centric Innovation
Driving Digital Transformation

デジタル化が進んだ今、富士通が提案するイノベーションへの新しいアプローチは「ヒューマンセントリック・イノベーション」です。これは、「人・情報・インフラ」の3つの価値を融合することで実現されます。私たちを取り巻く環境はインフラをつなぎ、情報から得られるインテリジェンスによって人の判断や行動を支援し、新たな価値を創出する。これがデジタル時代に人を中心に革新を起こしていくアプローチです。今後、多様なモノやサービスが従来の産業の枠を超えてデジタルにつながることで、革新的な価値を共創するデジタル・エコシステム(生態系)をつくりだしていきます。
今年の富士通ブースでは、ものづくり、マーケティングなど、ビジネス・社会の現場で、どのように最先端テクノロジーがデジタル革新に活用されているのかをご紹介します。

多数のお客様のご来場をお待ちしております。

富士通グループ出展会社

ご案内状

会場案内

会場へのアクセスについては「INTEROP 2016」公式サイトにてご確認ください。

富士通グループブース位置

富士通グループのブースは「ホール5 小間番号5D32」です。皆様のご来場をお待ちしております。

INTEROP会場見取り図

その他、イベントの詳細につきましては「INTEROP 2016」公式サイトをご覧ください。

お問い合わせ

Interop Tokyo 2016 富士通の展示デモおよび、資料のダウンロードに関するお問い合わせは下記窓口までご連絡ください。

138-BFF-042